FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
最近、子供がはまりつつある、オモチャの“ベイブレード”しかし…流行っているのと製造が追いつかないのか、何処のショップも品切れが多いか、定価の数倍もするものばかり。。。
   beyblade_fake-a.jpg   beyblade_fake_b86-00.jpg
何気にネット検索をしていると中国の通販サイトに“メタルファイト ベイブレード”や“ベイブレード バースト”が低価格で沢山販売している。掲載画像はタカラトミーの正規ロゴを加工しているモノが多くこれは調査のため(キリッ!)に幾つか“ベイブレード バースト”のほうを購入してみました。。。


注文から10日位でスムーズに届きましたが、箱は結構潰れていました。中身は大丈夫か?
beyblade_fake-b.jpg     beyblade_fake-c.jpg
今回購入したのは、中国メーカーのロゴマークが違う3社で“B-86 スターター レジェンドスプリガン.7.Mr”を2個。“B-66 スターター ロストロンギヌス.N.Sp”を1個。“B-79 スターター ドレインファブニル.8.Nt”を1個。です。今回は箱サイズから見ても正規品に近い“B-86 スターター レジェンドスプリガン.7.Mr”を見てみましょう。。。


早速、正規品と並べてみました。
beyblade_fake_b86-03.jpg   beyblade_fake_b86-04.jpg   beyblade_fake_b86-07.jpg
箱サイズは殆ど同じですが、スキャンのせいで文字が潰れ、色合いも少し黄色み掛かっています。タカラトミーのロゴや背面、底部などの一部表記は都合が宜しくないので変更されていますね。。。


側面も・・・
beyblade_fake_b86-05.jpg   beyblade_fake_b86-06.jpg   beyblade_fake_b86-08.jpg
流石にベイコードは消してあります。


いよいよ中身です。正規品と違って簡素なパッキングで取説も有りません。レイヤーとディスク、ドライバー、シールが同じ袋に入っているのでディスクがレイヤーの塗装など傷つけてる感じです。
beyblade_fake_b86-09.jpg   beyblade_fake_b86-10.jpg   beyblade_fake_b86-11.jpg
先ずは、樹脂製のレイヤーを正規品と比べて見ました。。。パッと見はクリアー部分の透明度や、彩色樹脂の色合いを見ても区別がつき難いですね。強いて言えば、+ネジや樹脂成型のエッジの甘さでしょうか。。。


正規ディスクは重みのあるバランス系の“セブン”ですが・・・
beyblade_fake_b86-12.jpg     beyblade_fake_b86-13.jpg
何故か偽ディスクは内側軽量で外重心のスタミナ系“エイト”似がセットされていました。でも、金属製にしてはバリも其れほど無く良く出来ているほうだと思います。


ドライバーとシールです。
beyblade_fake_b86-14.jpg   beyblade_fake_b86-15.jpg   beyblade_fake_b86-16.jpg
正規のバランス系ドライバー“マージ”は、先端がギザギザのラバーに覆われた尖った軸先になっていますが、偽ドライバー“マージ”は色、形まで同等ですが軸先までプラスチックの一体成型に成っている為、バランス系と云うよりアタック系かも…。また組立ての止めネジは+ネジ。偽シールもスキャンしたものなので、若干色合いが違いますが、紙製ではなく正規品と同じ透明なシートに印刷されています。


ライトランチャーLRはどうかな?
beyblade_fake_b86-17.jpg   beyblade_fake_b86-18.jpg   beyblade_fake_b86-19.jpg
もちろん、偽ランチャーも左右両回転対応しています。細かい所を見れば成型の違いはありますが、全体的に見ても良い出来だと思います。


ただ、ワインダーは色が違うのと組立パーツの取付け向きが違うだけではなく、レールの棒?部分のサイズが少し違うため正規ランチャーに応用またその逆も出来ません。
beyblade_fake_b86-20.jpg   beyblade_fake_b86-21.jpg   beyblade_fake_b86-22.jpg
実際の動きは以外にもスムーズに回転し、ストレス無く引っ張る事が出来ました。。。


デュアルスピニングの拘り!
beyblade_fake_b86-23.jpg     beyblade_fake_b86-24.jpg
正規品と同じで、偽ワインダーの先端をレイヤーの裏側の軸に当て、ベイブレード側の左右回りを切り替える事ができます。


正規の“レジェンドスプリガン.7.Mr”は各パーツとの遊びが有りますが、偽“レジェンドスプリガン.7.Mr”は正規品と比べると遊びが少ないです。
beyblade_fake_b86-25.jpg   beyblade_fake_b86-26.jpg   beyblade_fake_b86-27.jpg
取り敢えずシールを貼る前に、正規“レジェンドスプリガン.7.Mr”と並べてみました。


シールを貼ってみましたが、粘着力が少し低い感じです。また家庭用計量器で重さを量ってみると…0.3g、偽物のほうが軽かったです。
beyblade_fake_b86-28.jpg     beyblade_fake_b86-29.jpg
海外通販に参加している上位ショップの偽ベイ販売数は多く、様々な国から注文が有るようです。。。正規品の流通量や価格が安ければ、偽物が大量に出回らなかったかも知れませんね。。。



 


関連記事

2018.03.07 Wed l ミニカー&おもちゃ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/297-74146841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。