上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
モデル歴史は古く、第二次世界大戦から朝鮮戦争にかけて使用されてきた。M-41、M-43、M-50、M-51フィールドジャケットの後継モデルとして開発され1965年に正式採用されM-65フィールドジャケット(M-65 Field Jacket)と呼ばれました。 1990年代の後期に軍への納入を最後としてデザートパターンで終了しましたが、この幾度の改良を重ね洗練さされたモデルは民間向けとして現在も多数のメーカーから販売され、独自の素材、デザインを取り入れながら多様に作られています。また映画やメディアの場でも愛用される程、素晴らしいジャケットです。
71m65-01.jpg   71m65-06.jpg
今回紹介するのは、軍払い下げ品で1971年製のデットストック品です。


71m65-02.jpg
正式名称:COAT, COLD WEATHER, MAN'S, FIELD
製造メーカー:JOHN OWENBEY COMPANY, INC.
コントラクト:DSA 100-71-C-0181
サイズ:SMALL-SHORT


71m65-03.jpg   71m65-04.jpg
1971年頃までの初期納入分は、ファスナーにアルミが使用されてきましたが、アルミの特性として柔らかく耐久性や酸化等による開閉の不具合など問題が発生した為、中期以降は殆んどのモデルが真鍮製に変更されています。また 1985年頃からの一部のモデルには軽量なプラスティック製の物が採用されています。


71m65-05.jpg
ファスナーの製造会社は、初期のものではCONMAR・TALON・中後期では、 YKK・SCOVILL・他いくつかのメーカーが使われ、後期のプラスティック製ファスナーではYKK製のビーデューティー用 VISLON が採用されました。


71m65-07.jpg   71m65-08.jpg
スナップボタンは、SCOVILL社製。。。


71m65-09.jpg   71m65-10.jpg
裏地から出ているドローコードの部分と、その裏側。。。


71m65-11.jpg
ポケットの裏側。。。
関連記事

2005.11.18 Fri l ミリタリー系 ジャケット l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

耐寒にはこれがイ~ッ
私は永年N-3B(非民間用)を愛用しております。
何年経つでしょう、ず~っと愛用。これは良いです。
現地の友達から新品を40ドル程度で手に入れました。
正確な金額は忘れましたが。
このN-3BはSPIEWAK社製の本物コヨーテファー付き。
胸部にカラシニコフ銃からの弾丸の貫通穴が数個あいてます(ウソです)
このN-3Bの頭部が深いシュノーケルになるので北海道向きです。
しかし・・・左右のポケット開閉がイマイチ。胸部ポケットは浅すぎ。

【付録・イツまでも少年であるために読んで欲しい】
http://home.h03.itscom.net/abe0005/ikoi/seishunn/seishunn.htm 
サミエル・ウルマン君の「青春の詩」
2014.12.18 Thu l 股貼. URL l 編集
Re: 耐寒にはこれがイ~ッ
股貼さん
本物コヨーテファー付のN-3Bですかぁ~しかも非民間用とは羨ましいです。
しかも40ドル程度なら激安ですね。
ぼくのは20年以上前にミリタリーサープラスショップで買ったN-3BはUSA製です。
たしか数万円したかと…
現行モデル(民間用?)はチャイナ製なのかな?流石に見る気にも成りませんが…
因みにいま着ているのは、 難燃繊維アラミドの CVC タンカース ジャケットです。
(コントラクトナンバー DLA100-80-C-3292)です。放出品なので状態はそれなりです。
背中に弾痕が1つ有ります…ウソです(^^)たぶん煙草の痕です。

青春の詩、拝見しました。サミエル・ウルマンの詩を(訳文)読んで正にその通りだと共感しました。
漢字一文字にするとぼくは「心」だと思いました。心の目指す方向、心指す、「志」を常に。

ありがとうございました。
詩を読む事によって再度、見つめ直す事ができました(^^)
2014.12.18 Thu l つぐつぐ. URL l 編集
一冊の本
ウルマンの詩をオススメする私、
実はベルレーヌの「落葉」です、
http://rikkaidaijhs.blog102.fc2.com/blog-entry-1311.html
孤独な諜報員の末路は・・・こういう事に、 トホホ



い~や!私はた戦い続ける、祖国の民のため
い~や!祖国は私を忘れても、私は私を忘れない
我がポケットに上田敏訳詩集「海潮音」がある限り!
彼方に同士がいる限り Brothers in Arms コレ
https://www.youtube.com/watch?v=kAl5jucOgro
なんちゃって!
(官憲に見つかりそうなので改名しました、時々コレやります)
2014.12.18 Thu l ペドロ・サンチェス(旧名・股貼). URL l 編集
Re: 一冊の本
股貼さん、もとい ペドロ・サンチェスさん

ベルレーヌの「落葉」を読みました。
哀しい詩ですね…でもぼくは返って前向きな気持ちに成りました。
詩人の心模様とそれを詩う心境とのリンク…その人の内面なので難しい事は解りませんが。

実は昔から同士はとても…かなり少なく…(^^;)滅多に会う事も有りません。自分のせいですけど。
洋楽は殆ど聞かないのですが、Brothers in Arms 静かに訴え掛けているような重みのあるメロディーですね。
ぼくが唯一好きな洋楽は、ジョン・レノンの「love」です。この曲は松尾芭蕉の句集から影響をうけて
作られたそうでシンプルな歌詞でと短い曲ですが心に沁みます。~Love is needed to be loved
2014.12.18 Thu l つぐつぐ. URL l 編集
落葉について
>>…でもぼくは返って前向きな気持ちに成りました。

そ!そうなんです、逆境を乗り越える、逆手に取る!
これって大切な精神ですね!
私は逆境においては「ソレが何じゃ!まだまだ」と
さらに過酷な状況を想い「オレの状況はまだまだ軽いワイ」と考え、活力にします。
例の詩は私にとっては自嘲用でありますよ><。
2014.12.18 Thu l ペドロ・サンチェス. URL l 編集
Re: 落葉について
自嘲用…なんだか心に奥深い何かを感じます。。。

2014.12.18 Thu l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/35-d7e7206f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。