デジタルハリファンには、魅力的な?専用の速写ケース。本革製で、ヌメ革の薄いベージュ色と黒の二色があります。価格が8,925円と僕的にトイデジ用としては高価だと思うけど、速写ケースの宣伝広告を見ると・・・やっぱり欲しくなっちゃいます。
     


在庫の無いショッや品薄な所も多く、僕の場合はいつものように楽天市場で各ショップを検索して少しでもお得な所を探しました。

What Online Shopさんで送料無料だったので、ヌメ革のほうを買いました。ヌメ革は使っているうちに日光や油脂などでアンティークな色合いに変色する楽しみがあるので・・・


digihari_case-01.jpg
ヤマト便の袋タイプにプチプチに包まれて無造作に入っていました。せめて箱に入ってきて欲しかったです。。。


digihari_case-02.jpg     digihari_case-03.jpg
プチプチを剥すとビニール袋に入ったケースとストラップの取付け方法が書いてあるコピー紙が有ります。


digihari_case-04.jpg
ヌメ革の上面には、ハリネズミがいます。。。因みに黒には正面に・・・さすが9千円近くする品だけあって革の質や裁縫などの仕上がりが丁寧で満足。。。


digihari_case-05.jpg
首から下げるベルト部分には便利な予備電池ホルダーが付いてるし、マイク部分の所には穴が空いてるのでのデジハリ2の音声付ムービーにもちゃんと対応してます!


digihari_case-06.jpg     digihari_case-07.jpg
裏面は、デジハリ本体と速写ケースを固定するため三脚穴を利用します。三脚穴を使ってしまうとSDカードの脱着が更に面倒に成ってしまうけど、デジハリ本体とフィットさせる安定したケースにするには仕方ないのかなぁ。。。


気に成る点が・・・
digihari_case-08.jpg
この速写ケースに限らず、色々な市販されているケースなどにも有りがちな止め具の内側保護。高級な物には保護されている事が有るけどこの速写ケースには有りませんでした。。。僕としてはデジハリに傷が付くのがやなので、ここはプチ改良しちゃいます!


プチ改良に必要な材料を近所の100円均一で揃えました。。。
digihari_case-09.jpg
ダイソーの手芸コーナーで「シールフェルト」と工具コーナーで「ポンチ」です。フェルトだけの物でも良かったけど、接着の事を考えるとシール付きは簡単でお手軽ですよね。ポンチは止め具のサイズを適当に測ったら7、8mmだったのでサイズ8mmのポンチにしました。


digihari_case-10.jpg
ポンチの作業について台紙の裏面にも載っていますが、柔らかい素材のフェルトを抜くにはフェルト両面に厚紙を当てて一緒に叩かないと綺麗に抜けません。試しに直接フェルトから叩くと細かい繊維の一部が切れなかったです。
※注意:作業する台は傷が付いても支障の無い固い物の上で行いましょう。


digihari_case-11.jpg
ポンチで作るフェルトシールは全部で5個作ります。デジハリが乗るケースに4個、電池ホルダーに1個です。
digihari_case-12.jpg
フェルトシールの台紙を剥したらピンセットなど使って、止め具の上に貼り付けます。


完成・・・
digihari_case-13.jpg
これで、止め具によるカメラへの傷が付き難く成りましたね。肌色のフェルトを使ったけど意外と革に馴染んでたりして・・・


digihari_case-14.jpg
デジタルハリネズミ専用の速写ケース!
愛用のデジハリを入れ、首から下げて散歩、旅行したり・・・さらに楽しむ事ができそうです。。。


関連記事

2010.04.17 Sat l トイデジ 便利アイテム l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/75-c5c6d4d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)