上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※記事についての注意とお断り。
対象物は、個人の所有物で紹介しています。 この記事を読んで起きたトラブルや事故など
全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己責任と管理でお願いします。



ぼくの記憶では、数年前からネット通販やオークションで販売されていた“Abercrombie & Fitch”通称アバクロに名称からロゴをはじめ、デザインなど“American Eagle Outfitters”(AEO)も取り入れたような雰囲気のブランド? 謎の“American & Fitch”アメリカン&フィッチ… そのよく似た雰囲気からアバクロと間違えて購入した消費者が結構いるそうです。でも、販売している商品説明の注意事項には「こちらの商品はアバクロではございません.」とハッキリ記載されているので偽物(コピー品)を販売している事には成りませんね。パクリ(バッタ物)かも知れませんが・・・ しかし最近はアメリカン&フィッチの見かける種類も数も少なくなりましたね。。。 ネット検索でも“American & Fitch”についての情報も少なくレビューなんて見つけられなかったし・・・。そりゃこんな物にお金を使うのは勿体ないのですが、物欲が刺激して無くなる?前にと自分に言い聞かせ…一着ゲットしちゃいました。。。
AmericanFitch_00a.jpg
購入はヤフーオークションで開始価格2,990円で即決価格9,800円ですが、2,990円以上で買うつもりはないですよ。当然というか他に入札者も居ないので呆気なく落札しちゃいました。。。取引窓口は日本に在るそうですが、発送元は勿論!中国からです。


AmericanFitch_01.jpg
送料全国一律1500円と落札金額を振り込んでから3日で届きました。


恐る恐る?・・・開封してみると・・・
AmericanFitch_02.jpg
綺麗にたたまれてビニール袋に入っていました。 がっ…ビニールからジャケットを出してみると、鼻につくキツイ科学薬品のような臭いがしました。大丈夫かなぁ。。。


それでは“American & Fitch”を視てみましょう。。。
AmericanFitch_03.jpg     AmericanFitch_04.jpg
ジャケット内側のタグ類ですが、パッと見!えっ!?アバクロ…と間違えるくらい、ロゴやタグ類の配置などよく似ていますね。。。これでは、早とちりでアバクロと間違えて買う人がいてもおかしくないですよ。


拡大してみましょう。。。
AmericanFitch_05.jpg     AmericanFitch_06.jpg
ぼく個人的には完全コピーの偽物では無く、よく視れば分かるようなパクリ(バッタ物)で“adidas”が“daiads”や“avivas”などシャレ?が効いて、思わず笑えちゃうものが好きですけど。。。まぁ作ってる人は真面目に売ろうとしてるかも知れませんが・・・。


この“American & Fitch”のジャケットは細かいところも意外と凝っていて、
AmericanFitch_07.jpg     AmericanFitch_08.jpg
留め具やボタンにも堂々と“AMERICAN NEW YORK”と綺麗に打たれています。デザイナー?のこだわりが伺えますね!?。。。


ファスナー(ZIP)は8サイズと手頃な大きさで、
AmericanFitch_09.jpg     AmericanFitch_10.jpg
“USA”と彫られたプルは持ち易く開け閉めは意外と良い感じでした。。。


背中側の首下のワッペンが縫われていて“AMERICAN NEW YORK”と刺繍されています。
AmericanFitch_11.jpg
これが“American & Fitch”と刺繍されていたら、人目が気に成り恥ずかしくて街中で着れませんよ。いくらシャレのつもりでもね。ぼくは・・・


ジャケット全体含め、各パーツのポケットや袖口周りなどウォッシュによるビンテージ加工が施され、其れなりに良いと思います。。。
AmericanFitch_12.jpg   AmericanFitch_14.jpg   AmericanFitch_13.jpg
袖口のマチ部分の縫い糸なんて、特に凝っていますよね。。。


脇下の作りは動き易いように加工され、汗を掻いても蒸れ難いように2個の通気穴が有ります。。。がっ!よく視ると・・・
AmericanFitch_15.jpg     AmericanFitch_16.jpg
生地には穴が開いていません。只の飾りでした。ココまでやるならチャンと開けて欲しかったですね。。。


アバクロの偽物(コピー品)含め、市場に出回っているバッタ物(パクリ)含め偽物(コピー品)と云われる多くは縫製が雑です。
AmericanFitch_17.jpg
もちろん各素材自体の多くも粗悪なのですが、ぼくの様な素人でも直ぐ分かるのが酷い縫製。目立たない部分、見えなくなる部分は特にいい加減です。まさに…「安かろう悪かろう」ですね。 それでも買っちゃう自分が、オカシイです。。。


関連記事

2011.02.05 Sat l ミリタリー系 ジャケット l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/99-ed224ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。