上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
円安のため個人で海外から購入しても価格的には殆どメリットは有りませんが、久しぶりにRSOV.comで電動ガンを購入してみました。品物はCYMA製フルメタルのタクティカルAK(Tactical AK Assault Rifle AEG CM.040I )です。
cyma_Tactical_AK-00.jpg     cyma_Tactical_AK-01.jpg
本体価格は US$182.99 ですが、RSOV.comのロイヤルメンバーなので12% OFFと facebook 登録済みなのでクーポン使って更に3% OFFの計 15% ディスカウント US$155.54 に成り、序に重量で決まる輸送費範囲内でクイックマグリリース(FMA' Polymer AKMR for AK47 / AK74 Series (Black - TB490))を一緒に買いました。結局…配送手数料を合わせると支払いはUS$216.48 日本円に換算して、26,995円の支払いに成り日本国内販売とほぼ同額に…ショップによっては特価対象に成ると24,000円位に成るところも有りましたけど…


今回は通関手続きで2日掛かりましたけど、注文してから手元に届くまで10日でした。RSOV.com さんは何時も対応が早く良いですね。。。
cyma_Tactical_AK-02.jpg   cyma_Tactical_AK-03.jpg   cyma_Tactical_AK-04.jpg
梱包もシンプルながら寸法の合った段ボール箱に入って有り、隙間には緩衝材の空気を密封した袋タイプのエアパッキンが詰められていました。以前は商品の化粧箱の上にボール紙を巻きオレンジテープでグルグル留めていたと思いましたが…


化粧箱を開けると…発泡ポリエチレンの緩衝材がふんだんに使われていて確りと保護されていました。数年前はボロボロと粉が出る発泡スチロールだったのに…改善されたたようですね。
cyma_Tactical_AK-05.jpg   cyma_Tactical_AK-06.jpg   cyma_Tactical_AK-07.jpg
また、ザッとですが本体の外観を見た感じ多少の擦れは有りましたがコピーとはいえ、格段に造りが良くなった印象です。。。


クイックマグリリース(FMA' Polymer AKMR for AK47 / AK74 Series (Black - TB490))もチャンと同梱されていました。使い方は簡単で、マグキャッチに被せ芋ネジで締めるだけ…それだけでアンビ操作が出来るように成るアイテム。。。
cyma_Tactical_AK-08.jpg     
日本国内でも、このポリマー系樹脂素材の“EMA TACTICALタイプAKMR クイックマグリリース”は600円位で売っていましたね。。。


2015.01.16 Fri l トイガン l コメント (0) トラックバック (0) l top
毎年、この時期に成ると毎週のように子供達と遊ぶ、ウォーターガン(水鉄砲)。。。昨年使ったのは、ホームセンターブランド?モノや100円均一、バンダイの「ウォーターファイト」などでした。特にTVCMで期待して買ったバンダイの「ウォーターファイト」は給水後のシャーシ内の水溜りが酷く、撃たれる前に既にズボンがビショビショ状態…プールや水辺など初めから濡れた状態での遊びならこれで良いのでしょうが、我が家での主な遊び方は家の周りなので…それに勿体ないけど1度使っただけで廃棄処分しました。。。
      
っで!今年は自分用に~比較的リアルなギミックや外観をもつ、池田工業社さんから発売しているピストルタイプの「ダブルアサルト」とライフルタイプの「エアマシンガン」にして…、子供達には外観と持ち易さ重視に縮小された、マルカさんから発売されているライフルタイプの「ブラックバレット」を買ってみました。どれも対象年齢が6歳以上の品です。


池田工業社さんの物は「あきばお~」で購入したけど、時期モノなので既に品切れに成っているかも知れません。。。
Water_Gun-01.jpg     Water_Gun-22.jpg
因みに…マルカさんのは、近くのホームセンター(Sビバ)でも大量に売っていたのですが、Amazonでポチってしまいました。。。


先ずは、ピストルタイプの「ダブルアサルト」です。製品サイズは(約) 全長210mm、水の飛距離:約5mだそうです。
Water_Gun-02.jpg   Water_Gun-03.jpg   Water_Gun-04.jpg
外観デザインの雰囲気は、アメリカのシグアームズ製のカスタムガバメント(GSR 1911)に似ているかな?


50mlのタンクはマガジン式でマガジンリリースボタンを押して交換するリアルアクション! 
Water_Gun-05.jpg     Water_Gun-06.jpg
更に、予備タンクがあるので水が足らなく成ったらチェンジができる楽しみも有りますね。。。


2014.08.05 Tue l トイガン l コメント (0) トラックバック (0) l top
1960年代、当時は今のように海外製の銃火器なのど詳しい資料が少なかった時代だったのと、人気だったのが海外の映画やドラマでスパイものや西部劇などだったらしいです。その影響で日本国内の映画やドラマ、漫画、アニメなどにも多く取り入れた様です。。。
maruzen_P38M-01.jpg
今回は、ぼくも大好きなモンキーパンチの「ルパン三世」に登場するルパンの愛銃…“Walther P38”ネタです。。。ルパン三世の原作は1967年漫画本が連載され、TVアニメとしては1968年にパイロットフィルムが制作されました。ぼくがTVアニメに嵌ったのは再放送も含め70~80年代、小学生の時からでした。特にキャラクターデザインはPART1、カリオストロの城の大塚氏や平山氏のタッチが好いなぁと思いますね。。。


っで、昨年の10月にヤフオクで偶然! 出品タイトル「ルパン三世 TV第一シリーズ ルパン ワルサー 当時物 設定資料」というモノを見つけました。しかも出品開始が0時0分で終了が6時27分と短時間…商品の信憑性が疑わしくも感じたのですが、出品者さんの評価も良かったので取り敢えず入札する事に。他の人が入札したら諦めるつもりだったから、スタート価格で入札…で、そのまま落札しちゃいました。。。
maruzen_P38M-02.jpg     maruzen_P38M-03.jpg
この品の詳細は画像でも読めますが下記の通りです。(出品説明文から複写)

「ルパン三世 TV第一シリーズ」
1971年10月24日~1972年3月26日に日本テレビ系列で放送。
◆ 大塚康生(キャラクターデザイン・作画)
◆ 宮崎駿・高畑勲(演出)

宮崎駿の初監督作品「ルパン三世~カリオストロの城」に続いていく名作TVシリーズ。

再放送される度に、ファンを増やしていき、現在に続くルパン三世シリーズの礎となりました。

このオークション品は、大塚氏が練りに練ったという人物・背景設計が垣間見える1971年制作当時の「Aプロダクション」の実際の現場で使用された貴重な資料に額装を施したものです。


「描かれた内容について」
ルパンの愛用拳銃「ワルサーP38」についてホルスターやルパンの手とともに詳細に描かれた1971年制作当時に現場で使われていた設定資料です。


程度(ランク)
Cランク(並下)
★約45年前の物により、大やけシミなどで紙質が劣化あり
★曲りクセ有
★一部線の褪色があります。


…と有りシッカリとした額に入っていますが本物かどうかは、ぼくには分かりませんけどね。。。この記事をみて何かご存知の方がいらっしゃいましたらコメント下さい(^^;)


さて、商品現物とご対面! 参考資料として双葉社から、ルパン三世のアニメ化40周年を記念して、ルパンのアニメ40年の全歴史を収録。巻末には、40年間の全サブキャラクター総索引を掲載したバイブル的書籍の“ルパン三世アニメ全歴史完全版完全版 [ リベロスタイル ]”です。一応、同じイラストが載っていますね。。。
maruzen_P38M-04.jpg   maruzen_P38M-05.jpg   maruzen_P38M-06.jpg
確かに、紙が古そうで、シミや折ジワなど劣化して雰囲気は有ります。まぁ現場で使うのなら自記筆の原紙は保存し、コピーを使うでしょう。もしかしたら複数枚のコピーの1つかも知れませんね。定かでは有りませんが…


子供の頃は今のようなリアルなトイガンは無く、P.38タイプだと近所の文房具店で買ったタイガー社の銀玉鉄砲やスケルトンの水鉄砲をズボンのボッケに入れ、友達とそれこそ1,2メートル程度の至近距離で走りながら撃ち合っていました。。。それから記憶は曖昧ですが…ヨネザワ製かマルイ製のツヅミ弾を使ったP38。中学生?でマルイのエアコキとプラモデル?の火薬使用のモデルガンで遊んだと思います。そう思うと、p38の形状に懐かしさと親しみを感じますね。。。
maruzen_P38M-08.jpg     maruzen_P38M-09.jpg
その後は、今は押し入れに保管状態と成っている固定ガスガンのWA製スーパーメタリックモデルとコマーシャルモデルの2丁、そして対策済みマルシン製マキシ(MAXI)と現行品のHWモデルの2丁です。。。そ・し・て・今更ですが、この「ルパン三世 TV第一シリーズ ルパン ワルサー 当時物 設定資料」の入手を機に、マルゼン製のガスブローバックガン ワルサーP38 しかも、限定扱いのブラックメタルを購入しました。


2014.05.21 Wed l トイガン l コメント (6) トラックバック (0) l top
スカイスターさんやLA-HOBBY SHOPさんでも入手できる“King Arms社 イルミネート ドラグノフスコープ(KA-SCOPE-22)”です。
   KingArms_SVD_Scope-01.jpg   KingArms_SVD_Scope-02.jpg
●メーカー:KING ARMS
●定価:27090円(税込)
●倍率:4倍
●重さ:700g
●対応:KING ARMS/A&K/WE のSVDに加工無しで装着可能


これを購入する前までは以前の記事「中華製 エアガン - ヤフオクで落札した、ドラグノフ SVD スコープ B品(ジャンク)を修理してみた。」のモノでしてが、表面のラバーコーティングやレティクル調整などに不満が有り今回、King Arms社にしてみました。。。
KingArms_SVD_Scope-03.jpg   KingArms_SVD_Scope-04.jpg   KingArms_SVD_Scope-05.jpg
A.C.M.とKing Arms社の簡単な外観比較をしてみました。何と云っても King Arms社の表面塗装処理が好い感じで、全体の仕上がりも丁寧です。


レティクルの発光スイッチ部分には、ロシア語で“вкл (オン)”“выкл (オフ)”表示が有り雰囲気でてますね。。。
KingArms_SVD_Scope-06.jpg     KingArms_SVD_Scope-07.jpg
レールとの調整方法は、別紙にやり方が載っていましたので安心です。


レンズ径は小さいほうですが、ドラグノ専用デザインなのでヨシとしましょう。。。
KingArms_SVD_Scope-08.jpg   KingArms_SVD_Scope-09.jpg   KingArms_SVD_Scope-13.jpg
覗くと端の部分が若干歪んで見えますが、使用には問題無いかと思います。まぁ専用デザインなので…


2014.05.09 Fri l トイガン l コメント (0) トラックバック (0) l top
手持ちの電動ガンにと“L-3 EoTech 551 ホロサイト型のドットサイト(ダットサイト)のレプリカ”を購入しました。。。トイガンにはドットサイト(発光ダイオード(LED)光をガラス板に反射)で十分ですしね。まさか実物のホログラフィックサイト(レーザーで照準投影)なんてぼくには必要有りませんです(^^;)
EOTech_551-01.jpg
数種類有る EoTech モデルの中でも、小サイズで電池の入手がし易い 551 タイプに決めました。また中華製でも幾つか製造元?やグレードが違うものなどが有りましたが、ぼく的に刻印入りのほうが好きなので、同じ刻印入りの551レプリカ2種を選んでみました。


先ずは、ミリタリーショップの“PrideMan(プライドマン)”さんで購入した、
EOTech_551-02.jpg     EOTech_551-03.jpg
QDマウントとレンズカバーがセットに成った、EOTech 551 レプリカ…此方のタイプを3個。。。


材質は本体とフードがアルミ製で、電池ボックスが樹脂製の構成に成っています。対応レールは20mm。本体は防振防水加工が施されています。
   EOTech_551-04.jpg   EOTech_551-05.jpg
電源はLR44型ボタン電池を2個使用で、レティクルは赤&緑切り替え可能と光度調整可能です。勿論、上下左右の調整が可能。。。ぼくは装着しませんが、付属の柔らかいゴムみたいな樹脂製レンズカバーはバリと歪みが多くロットによっては蓋のストッパーが効かないものも有りますので要修正加工が必要かも…


電池ボックスから本体全体にラバーコーティングがされ、艶消しのシットリとした質感で高級感が有ります。また電池ボックスの左右両面には、ハッキリとした“L-3 EoTech”の刻印が入っています。拡大して見ると…シルク印刷かな?
EOTech_551-06.jpg   EOTech_551-07.jpg   EOTech_551-08.jpg
アルミ製カバーの刻印はレーザー彫刻ですね。


2014.04.01 Tue l トイガン l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。