上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
※紹介するアバクロ正規品は、ぼくが所有する物です。
市場には偽物(コピー品)が大量に出回っているので、購入前後の比較参考に成ればと思います。

Abercrombie & Fitch は正規直営店で買いましょう。


MOUNTAIN DIVISION FIELD JACKET
3Way-Mountain-Division-Field-Jacket-camo.jpg
 アメリカで人気のカジュアルファッションブランド、アバクロンビー&フィッチ(Abercrombie & Fitch)通称アバクロの2003秋冬 "MOUNTAIN DIVISION FIELD JACKET 5365"の販売数が少なく超レア迷彩タイプ。販売価格は $228.00 。 この激レアモデルは未だに根強い人気があり、偽物(コピー品)も多く、本物(正規品)が稀に古着屋、某オークションで見かけても高額で取引されています。このジャケットの元デザインはアメリカ軍によって1965年に正式採用されM-65フィールドジャケット(M-65 Field Jacket)と呼ばれました。幾度の改良を重ね洗練されたモデルは、デザイン、機能性から各ブランドで多数ラインナップされています。また映画やメディアの場でも良く見かけます。


03-h-camo1.jpg        03-n1.jpg 03-n2.jpg
本物の紙タグは、少し黄味かかって細かい繊維の重なり合いが透けています。ロゴの刺繍も丁寧で崩れていません。偽物の紙タグは白っぽくツルツルした感じです。文字の印刷が濃いです。ロゴの刺繍は雑で文字が崩れています。


03-h-camo2.jpg
キルティングライナーの裏側に印刷が有ります。


03-h-camo3.jpg     03-h-camo10.jpg
防寒時に使用する部分ですが、日常であまり使う機会が少ないと思われるけどベルクロや綿帯の縫製が丁寧です。


03-h-camo4.jpg     03-n10.jpg
本物は何年も着込んだようなビンテージ加工が施されている為、綿帯(ネームタグ)部分のロゴも見えないくらい色落ちしています。それに比べ偽物はビンテージ加工と言うよりウォッシュ加工の様で、当たり部分と素材の種類によっては色落ちが激しく、特に綿帯(ネームタグ)部分の色落ちが著しく薄緑色で全体のバランスとして浮いていて不自然です。


03-h-camo5.jpg   03-h-camo6.jpg   03-h-camo7.jpg
03-h-camo8.jpg   03-h-camo9.jpg
記事の最初にも書きましたがこのMOUNTAIN DIVISION FIELD JACKETは、元デザインが1965年~のアメリカ軍服の一つに採用されたM-65フィールドジャケット(M-65 Field Jacket)なので、アバクロの迷彩色モデル、OD色モデルとも独特の「アバクロウォッシュ」と呼ばれるヴィンテージ加工とクラッシュ加工が細部に亘りリアルに施され、まるで過酷な戦地で使用されたかの様なワイルド的な仕上がりに成っています。まさにAbercrombie & Fitchのこだわりを代表する貴重な1着だと思います。。。



関連記事

2004.02.06 Fri l Abercrombie & Fitch l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

私のは・・・やばいかも
こんばんは。初めて投稿させて頂きます。
こちらのブログを拝見させて頂きなんだかやばい感が増しています。
こちらの商品だと思われる商品を所有しているのですが、私の所有する商品はパチ物かもしれません・・・。
大体ファスナーが怪しくて、偽物の商品についているスライドする金具の裏側に輪郭があるタイプの物が付いていて、私の所有する他のアバクロの商品に比べて安っぽい感があるしでずっと不安だったのですが・・・。
まず、タグのロゴとロゴの間に糸が繋がっています。ポケットの補修ステッチの模様が違うし、でも割とよく出来た方の偽物なのかもしれません。こちらで紹介されている偽物よりは本物に近い様です。でも・・・偽物は偽物ですよね。
出来ればこちらの迷彩柄の方もファスナーやホック等もどんな感じなのか知りたいです。
あと、襟の中のフードの形状とかも画像を頂けないでしょうか。

2011.10.28 Fri l 光一. URL l 編集
Re: 私のは・・・やばいかも
こんにちわ。光一 さん (^^)/ コメントありがとうございます。

> 出来ればこちらの迷彩柄の方もファスナーやホック等もどんな感じなのか知りたいです。
ぼくの持っている正規品は迷彩もODも柄以外は全て同じですが、画像を追加で3枚載せましたので参考に成ればと思います。因みに最後の画像(いぶし銀色のファスナー)は、着衣して左側のアウターとライナーを留めるのに使用するファスナーです。。。
2011.10.29 Sat l つぐつぐ. URL l 編集
決定!
早速のレスありがとうございます。
画像拝見させて頂きました。
あらら・・・。ファスナーやっぱり違います。しかもこちらのはいぶし銀のファスナーの方にリバーシブルのファスナーが付いています。
後、ホックのフランジにいっぱい点々があります。
場所(位置)も違います。
襟の中身は似たような感じのフードが入っていましたが、圧倒的に偽物決定です。
ドナドナ・・・な気持ちでいっぱいです。
こうなったら河原で石ころ蹴飛ばして、夕日に向かって「バ○ヤロー!」って叫ぶしかないですね。真実は時にして残酷なものですね。


2011.10.30 Sun l 光一. URL l 編集
Re: 決定!
>光一さん
おはようございます。

> 画像拝見させて頂きました。
> あらら・・・。ファスナーやっぱり違います。しかもこちらのはいぶし銀のファスナーの方にリバーシブルのファスナーが付いています。
> 後、ホックのフランジにいっぱい点々があります。
> 場所(位置)も違います。
> 襟の中身は似たような感じのフードが入っていましたが、圧倒的に偽物決定です。
あ゛~(><;)残念でしたね。。。このジャケット超人気が有ったから、偽物も多いですよ。。。チョッと気になってヤフオク覗いたら、セレクトショップや個人出品でも同型の怪しい物が未だに数件見受けられましたし。。。

> ドナドナ・・・な気持ちでいっぱいです。
> こうなったら河原で石ころ蹴飛ばして、夕日に向かって「バ○ヤロー!」って叫ぶしかないですね。真実は時にして残酷なものですね。
でも、勿体ないから防寒着としてガンガン惜しげなく着るのも有かもです。ぼくの手持ちの偽物なんかは家でバイク・車の整備する時に着て泥や油まみれに成ってますよ(^^;)でも、それはそれで「良い味」が追加されて意外と気に入ってます。。。
2011.10.31 Mon l つぐつぐ. URL l 編集
私の詰めが・・・
こんにちは。

そうなんですよね、私も最初は「普段着に着倒してしまえ」と思ったのですがそれにしては高い買い物でした・・・。
しかもこれが3着目で・・・。
前の2着は手に取った瞬間に分かる偽物だったので即効返品しましたが、こちらの品は割とよく出来ている部類でファスナー以外は素人目には判断が難しいレベルでした。

一応買ったときに確認もしたのですが、先方は「商品は本物です。もし心配でしたら鑑定してみて下さい。それで偽物なら返品してください」と高飛車もいい所で、きっと鑑定しても「それはうちで販売した品物じゃ無い」って言い出しかねませんよね。

因みに鑑定なんてしてくれるところはあるのでしょうか?・・・なんでも鑑定団に応募しても無理っぽいですし^^;

ブランド物のバックやらだととぼけて質屋に持っていく手があるようですが。アパレル物は古着屋さんくらいしかないのでしょうが権威ある本物及び偽物の鑑定書はやはり公的機関になるのでしょうか?
2011.11.01 Tue l 光一. URL l 編集
Re: 私の詰めが・・・
こんにちわ。光一さん(^^) コメントありがとうございます。。。

人気商品は正規販売店で入手するチャンスを逃すと、海外通販を初め国内ではセレクトショップの流通物から古着屋、オークションなど危険がいっぱいで数少ない本物に出会えるのは気長に待つのと価格上昇で難しくなりますよね。

仮にショップなどで「本物」として入手しても偽物である事も多いようです。。。まぁ数あるブランドを扱っている中から、アバクロだけに特化して見極められる拘りのある人って少ないかも知れませんね。数売っての商売ですから・・・

アバクロの鑑定をしてくれる所は知りませんが、一般的な高級ブランドの高額品と違ってアバクロはその独特のデザインから支持する人は限られていると思いますので、質屋?さんでも真剣に鑑定してくれるかは不明です。どうしても真意を確かめるとしたら駄目元で、国内の直営店へ持ち込むのも・・・どちらにしても難しいですね。。。なので、ぼくもそうですが、やはり自分の目を養うしか方法がないと思いますよ(^^;)
2011.11.01 Tue l つぐつぐ. URL l 編集
なるほど・・・。
こんばんは。

やっぱり信じれるものはおのれ自身ですかね・・・。

私もメーカーに勤務している関係で品質管理にも携わりますので工業製品の規格外を見抜く目は割とあるつもりです。

ただ、本物を見たことが無い品物は難しいですね・・・。

我々は図面片手に判断をするのが一般で、現物のしかも基準のない物に関しては良く出来ているか粗悪かの判断は出来ても果たしてそれが規格品かどうかは別問題の話になってしまいます。

手にとって粗悪と思えばいくら本物だと言われても手を出しませんが、ネットで購入する際は手元に届くまで分かりません。

ついつい相手様の言葉を信じてしまいます。

もう、「欲しい」が先走ってしまうのです。

「愛は盲目」と言いますが気を付けないといけませんね^^;
2011.11.01 Tue l 光一. URL l 編集
Re: なるほど・・・。
おはようございます。光一さん

そうですね。僕も製造業の管理と現場にも入っています。精密電子部品の組み立て関係で当然、図面通り、指定部材、工具などですが、特にハンダ付けは指定温度範囲のなかで、いかに良い状態にするかは(当て方、量、秒)など、出来栄え検査含め作業者の極めた腕しだいです。どの職業でも有る「職人技」ですかね。。。

ネットだと、画像を食い入るように視たり文面から判断するしかないのでリスク有りますけど、ぼくも「欲しい」が強いと、自分の都合のイイように解釈して失敗する事も有りますよ_| ̄|○
ほんと気をつけないとですね。。。
2011.11.02 Wed l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/37-37585485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。