昨年の年末に、メーカー不明の海外製LED電球(口金E26)をまとめ買いしちゃいました。1個1,500円と激安で、Lumileds製の超高輝度LEDを5個採用し電力は僅か6W(全光束:400lm)で60Wに相当する明るさ。しかも従来電球に比べ消費電力が約1/9と超省エネ。今と成ってはだ国内メーカー品でも3~4千円くらいから買えますが、その当時は結構高価だったし、エコ意識も有って買っちゃいました。。。交換後も明るく大満足でした。
led_con-01.jpg
しかし!?・・・思わぬというか、無知だった為か、落とし穴がありました。それは、ここにきて次々とLED電球が点滅をし始めました。チョッと前の某有名メーカー品でも問題になった「アルミ電解コンデンサ」の不良。ご存知の通り元々寿命が短く熱に弱いアルミ電解コンデンサは、温度環境や電圧・電流に左右され易いデリケートな電子部品です。それでも日本製は、世界的に見ても高品質で信頼があります。


でも、ぼくの買ったLED電球は約半年で不具合が出てきてしまうメーカー不明の海外製。どう見ても日本製部品を使っているとは考え難いですよね。。。
led_con-02.jpg    
しかも熱によるものだと思うけど、プラスチック部分が全てヒビが入り割れているし…この部分もかなり高熱に成るので、補修に使う接着剤は耐熱120℃に適応で弾力性のある万能品「セメダイン スーパーXGゴールド」を使いました。
最近はLED電球も支流に成り海外製の販売元や種類も増えた分、粗悪品もかなり出回り他の家電機器にノイズなどの悪影響を及ぼす物「点灯さえすればいいじゃん」みたいな。こうなると少し割高でも信頼ある国内メーカー品を買ったほうが安心ですね。


だからと言って、ぼくがまとめ買いしちゃった物をそのまま捨てるのも勿体ないし、あいにくノイズなど出てないしね。ならば、修理して使い続けたいと思います。約50000時間以上の長寿命LEDがダメに成るまで…。

はじめに…この記事についての注意とお断り
○改造行為はメーカーの保障や修理は一切受けられません。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己責任と管理でお願いします。


本体を分解するには、LED前面に付いているカバーを外します。これは、シリコンだけで固定されていたので直ぐに外せました。
led_con-03.jpg
次に、ネジ2ヵ所を外します。超高輝度のLumileds製LEDが5個も付いていますね。因みにLED色は電球色で色温度:2700k-2900k,照射角度:180度です。


ネジを外して、LED基板を引っ張ると~
led_con-04.jpg
中から収縮チューブに保護された部品が出てきました。


やっぱり、アルミ電解コンデンサがダメに成っていました。頭が2個とも膨張してますね。。。
led_con-05.jpg
アルミ電解コンデンサの表示を見てみると“ VENT Capxon 400V 4.7μF 105℃ ”と有りました。チョッとネットで調べたけど詳しい情報は見つかりませんでしたが、アジアの粗悪品だという事だけは判りました。


基板の搭載部品のハンダ付けを見ても、かなり下手というか、雑なものです。日本製では考えられないですね。
led_con-06.jpg
部品交換には、LED基板が邪魔なのでリード線の2本を外しておきます。


led_con-07.jpg   led_con-08.jpg
不良のアルミ電解コンデンサをハンダゴテを使って外し、ソルダーウィック(半田吸取り線)で残ったリード穴のハンダを除去します。


交換する新しいアルミ電解コンデンサは勿論!日本製が良いです。
led_con-09.jpg
この直流電源基板は海外製品規格の為か?全波整流回路及び平滑回路にはアルミ電解コンデンサに耐圧400Vを使っているので、日本国内で使う分には150V以上有れば問題無いと思いますが、同規格品が手持ちに無く、また改めて買うのも勿体ないので、少し容量が多いけど、日本ケミコンの 400V 10μF 105℃を使います。これ位の容量範囲は問題ないと思うけど出来るだけ同じ容量にした方が安心だと思います。しかも容量が多いと画像で比べるた通り、大きさが変わってきますしね。。。


一回り以上大きくなったので、電球本体に入れられるのはギリギリですね。
led_con-10.jpg
・・・と思ったら、もう一つのアルミ電解コンデンサを付けると入らなかったです。余りにも適当な企画だったので・・・。


ならばっ・・・電球本体には奥行きが有ったので、もう一つアルミ電解コンデンサは、寝かせて取付ける事にしました。
led_con-11.jpg
寝かせて付けるので、長いリード線に絶縁チューブ 105℃を被せます。


led_con-12.jpg
結構、強引に取付けてしまいましたが、これなら電球本体に入ります。


led_con-13.jpg
部品基板を保護する為、収縮チューブを被せます。


収縮チューブを温める前に、最初に取外した、LED基板の配線をハンダ付けします。
led_con-14.jpg
配線したら、ホットドライヤーで収縮チューブを過熱します。


部品基板を電球本体に格納。。。
led_con-15.jpg   led_con-16.jpg
LED基板を元に戻してビス止めし、LEDカバーの淵に液体シリコンを薄く塗って貼り付け完成。。。

こういう手間を考えたら、最初から高くても信頼保障のある…
  
高品質な日本メーカーのLED電球を買ったほうが安心ですね。


関連記事

2010.07.29 Thu l 電子工作など l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
初めまして、埼玉県在住のlighthiroshiと申します。
実は自分の熱帯魚水槽に使用しております照明が昨年10月に○天の個人販売で相当な金額で購入致しました(2個・現在は怪しい品物をご販売)が、今朝いきなり点滅を始めて「ポン」と云う音と共に部屋のブレーカーが落ちました。外して見ますと口金部分の緑のプラスチックが割れてショートした模様です。ならばとプラスチック部分をパテで作り再度取り付けるも全く点灯せず(涙)です。当方全くの電気音痴なのでHPで修理をお願い出来る所を探し求めて、貴殿のページにたどり着きました。
全くの面識もないお方にこんな非礼な内容を送付する事をお許し下さい。
多分、もう一個のLED電球も時間の問題と思われます。そこで無理は承知でお願いなのですが、修理をご依頼願えないものでしょうか?
必要部品・手間工賃・送料は勿論お支払い致します。
只、貧乏暇なしな者なので、お見積御依頼させて頂けるものなのか、その際の費用をお教え願えましたら幸いです。
突然の非礼なるコメントを重ねてお詫び申し上げます。
2011.01.30 Sun l lighthiroshi. URL l 編集
感謝申し上げます。
お返事を賜りました事、本当ん感謝申し上げます。
中身を(と云っても白いプラスチック部分)を分解しましたら、貴殿の写真とは少々違ってましてLED側の鉄部分には基盤が入っておらず、口金側に写真と同じ様に黒色の被膜で基盤が覆われておりました。コンデンサなるものが破裂した様には見えませんでしたが・・・・
勿論、どこの電気メーカー及び熱帯魚店も門前払いでしたので、もしも貴殿が当方の2個を見て頂き可能か不可能か見て頂けるだけでも本当に感謝です。
万が一、2個とも駄目になってしまった場合でも購入した自分が悪いのですから。
全くお気になさらないで頂ければと思います。

ご検討頂けましたら本当に助かります。
ご連絡感謝申し上げます。
2011.02.01 Tue l lighthiroshi. URL l 編集
状況報告
つぐつぐ様

一応写真には撮りました。
でも写真の添付方法が分かりません。

もしご迷惑でなければ当方のメールアドレスお分かりになっておりますか?そちらに頂けましたら携帯メールで送信致します。
もしある程度お近くなら届に持参も出来ます。
とは言っても初めてのどこの誰だか分からない人と会うのは嫌ですよね。

一応黒い被膜をハサミで切り、基盤をむき出しにしました。LED側と口金側に大きくスペースがあります。
コンデンサは黒い円柱の物ですよね。
3個有ります。
1.一番大きい物 メーカー名 VENT (?) 22μF 400V
2.中間サイズ  メーカー名Jwco VENT -40+105℃
3.一番小さい  メーカー  Jwco VENT -40+105℃
どれも頭部が膨らんでいる様には見えません。
基盤中央に BTKJ と記名があります。
あと、小さいヒューズ官がありますが、自分の見た目では切れていない様子です。
黄色いテープで覆われているのはトランスですかね?
現段階ではそのまま剥かずにおります。
基盤は良く分かりませんが、所々焦げ茶色です。
ご支持頂けましたら、なんなりと従いますので、
宜しくお願い申し上げます。

2011.02.01 Tue l naka. URL l 編集
Re: 状況報告
こんにちわ。
lihghthiroshi さま

電球の中を見て頂きありがとうございました。
電解コンデンサの頭部が膨らんでいる様には見え無いとの事ですか。
実際に確認してみないと何とも言えませんが、報告して頂いた不具合の症状と
メーカーがVENTだとするとぼくの経験から一番怪しい部品に成ります。

仮に電解コンデンサが不良だとした場合、ぼくの手持ちが10μF 400Vしかないので
日本製の22μF 400V やその他の2種類の規格?を調べて調達しなくては成りません。
その場合、時間が結構掛かりますし、それで直る保障も出来ませんし、
直ったとしても一時的な物かも知れません。またその後に別の不具合や事故等色々と
ブログ記事に赤字で注意書きしている通り、起こりうる可能性が有ります。
簡単に言うと私物で無いので、全ての責任が持てないという事です。
それでも宜しければ・・・取り敢えず現物を拝見してからに成ります。
コメントに個人情報を載せるとまずいので、lihghthiroshi さまのメールに連絡します。
2011.02.01 Tue l つぐつぐ. URL l 編集
Re: 感謝申し上げます。
lihghthiroshi さま

別のコメントの返信にてご連絡しましたので宜しくお願いします。
2011.02.01 Tue l つぐつぐ. URL l 編集
Re: No title
こんにちわ。lighthiroshiさま
コメントありがとうございます。

申し訳ありませんが、ぼくは修理屋ではないのでよそ様の物をお預かりして手を加える事は控えています。
仮に現物を見てお預かりした場合、直るという保障も有りませんし、それ以上に破損する事も考えられます。
直ったとしてもその後の不具合や事故、怪我などブログの最初に赤字で記載していると同じ、責任がもてません。それでも宜しければ一度拝見しても良いですよ。
取り敢えず、「ポン」と言う音が気に成りますので、ぼくのブログ記事のように分解して頂き基板上の部品、電解コンデンサが膨らみや破裂、その他部品の焦げや亀裂など目視で確認して頂けますか? 電解コンデンサが破裂して電解液が基板や部品に流れていると腐食し修理不可能になる可能性が有りますのでお願いします。
2011.02.05 Sat l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/87-21ae6bb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)