上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、腕時計を頂きました。。。ICE-WATCH(アイスウォッチ)風のカラフルな時計だから、その日の気分によって気軽に着けられそうな感じが好いですね。。。
   MAOW_COOL_green-01.jpg   MAOW_COOL_green-02.jpg
メーカーは maruman(マルマン)社製 MAOW シリーズの“COOL”でグリーンの型番は、HM713-19 です。この手の腕時計はホームセンターやドンキホーテなどの陳列棚にぶら下がっている安価な商品の様です。


頂いたカラーはグリーン(黄緑)でしたが、他にも幾つかカラーや別シリーズが有るようです。
   
カラーの他にも有りますが売り切れが多いようですね。。。


日常生活防水(3気圧防水)と逆回転ベゼルも付いたダイバーズウォッチタイプ。因みに日常生活防水(3気圧防水)の目安は、汗、洗顔や雨等が一時的にかかる水滴だそうです。
MAOW_COOL_green-03.jpg     MAOW_COOL_green-04.jpg
材質は風防とケース、ベルトはプラスチック製で、ベゼルはアルミ製。リューズ、裏蓋とベルトのバックルは金属製と…とても軽いです。


ベルトの開閉するバックル部分はステンレス製なので強度に問題は無いですね。。。あとベルト調整方法の用紙がご丁寧に入っていましたが、ベルトのバネ棒抜きの駒抜きは、一般家庭で意外と手元に使えそうな硬い押しピンなんて無いと思いますけど…
MAOW_COOL_green-05.jpg   MAOW_COOL_green-06.jpg   MAOW_COOL_green-07.jpg
金属製ベルトもそうですが下手に無理すると傷だらけに成ったり、プラスチック製だと強度も弱いほうだから最悪…ヒビが入るなんて事も考えられますね。かと言って時計屋さんにもよりますが、調整を依頼したら〜時計本体価格よりも高い金額に…なんて事も有り得ます。。。


2013.07.20 Sat l 腕時計 l コメント (2) トラックバック (0) l top
5.11 Tactical H.R.T. TITANIUM Watch”です。ガッチリとした大きなボディとベゼルにラバーベルトと外観からは軍人さんや警察官など強豪な人達が使いそうな、ダイバーズ・ウォッチを連想させられますが、10気圧(10BAR)ではなく100m防水(無圧)です。水深としては同じですが検査基準が違います…例えばタクティカルから想定して、任務でヘリから海上に降下やダイバーが過酷に泳ぎまわる様な長い時間や強い水圧が掛かる状況には、耐えられないかも…という事で、日常生活レベルでは全く問題無いですけどね。
511_HRT_Watc-00.jpg
では、この“5.11 Tactical H.R.T. Watch”とは…実はターゲット・モード“Horus Vision Functions”を搭載したスナイパー(射撃手)専用なのです。まぁ~ぼくなんかは“5.11 Tactical”の所有感だけで選んだから、このモードを使う事は無いでしょうね。。。


手に入れたら満足してしまうので、普段は“LUMI NOX”や“G-SHOK”をメインで使っていますが、久しぶりに取り出したら電池切れか?止まっていました。。。このまま放置だと電池の液漏れする可能性が有るので電池交換をします。
511_HRT_Watch-01.jpg  511_HRT_Watc-02.jpg 511_HRT_Watc-03.jpg
“5.11 Tactical H.R.T. TITANIUM Watch”は電池を2種類使います。デジタルを動かすには、コイン型リチウム電池の 3V“CR2025”1個とアナログを動かすには、酸化銀電池の 1.55V“SR621SW(364)”を使います。因みに“CR2025”はコンビニやホームセンターなどでも簡単に入手できますが、腕時計によく使われている“SR621SW(364)”は意外と売っていません。ぼくは送料無料で“日本製の逆輸入品 SONY製”を購入しました。“CR2025”を買いに行くのが面倒なら序に一緒に買っても良いですよね。。。あと大事なのは精密機器に使うなら、日本製か一流メーカー品を強くお勧めします。某国製の激安品や100均一など、玩具とかに使う分には十分かと思いますが、低品質も多く中には電圧、容量にバラ付が有ったりと「多寡が電池」と思われますが、後々悪い影響が出てしまう可能性が有るため気を付けて下さいね。。。


製造は中国ですが、販売価格が3~4万円位と一応ブランドだから高めな気がします。しかも、裏蓋を空けてみるとココも“CHINA”の文字。
511_HRT_Watc-04.jpg     511_HRT_Watc-05.jpg
ケース外観はとても力強い作りなのに内部パーツは安っぽく間が抜けた感じがしちゃいます。まぁ壊れなければ良いけど…


さて、ココからがお待ちかね?のコピー品との紹介でが、その前に…
※ココから↓下記の記事についての趣旨は、コピー品を間違って買わない!騙されない!為に、正規品と比較します。正規代理店以外の通販などで購入時する機会等に参考にして頂ければと思います。。。

一番左の画像で2つ並んでますが、パッ!と見良く似てますね。どちらがコピー品だと思いますか?
511_HRT_Watc-06.jpg   511_HRT_Watc-07.jpg   511_HRT_Watc-08.jpg
正解は…左がコピー品です。簡単でしたね(^^;) コピー品のケースは鋳物の様で、特に裏蓋に巣が目立ちます。色もなぜか銀色でステン風みたいに…正規品ケースはチタン材で出来ているから独特の燻し感の有るグレー色ですね。。。


2013.07.12 Fri l 腕時計 l コメント (0) トラックバック (0) l top
まだまだ猛暑がつづく毎日…今回の記事はチョッとイラッときた事を書いちゃいます。
それは、
圏央道に近い MEGAドン・キホーテの広告で、日替りの品4点の中にナント!
don-bbb01.jpg
58%OFFで " LUMINOX NIGHT VIEW " のブラック(201BK)とホワイト(207WH)輸入価格24,000円か゛、
各1点限りで9,900円で販売されるとの事!!!


   
LUMINOXは、米海軍特殊部隊SEALs、警察特殊部隊SWAT、特殊戦闘機パイロットなどから特殊時計の開発要請を受けている会社です。特徴は、夜間に抜群の視認性を誇る発光システムのガスカプセルが文字盤と針に埋め込まれ、自ら発光し従来の蓄光タイプに比べ、実に100倍の明るさを持つといわれる。また機能も100防水、日付機能等十分な仕様なので色々な場面で活躍できる優れもの。。。 これが各1点限りの9,900円は安い!


これは、是非とも欲しいので、販売当日に朝から並ぶ事にしました。
この日も夏の日差しが強く、少し暑さにメゲながら開店20分前に着きました。
入り口に行ってみると1人だけ並んでいました。スキンヘッドのガタイの良い見た目怖そうなおっちゃんがっ。。。
「きっと時計目当てだろうなぁ・・・他の3点ある限定物っておっちゃんに似合わない…なんて勝手に思いながら…。まぁ運良く欲しい色が手に入れば、ラッキー」
入り口が開く・・・やっぱりスキンヘッドのおっちゃんと同じ時計売り場へ・・・後に付いて小走りで…
おぉ?売り場カウンターには誰も居ないし、有るはずの商ケース内にも無い?、広告のポップも無い???
近くに居た店員にすかさずスキンヘッドのおっちゃんが、「おぅ!広告の時計…」
店員「品物を探す・・・」何処にも無い・・・店内用携帯を使いながら売り場と倉庫を行ったり来たり・・・
そんな事して15分程経過・・・倉庫から出てきた店員が、スキンヘッドのおっちゃんに
「申し訳有りません。まだ品物が入ってきてない様です~店長から別の同等品で・・・」とビックリする回答!
   
提示された同等品モデル


スキンヘッドのおっちゃん「昨日来た時には商ケースに並んでたよ 何回か見に来てるんだよ」
店員、言葉に詰まったようで「でも無いので…店長がこのどちらか(同等品)でと言ってるので・・・」とまたまたビックリする回答! 
スキンヘッドのおっちゃん、少しふて腐れ気味で同等品のホワイトを買ってった。。。
次は、僕の番・・・店員に「広告のブラック下さい。」
店員「先程のお客さんへ話したのを聞いてましたよね? 店長が代替品でとの事なので・・・」
ぼく(イラッ!)「じやぁ同等品なら(同メーカーで価格と売値が同じ物)このブラックを下さい・・・」

ぼくが妥協して希望した同等品モデル


2010.08.30 Mon l 腕時計 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。