110フィルムの形をしたトイデジカメラの デジタルハリネズミ2 ++(ダブルプラス)です。

DIGITAL HARINEZUMI 初代(1)からの主な改良点は・・・
1.200万画素から300万画素にアップ。
2.マクロ撮影が10cmから3cmに近づける。
3.モノクロモードに選択可能(※モノクロモードに設定する方法は取説には書かれていません。)
 ①.MENU画面からMENUボタンを4回押し、メニューを一巡する。
 ②.OKボタンを2回押すとモノクロ静止画撮影モードに成ります。
 ③.もう1回OKボタンを押すと、モノクロムービー撮影モードに成ります。
 ④.電源OFFにして電源ON時にすると、通常のカラーモードに戻ります。
4.動画撮影時の音声が録音可能。
などなと・・・他にも幾つか改良と変更がされています。また、
デジハリ2発売から間もなくデジハリ2++が登場し、2を急いで買った人の中にはムッ!とする方も居るようですが・・・
2++に成っての主な改良は、
1.モノクロモードの標準化でMENU画面で選択が可能。
2.写真撮影時にプレビューがMENU画面で選択可能。
3.動画撮影時の音声録音ON/OFFがMENU画面で選択可能。
などなど・・・トイとしてのチープで不便さから少し離れ便利に成って来ました。


普段はVista Quest(ビスタクエスト) VQシリーズとデジハリ初代を主に使っているので、デジハリ2が発売してからも購入する機会を逃していました。が・・・
digihari2-01.jpg     digihari2-02.jpg
楽天ショップの sighn さんで送料込みで15,000円と、他のショップや店頭販売よりも安かったので買っちゃいました。。。


トイデジカメラの15,000円は僕からしてみると高額だと思いますが、やっぱり物欲に負けてしまいました。。。
digihari2-03.jpg     digihari2-00.jpg
外観はデジハリ初代と比べると前面のレンズ周りが変更されて少し高級感?があるダークミラー仕上げになっていました。


裏面にしてみると・・・
digihari2-04.jpg
電池蓋、三脚穴とスライド切替式のマクロスイッチが付いています。


2010.03.03 Wed l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
110フィルムを思い起こさせる小さなボディで重さも50gと軽量で写真写りがノスタルジックでトイカメラとして魅力的な作品を生みます。その名も DIGITAL HARINEZUMI「デジタルハリネズミ」です。
digihari1-01.jpg
200万画素のトイデジカメとしては高めな15,750円(税込)です。


digihari1-02.jpg
しかも仕様電池のCR2とメモリーのMicro SDカードは別売りなので、入門機として撮影できる状態まで揃えるには2万円近く成ります。もちろんアクセサリーセット(CR2電池1本・2GBマイクロSDカード1枚・USBリーダー)の価格が4,725円(税込)なんていうのも有りますけど・・・。


レンズ上部にはハリネズミのイラストが可愛いですね。
digihari1-03.jpg
スペックは・・・
■センサー : 200万画素 CMOSセンサー
■解像度 : 静止画;1600×1200、320×240、動画:640×480
■感度 : 100/800
■レンズ : ノーマル 約1m~∞、マクロ 約10cm
■露出 : Auto
■ホワイトバランス : Auto
■セルフタイマー : 10秒
■ファイル形式 : 写真 JPEG / 動画 AVI(25fps)
■ディスプレイ : 約 30×22mm
■メモリ : Micro SDカード 最大2GB(別売り)
■電池 : CR2 1本
■付属品 : 説明書 / 保証書


2009.11.19 Thu l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
vq1015c-03.jpg + MPL-PX
 花言葉は、「甘い香り」

2009.05.10 Sun l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
vq1015c-02.jpg + MPL-PX
 花言葉・・・Return of Happiness

2009.05.07 Thu l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
vq1015c-01.jpg
 今日は君の初節句 幟のように空たかく・・・
   元気に、健やかに、育ってね。


2009.05.05 Tue l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top