上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
またまた古いミニカーをリペイントしちゃいます。
minicar-tomica-wagen-01.jpg
第3弾に成りますが、今回はボロボロの1977年 トミカ製 フォルクスワーゲン(No.F20) です。この時代の物は日本製で今と成ってはレア物に成っていますね。


minicar-tomica-wagen-02.jpg     minicar-tomica-wagen-03.jpg
僕の持っているフォルクスワーゲンは小さい頃かなり遊んだ為、塗装の剥げやウインドの傷とヒビ、タイヤの磨耗、車軸の変形など・・・公園の砂場や布団を盛上げた山脈の山道など思い出の多い戦歴を重ねた傷跡が今と成っては懐かしいです。このまま飾っておくのも思い出として良いのですが、最近チョッとはまっているミニカーのリペイントに我慢できずやっちゃいます。。。


minicar-tomica-wagen-04.jpg
リペイントにあたり一つ問題がありタイヤと車軸の一式交換するにあたってトミカの同等品が手持ちに無く、他メーカーのWELLY(ウェリー)製のスクールバスが近かったので代用します。


バラスには裏面のリア部分のカシメを壊す必要があります。
minicar-tomica-wagen-05.jpg
1箇所のカシメ部分を精密ハンドドリルの3.0mmを使ってカシメをグリグリと回して壊します。
※注意:切りカスが細かく尖っているので怪我や小さいお子さんの居る方は気をつけて下さい。


minicar-tomica-wagen-06.jpg
有る程度ほじったら細いドライバーなどを隙間に入れて、カシメ部分を様子を見ながら持ち上げて外します。


minicar-majo-clio-17.jpg    
再塗装するには現状の塗装を剥した方が綺麗に仕上がるので、ホームセンターやネット通販でも入手できる「塗装はがし液」があり色々なメーカーから発売されています。僕が使ったのは前回の残りが結構余ってたのでホルツ ペイントリムーバー MH261を使います。かなり強力な液体なので取り扱い説明文をよく読んで注意して作業しましょう。


minicar-tomica-wagen-07.jpg
強力な液体なので液が他へ付着しないように、無垢の金属容器や厚めの紙皿、陶器製の器など使用しする。プラスチック製や塗装など表面がコーティングされている物は使はないほうが良いと思います。


minicar-tomica-wagen-08.jpg
要らなくなった紙箱のふたを使って刷毛でペタペタと液を盛るように塗るとモコモコと塗装が浮いてきます。


minicar-tomica-wagen-09.jpg
剥れたら付着した液体を水で洗い流し、下地補修としてホームセンターや100円均一で買える精密ヤスリの3本セット物や耐水ペーパー600番~1200番位の種類を揃えて、ミニカーのボディにある金型成型のバリなどトイミニカーの味?を無くさない程度、表面処理します。


塗装前にボディの下地処理としてサフェサーを吹きますので、先にボディに付いた補修カスや脂分を除去しときます。
minicar-majo-clio-22.jpg     
前回同様、ホームセンターで見つけた少し値段が高いけど便利なモノを紹介しますね。テロソンの製品の「いきなりサフ」です。いきなりサフはこれ1本で、樹脂プライマー、サフェサー、軟化剤のすべて出来てしまう画期的な製品です。 1本有るとホント便利ですよ~。。。


minicar-tomica-wagen-10.jpg
サフェサーを吹いたら充分に乾燥させましょう。


サフェサーが乾燥するまでのあいだ、ウインドのキズ補修をします。
minicar-tomica-wagen-13.jpg
小さなヒビは直せないので擦り傷だけ直します。キズの深さにもよりますが、今回は1200番の耐水ペーパーでウインド全体をキズが消えるまで擦ります。


     minicar-tomica-wagen-14.jpg
キズか消えたらプラスチック用のコンパウンド(研磨剤)を使って透き通るまで磨きます。クラックが消えるまで削らなかったけど、画像の通りここまで綺麗になりました。


サフェサーが乾いたので、いよいよカラースプレーで着色します。
minicar-tomica-wagen-11.jpg
いつものように100円均一のダイソーで買った「ちょっと補修用 つやあり アクリルスプレー」70mlが有ったのでピンク色と・・・今回は塗装にチョッとした工夫でゴージャス?にしたいので、同じくダイソーで本体価格200円の「ザ 塗料スプレー メタリックペイントスプレー」150mlでホワイトグレー色を買いました。


実際にスプレーのピンクを吹いてみると、蓋の色見本に近いサーモンピンクです。
minicar-tomica-wagen-12.jpg
3度目の重ね塗りの時に、直ぐにメタリックペイントスプレーのホワイトグレー色を素早く全体に吹くと、ピンクパール・メタリックのように仕上がります。


カラースプレーが有る程度乾いたら、クリアースプレーでボディ全体を吹きます。塗装が完全に硬化するまで僕の場合は1週間前後、放置します。WELLY(ウェリー)製のタイヤ&車軸一式を組んで(一部加工と塗装)シャーシを組み直します。ボディのカシメ部分を壊したのでこの部分にホットメルト(電熱瞬間接着剤)を注入して素早く押さえて組みます。

<<完成>>
minicar-tomica-wagen-01.jpg     minicar-tomica-wagen-15.jpg
 Before     →     After


minicar-tomica-wagen-02.jpg     minicar-tomica-wagen-16.jpg
 Before     →     After


minicar-tomica-wagen-03.jpg     minicar-tomica-wagen-17.jpg
 Before     →     After


minicar-tomica-wagen-18.jpg
いつまでも 思い出と ともに・・・


★最後に・・・僕のミニカーに対しての作業はリアル重視では無く、量産的素材を生かした玩具仕上がり系です。


関連記事

2010.02.10 Wed l ミニカー l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/66-5e9ec10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。