110フィルムを思い起こさせる小さなボディで重さも50gと軽量で写真写りがノスタルジックでトイカメラとして魅力的な作品を生みます。その名も DIGITAL HARINEZUMI「デジタルハリネズミ」です。
digihari1-01.jpg
200万画素のトイデジカメとしては高めな15,750円(税込)です。


digihari1-02.jpg
しかも仕様電池のCR2とメモリーのMicro SDカードは別売りなので、入門機として撮影できる状態まで揃えるには2万円近く成ります。もちろんアクセサリーセット(CR2電池1本・2GBマイクロSDカード1枚・USBリーダー)の価格が4,725円(税込)なんていうのも有りますけど・・・。


レンズ上部にはハリネズミのイラストが可愛いですね。
digihari1-03.jpg
スペックは・・・
■センサー : 200万画素 CMOSセンサー
■解像度 : 静止画;1600×1200、320×240、動画:640×480
■感度 : 100/800
■レンズ : ノーマル 約1m~∞、マクロ 約10cm
■露出 : Auto
■ホワイトバランス : Auto
■セルフタイマー : 10秒
■ファイル形式 : 写真 JPEG / 動画 AVI(25fps)
■ディスプレイ : 約 30×22mm
■メモリ : Micro SDカード 最大2GB(別売り)
■電池 : CR2 1本
■付属品 : 説明書 / 保証書


digihari1-04.jpg     digihari1-05.jpg
本体の上部に電源、シャッターボタンがあり、ファインダーは実用無意味的な折りたたみ式が付いています。後部はメニューボタンと設定変更をするスライドスイッチと設定確定のOKボタンで構成されています。また液晶表示部分は(高さ3.5cm×長さ9cm)と小さいですがメニュー操作をする分には充分だと思います。撮影後のプレビュー表示ができますが、これは「写ってるかな?」確認程度です。


底面は三脚ネジ部とマイク部、スピーカー部、電池蓋で構成されています。
digihari1-06.jpg
電池蓋を開けるとCR2電池とMicro SDカードが入るように成っています。


が・・・!
digihari1-07.jpg
Micro SDカードのスロットが蓋の根元付近にあの為、非常に脱着するのに狭く大変です。それに外部USB端子も無いためパソコンに撮影した画像の確認や保存するのにも不便というか、電池蓋周りが壊れ易そうです。ここは是非とも改良して欲しい所ですね。。。


関連記事

2009.11.19 Thu l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/76-fe1f06a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)