上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
約1年半前にAmazonで購入した、“Pioneer 2.2ch ワイヤレスサウンドバー Bluetooth対応 SBX-300”が突然!電源が入らなく成りました。
SBX-300-00.jpg   SBX-300-01.jpg   SBX-300-02.jpg
Amazon価格.comの投稿を見ると同じ様な症状の報告が有りました。それに因ると故障の原因は共通して基板上の1つの電解コンデンサの破損だそうです…


電解コンデンサなら、ぼくの秘密基地の部品庫に色々と有るので取り敢えず確かめる為、 “SBX-300”を分解する事にしました。
SBX-300-03.jpg   SBX-300-04.jpg   SBX-300-05.jpg
先ず沢山のネジを外します。次に正面パネルを外すには本体側に防振テープと数か所に薄くボンド塗られているので慎重に両端から中心に向かって剥がしていきます。また正面パネルには2個のスピーカーコードが繋がっているので、基板のコネクターを外せば2つに分かれます。


早速、基板を見ると…やっぱり、Amazonや価格.comの投稿している方と同じ場所の電解コンデンサが膨らんでいました。Amazonの投稿だと10V 1000μF のコンデンサの交換で直ったという書き込みでしたが、ぼくのは価格.comの投稿している方と同じ規格の10V 2200μF のコンデンサでした。。。コンデンサの容量が違っているのはパイオニアでも故障の原因を把握し対策でもしたのかな…だとしても故障が多いようですね。。。
SBX-300-06.jpg   SBX-300-07.jpg   SBX-300-08.jpg
っで、このコンデンサ1つだけかと思っていたら、ナント!隣の基板に4個並んでいる電解コンデンサ25V 470μF の内、2個が膨らんでいました。この膨らんだ計3個のコンデンサだけが故障原因か判りませんが、取り敢えず手持ちに古い物も多く含まれているけど色々な規格の未使用の電解コンデンサが有るので、探しながら交換してみます。。。


先ずは、最も故障原因の多いとされる電解コンデンサ10V 2200μF をハンダコテ使って外します。
SBX-300-09.jpg   SBX-300-10.jpg   SBX-300-11.jpg
外したコンデンサは中国メーカーの KOSHIN(東佳電子) の“KLH 10V 2200μF 105℃”「充当インピーダンス型」というモノに代わる手持品の中から…耐電圧は大きく成り安心感は有りますがその分ボディも大きくなっちゃう“日本ケミコン 高周波平滑用アルミ電解コンデンサ KZH 35V 2200μF (105℃・超低Z・超低ESR)”を勿体ないけど使ちゃいます。。。


2017.02.18 Sat l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top
半年前に海外通販で購入したタフネススマートフォン“Blackview BV5000”ですが、ぼくが使う環境にとっては十分に満足いくスマホです。ただ1つ気に成る点をあげるとしたら…毎回ではないけど起動するとホーム画面のアイコン位置が変わっている事が有るのです。自分の使い易いように並べているので位置が変わってしまうと使い難いし、気分的にも宜しく無い。
bv5000-12.jpg   BV5000-12_201701200943227b9.jpg   BV5000-24.jpg
ネットで原因を調べても良く分かりませんでしたが、ただ中にはOSに原因が…みたいな事も書いて有り…「そうなのかな」程度で諦めていた処、年始のタイミングでヨドバシカメラの福袋で“FREETEL REI (フリーテル 麗)”購入したもんだからBV5000の出番は更に少なく成ってしまいました。。。


しかし・・・そのまま放置では勿体ないので、暇つぶしがてら“Blackview”のフェイスブックフォーラムを見たところOSの6.0アップグレード情報が載っていたのでファームウェアのアップデートをする事にしました。もしかしたらアイコン位置の件も直るかも知れないしね。。。
BV5000-13_20170120094325cf3.jpg   BV5000-14.jpg   BV5000-15.jpg
早速、フォーラムから 6.0のROMと最新版の“SP Flash Tool”をダウンロードし、ツールなどの設定ができたらいよいよアップデート開始…すんなり完了。。。


次にWiFiのみ設定し、ソフトウェアのアップデート開始。。。
BV5000-16.jpg   BV5000-17.jpg   BV5000-18.jpg
1回目の更新が終わるとまたまたアップデートのご案内が…続けて更新。。。


結局、現段階では3回の更新に成りました。
BV5000-19.jpg   BV5000-20.jpg   BV5000-21.jpg
次に本体の初期設定とGoogle 日本語入力などのアプリを入れて取り敢えず完了。。。


2017.01.20 Fri l iPod & iPhone & 中華ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top
海外通販サイトは種類が豊富で、面白い商品の発見があったりします。今回も何気にブルートゥース・スピーカーの商品を見ていると…何処かで見たようなデザインのモノがチラホラと有り、その中でもチョット気に成った“high quality A+ Bluetooth Speaker
with Logo Speakers Blutooth 3D Surround Subwoofer Stereo HIFI ~”
logo_speaker-01.jpg   logo_speaker-02.jpg   logo_speaker-03.jpg
販売画像の通り“BOSE”のロゴが無い、“BOSESoundLink Mini Bluetooth speaker”にそっくりのデザイン! Ⅱではないけど買ってみる事にしました。。。


10日程度で到着。梱包材を剥がすと…ナント!化粧箱にハッキリと“BOSE”のロゴが…。
logo_speaker-04.jpg     logo_speaker-05.jpg
箱の仕様を見ると…あれ? サイトの仕様表示と違うぞ。まぁ性能が低い方が正しいでしょうけど。。。
箱/Bluetooth V3.0+EDR,出力:5W×2,再生時間:5-8時間,SNR(信号対雑音比),80db,など…
サ/Bluetooth V2.1,出力:3W×2,再生時間:3.5-4時間,SNR(信号対雑音比),85db,など…


箱出し…うん、パッ!と見はイイかも…
logo_speaker-06.jpg   logo_speaker-07.jpg   logo_speaker-08.jpg
後ろ面には、各入力端子とMicro SDカードが入ります。付属品は、USB充電ケーブルとオーディオ・ケーブルだけで取説は有りません。


iPhoneやandroid端末の接続動作は問題ありません。
logo_speaker-09.jpg   logo_speaker-10.jpg   logo_speaker-11.jpg
音のほうは、Amazonなどで売っている中華製の安価なポータブルスピーカー類と同等かと思います。部屋で聞き流す程度なら十分じゃないでしょうか…



  


2016.12.19 Mon l iPod & iPhone & 中華ガジェット l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。