新年あけまして、おめでとうございます。
今回の記事は長編ですよ。。。今年の正月休みは久しぶりに我が家でのんびり出来たから・・・(^^)


今と成っては古デジカメの“MINOLTA DiMAGE 7Hi”です。発売当時はハイエンドモデルとして国内3,000台限定の価格188,000円とコンデジとしては高価なカメラでした。“MINOLTA DiMAGE 7(5)”シリーズには、今でも愛好家がいますが、この頃各メーカーが採用したソニー製のCCDに欠陥が有り、その対応に追われ大変な損失をした事も有りましたね。。。現在、既にサポートを終了しているメーカーが殆どなので現時点でCCDの不具合が発生した場合は諦めるしかないでしょう。仮に有料修理での場合は、数万円の費用が掛かるそうです。。。また以前、過去の記事に載せましたが、ぼくの“MINOLTA DiMAGE 7Hi”もこのCCDがサポート後に壊れ、自分で二個一修理した事も有りました。
minolta_dimage-7hi-ccd-01.jpg
今回の記事は、新たに海外向け(日本語表示無)のCCD不良の“MINOLTA DiMAGE 7Hi”を頂いたので、手持ちのジャンク箱に有るCCDが無事な“DiMAGE 7”から“7Hi”に移植しちゃいます。


さっそく“DiMAGE 7”を分解してCCDを取り出しますが、改造行為の御約束↓↓↓

はじめに…この記事についての注意とお断り
○改造行為はメーカーの保障や修理は一切受けられません。(既にメーカー・サポート終了してますけど・・・)
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己責任と管理でお願いします。


“DiMAGE 7”はCCDだけ欲しいので、分解方法は詳しく載せません。。。
minolta_dimage-7hi-ccd-02.jpg     minolta_dimage-7hi-ccd-03.jpg
のパネル下の基板は、“7Hi”と少し分解方法が変わるので参考に載せておきます。。。“7”“7i”は基板ののビスを外すだけです。


分解するビスを全て外したら、筺体を慎重に開けます。。。余談ですが、製造年によって基板の改良がされ何種類か有るようです。画像の基板は初期頃?か可也の手作業での改造が施され、設計の甘さが伺えますね。
minolta_dimage-7hi-ccd-04.jpg     minolta_dimage-7hi-ccd-05.jpg
のフラットケーブルを外します。


液晶モニターを外し写真を撮り忘れましたがCCDユニット上の3箇所のビス(部分)を外すとユニットが外れます。
minolta_dimage-7hi-ccd-06.jpg  minolta_dimage-7hi-ccd-07.jpg  minolta_dimage-7hi-ccd-08.jpg
CCDユニットのアルミ放熱板の中央に載っているのがCCDです。この、“DiMAGE 7”のCCDリード付近には複数の作業に見受けられるハンダ付けの汚れ・・・茶色く成ったヤニの跡が普通よりも多く残っていました。交換した際、洗浄して無いのですね。。。


2012.01.05 Thu l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
既に販売終了している“EasyShare Z915”や同社の“LS753(LS743)”“DC4800”など特にコダカラー、コダックブルーに近い発色を表現し、日本国内で販売された数少ない種類のコンデジです。
kodak_z915-00.jpg     kodak_z915-09.jpg
ぼくはその中でも使い易く、デザイン的にも好きな“Z915”がお気に入りで、何故か数台持ってます(汗)。。。


今回はチョッとしたイタズラと云うか暇つぶしに以前から気に成っていた電源表示ランプの白色LEDを他の色に変えてしまいます。
kodak_z915_led-01.jpg
勿論、白色LEDでも全く問題無く良いのですが、複数同じ物を持っていると1台位はカスタムしたく成ってしまう心情からですよ・・・


“Z915”の外装の分解は簡単で、全ての小さなビスを外すだけですが・・・ここでお約束の注意とお断りが有ります。。。

○メーカー等の保証期間内に関係無く、分解・改造行為は一切のサポートが受けられ無い可能性が有ります。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己の責任と管理でお願いします。


前面/背面/上面の3つの外装を外すと中身が取り出せますが、基板がむき出しの電子部品ですので、フラッシュの蓄電による接触感電と静電気対策を取ってから、注意して作業を進めます。
kodak_z915_led-02.jpg     kodak_z915_led-03.jpg
画像中央の矢印に有る黄色い部品が白色チップLEDです。大きさにピン!とこないと思うので、シャープペンシルの0.5の芯と大きさを比べてみました。。。


ハンダゴテを使って白色チップLEDのチップ部品を取り外します。
kodak_z915_led-04.jpg     kodak_z915_led-05.jpg
金定規の上に置いてみました。画像の矢印の通り、取り外した白色チップLEDと今回取り付ける青色チップLEDです。


2011.12.15 Thu l デジタルカメラ l コメント (2) トラックバック (0) l top
ぼくのブログの写真は主に2004年に購入した“Nikon COOLPIX 4100”を使っています。単3電池2本使用で4.0メガピクセルと古デジですが、ブログの画像(2.0MP設定)には十分なスペックで扱い易く気に入ってます。
nikon_coolpix_4100-01.jpg  ricoh_Caplio_rr30-01.jpg  ricoh_Caplio_r5-01.jpg
また撮る被写体によっては、これよりもっと古デジで“RICOH Caplio RR30”と少し新しい2006年に購入した“RICOH Caplio R5”を使っています。このリコーのコンデジの魅力は1cmマクロの撮影が出来ること。肉眼では味わえない世界が見れるので1台は持って置きたいところです。


ブログ画像主体の“RICOH Caplio R5”を使ってから5年・・・お散歩用の“RICOH CX3”から改良が重ねられた新しいリコーのコンデジが気に成って、HPを見ていたら既にRシリーズは生産して無かったですね。。。最新は2011年12月3日(土)に発売予定の“RICOH CX6”が有りました。勿論、欲しく成っちゃいますが価格の変動が激しい世界なので迷ってしまいます。まぁどうしても「直ぐに欲しい」ので有ればそれはそれで良いのでしょうけど。。。
ricoh_cx3-01.jpg  ricoh_cx6-00.jpg  ricoh_cx5-00.jpg
それでチョッと気に成って、一つ前のモデル“RICOH CX5”と“RICOH CX6”の機能の違いを見たのですが、ぼく的には“RICOH CX5”で満足と成りました。それに“CX6”の発売が近づいているので“CX5”の価格がだいぶ下がっている様ですしね。。。


楽天ポイントも少し貯まっていたので早速、いつもの様に価格・送料含め安いショップを探してみました。運良く?デジカメフィールズさんでブラックが在庫1個の送料込み+ハクバ液晶保護フィルム付き、16,380円(税込)の品をゲットできました。
    
あとは、デジカメ・オンラインさんで送料込16,200円(税込)で今のところ各色とも在庫ありです。


注文してから直ぐに発送してくれました。
ricoh_cx5-01.jpg
それに楽天ポイントを使ったので、だいぶ安く買う事が出来て良かったです。。。
2011.11.25 Fri l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
以前から気に成っていた日本未発売の“AgfaPhoto SELECTA 14”を輸入してみました。ネットで検索してみましたが、今のところ日本国内での情報が殆ど見つからなかったので、国内でのユーザーは少ないかも知れませんね。。。
AgfaPhoto_Selecta_14-00.jpg     AgfaPhoto_Selecta_14-01.jpg
円高の影響で、だいぶ安く買う事ができました。。。現在は新たに“SELECTA 16”が発売されていますが、ぼくにとっては日常使う分には14.1MPでも充分過ぎるくらいの解像度で、価格的に大きな差は無いのですがあえて“SELECTA 14”にしました。。。


さっそく箱を開封すると・・・
AgfaPhoto_Selecta_14-02.jpg     AgfaPhoto_Selecta_14-03.jpg
バンドルソフトのArcSoft MediaImpression® 3Dと3Dメガネが2枚。カメラの取扱説明書やCDなどで、下の段にカメラ本体などが入っていました。。。


本体のビニール袋を外すと・・・じゃ~ん。。。
AgfaPhoto_Selecta_14-04.jpg
この“SELECTA 14”はメタリックグレイ・メタリックレッド・ホワイト・ブラックの4色有り、ぼくは無難にブラックにしました。メタリック系はツルッとした塗装に対し、ブラックだけはレザートーン塗装に施されて渋いです。。。前回購入した“KODAK EASYSHARE MAX Z990”と似た質感です。。。


ドイツの老舗ブランド“Agfa(アグファ)”のカメラと言えば、1960年代後期のフィルムカメラ“SENSOR”シリーズから採用されたあの!特徴的な朱色の大きなレリーズボタンは、この“SELECTA”シリーズにも受け継がれています。。。
AgfaPhoto_Selecta_14-05.jpg     AgfaPhoto_Selecta_14-14.jpg
あと、日本国内でも以前から exemode 社が“AgfaPhoto(アグファフォト)”のコンデシなど一部を販売していますが、“SELECTA”シリーズは REDDOT IMAGING 社なので関係ないですね。。。


2011.11.03 Thu l デジタルカメラ l コメント (2) トラックバック (0) l top
海外通販サイトを見ていると日本未発売の商品が沢山有り、物欲をそそりますね。。。海外メーカーのデジカメは、総合的に日本ユーザーのニーズに合わず、日本市場のシェアは期待できないようです。確かに忠実な再現性や多機能など至り尽くせりの高性能な日本メーカーの方が売れるでしょうが、遊び目的のぼくにはトイデジの様にメーカーの特色を生かした個性的な物が欲しいと思っています。なので今回はトイデジではないけど、米国に本拠地をおく世界最大の写真用品メーカーの“イーストマン・コダック”社の今のところ・・・日本未発売の12.0メガピクセル・デジタルカメラで、BSI CMOSセンサー、シュナイダーの28-840mm 30X“Schneider - KREUZNACH”光学ズームレンズ、3.0型HVGAのLCDスクリーンなど備えたコダックの力作?な・・・KODAK EASYSHARE MAX Z990を買っちゃいました。。。
kodak_z990-00.jpg     kodak_z990-01.jpg
コダックは、“コダカラー”、“コダックブルー”と言われるほど発色が独特で、少し大げさな階調で深みのある味を出してくれます。。。因みにぼくはコダックって結構好きで、クラカメだと1951年~1958年に製造したアルミボディーの無骨なコンパクトカメラで、あのエクターレンズ44mm F3.5を搭載した“Signet35”(シグネット 35)が愛機で製造年違いで5台程所有してます。なのでコダックと言うと気に成ってしまいますね。。。まぁこのZ990がどのような発色をしてくれてもね。っと云うことで米国から輸入しちゃいました。。。


梱包を開けると・・・
kodak_z990-02.jpg     kodak_z990-03.jpg
箱の横にバーコードラベルが貼ってあり“SERIAL NUMBER”と“MFG DATE 2011 .05” このカメラは2011年05月製造品ですね。。。


化粧箱を開けると・・・
kodak_z990-04.jpg     kodak_z990-05.jpg
付属品とカメラ本体です。。。


外見はデジ一タイプのコンデジで、持ち手部はラバー貼りで他はブラックのレザートーン塗装で仕上げています。レンズの鏡胴にもラバーが巻いて有るけどホコリが付き易いです。あと何となく経年劣化するんじゃないか気に成りますね。。。
kodak_z990-06.jpg
でも、全体にシックリする感じで好いと思いますよ。。。


2011.09.28 Wed l デジタルカメラ l コメント (22) トラックバック (0) l top