FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
うちの家内は30年近くペーパードライバーです。唯一の足は、ヤマハ電動アシスト自電車で子供が前後に乗せられるやつ。毎日通園とスーパーへ買い物にと頑張っていましたが、既に通園も終えて買い物中心となり…買い物専用の原チャリが欲しいという事に。。。そこで、おばちゃんが乗り易く買い物に特化した車種ということで色々調べ、ホンダ「Dio Cesta(チェスタ)」がイイとなりました。チャリ生活が長かったのでどうせ直ぐ飽きるだろうし、傷だらけにすると思ったのか本人の希望で中古車を探す事にしました。
dio_cesta-00.jpg   dio_cesta-01.jpg   dio_cesta-02.jpg
近くのバイク屋に有ったけど程度の割に8万円強で断念。そこでヤフオクで調べてみると「チェスタ AF62 エンジン好調 バッテリ新品 近県格安配送」というのを発見。出品者の評価は良い方で、商品説明では「ホンダのディオ(AF62)です。燃費の良い4サイクルエンジンです。エンジンはセルで始動し、異音、白煙、オイル漏れはありません。バッテリは新品に交換しました。エンジンオイルも交換しました。書類は完備です。鍵は1本あります。現状車ですので3Nでお願いします。近県なら格安配送します。状態は写真で判断してください。現状車ですので、3Nでお願いします。」と書いて有りました。


画像確認では走行距離も少なく、外観は其れなりの劣化が見受けられるけど、3Nでも説明通りなら自分で少し整備すれば大丈夫そうだし、出品地も同県だったのでオークションスタート価格23,000円で落札しちゃいました。支払いをしてから3日程度で届きました。さっそく車体の状態を確認すると…外観は擦り傷が多く、フロント部分は割れあり。シートはセンター部分に破れあり。前後タイヤは溝はまだ有るが硬くヒビ割れ多い。鍵は確かに1本付きましたがマスターキーでは無かったです。さて肝心の駆動系は…説明通りバッテリーは新しく、エンジンはセルで数回後始動。異音白煙は無いけど回転数が高く安定しない。暖気後、ゆっくりアクセルを開けるとエンジンが止まる…など。。。
dio_cesta-03.jpg   dio_cesta-04.jpg   dio_cesta-05.jpg
取り敢えず写真に撮り忘れたましたがキャブを取り外し分解洗浄と点火プラグ、エアーフィルーターの交換、各所の簡単な調整などしてエンストする事は無く成りました。。。点火プラグは純正の“CR7HSA-9”から熱価を1つ下げ、イリジウムプラグの“CR6HIX”にしました。下げた理由として、ネットで見つけたバイク屋さんの記事「知って得する 裏技 カスタム編」の中に、「ホンダDio(AF62 AF68)、TODAYのバルブカーボンがみを抑える方法として(単純にカーボンが溜まることを考えば、燃焼温度が低く燃料が濃く不完全燃焼していると考えられる。)」と有り、対策として7番が標準なら6番に熱価を下げる。更にイリジウムプラグにする事によって、「燃焼効率、着火性能に優れる」と有り、かなり有効だそうです。無知のぼくとしては「なるほど~」と参考にさせて頂きました。。。


エンストは無く成りましたが、暖気してもアイドリングが高いままの状態。そこでオートチョークを外してみると結構痛んでいる。またまたパーツを注文しオートチョークのユニットを交換しました。結果は暖気後、回転数が下がり安定しました。
dio_cesta-06.jpg   dio_cesta-07.jpg   dio_cesta-08.jpg
アイドリングも安定したので、駆動系の様子を見るため家の周りを一周する事に、シートにまたがりスタンドを上げると…アイドリングの状態で発進しようとする現象が…あぁっクラッチがヤバイかも。。。と気にしつつ走り出し暫くすると、後輪から「プシュー!?」と空気が抜ける音がしました。どうやら修理箇所の穴が劣化して漏れた様です。。。こりゃぁ色々と修理が必要だなぁ~と後悔しつつも、暇つぶしに成ると前向きに、更に費用も掛かるけど直す事にしました。


っと云う事でパーツが届くあいだ外装の割れたパーツを中古品と交換し傷はパテ埋めして、“イサム塗料 2液アクリルウレタン樹脂塗料二液型缶スプレー ”を5本使って塗装しました。色はブラック!
dio_cesta-09.jpg   dio_cesta-10.jpg   
また同時進行で先に届いていた、 フロントフォークカバーと前後のタイヤ交換をする事にしました。


タイヤは他のスクーターの物も含め、計3本購入。
dio_cesta-11.jpg     
チェスタの純正の前後タイヤサイズは共に“90/90‐10 (幅が90㎜/高81㎜)”ですが、それより若干細く成りますが安いインチサイズの“3.00‐10 (幅76.2㎜/76.2㎜)”を選びました。メーカーは中国製なら可なり安いモノも有るのですが、品質的に不安が残るので、日本ダンロップとの技術提携で製造されているお馴染みの、DURO製(3.00-10 4PR (HF263A))パーツセンター楽天市場店で購入しました。


タイヤレバーは以前購入した ストレート製(300mm STRAIGHT/10-209) を2本に、新しく KTCのタイヤレバー (MCOL-260) を2本追加。
dio_cesta-12.jpg      dio_cesta-13.jpg
ストレートのと比べるとKTCのはとても薄く手作業で仕上げされ使い易そうです。


先ずは前輪から
dio_cesta-14.jpg    dio_cesta-15.jpg   
古いタイヤを外したらホイールは綺麗に掃除し、アストロプロダクツで購入した“アストロ タイヤビードクリーム 1kg”を塗りながらタイヤを外しました。


新タイヤにも“ビードクリーム”を塗ってからリム組みします。
dio_cesta-16.jpg   dio_cesta-17.jpg   
ブレーキシューはまだまだ使えるのでそのまま。また序にボロボロのフロントフォークカバーを社外品のホンダ トゥデイ(AF61)共通の フロントフォークカバーと交換してピカピカに。。。


後輪のブレーキシューもまだまだ使えるのでそのまま。
dio_cesta-18.jpg   dio_cesta-19.jpg   dio_cesta-20.jpg
劣化タイヤは硬化してて足で踏みつけながらリムと剥がしました。


新タイヤにも“ビードクリーム”を塗ってからリム組みし、空気を入れて完成。
dio_cesta-21.jpg   dio_cesta-22.jpg   dio_cesta-23.jpg
書き忘れましたが、古タイヤを外し序に、マフラーを空焚きし、表面の錆を研き耐熱スプレーで塗装。乾燥後にバーナーで軽くあぶりました。。。


で、タイヤの装着が済んだので全体の様子をみようと家の周り走ってみるかと…。クラッチの事が気に成ってヤバイなぁーと思いつつもちょっと位走っても大丈夫だろうと発進。。。
dio_cesta-24.jpg
100m位進んだ時、突然!クランクケース辺りからギャギャギャッと異音と同時にアクセルがスカスカに…。家まで押しながら戻りクランクケースを開けるとボロボロッと金属片が落ちてきました。クラッチスプリングが粉々に。。。やっぱり先に見とけばよかった…。


クラッチを外すため、スピンナハンドルにソケットとストレート製の クラッチホルダー 爪タイプ (19-691) を使用。
dio_cesta-25.jpg   dio_cesta-26.jpg   dio_cesta-27.jpg
ストレート製の クラッチホルダー 爪タイプ (19-691) は、多板クラッチや歯車型ドライブフェイスの固定に使えるので便利です。。。


プーリーは段差が付いてしかも傷が多数…
dio_cesta-28.jpg   dio_cesta-29.jpg   dio_cesta-30.jpg
外したクラッチを見ると…シューは擦り減ってるし、シューの金属部分はヒビがっ!


修理するため…クラッチ重量 性能等、限りなく純正に近いタイプの補修用クラッチ、“KN企画 補修クラッチアッセン 7003-4”と同じくノーマル用補修のく“KN企画 補修プーリー D1-01”。ウエイトローラーはホンダ純正を購入。
dio_cesta-31.jpg      
またクラッチの分解・組立作業に有ったほうが楽かと思い試しに“クラッチスプリングコンプレッサー (155mm)”を買ってみました。。。


クラッチスプリングコンプレッサーに純正クラッチ本体を固定。
dio_cesta-32.jpg      dio_cesta-33.jpg
クラッチナットを緩めるのに、専用の“デイトナ製 クラッチロックナットソケット 39mm 72173” を使用。かなりのトルクで締っているので専用工具を使った方が安心だと思います。


クラッチの修理が終わったので次は、プーリー
dio_cesta-34.jpg   dio_cesta-35.jpg   dio_cesta-37.jpg
ウエイトローラーは画像の通り擦り減ってます。。。


段さと傷が多数の純正プーリーを社外品のノーマル用補修品、く“KN企画 補修プーリー D1-01”と交換。
dio_cesta-36.jpg   dio_cesta-38.jpg   
社外品とはいえKN企画のプーリーは、バリや歪みも無く良い品質だと思います。


ウエイトローラーの交換。
dio_cesta-39.jpg     dio_cesta-40.jpg
社外品と迷ったのですが、やっぱり純正にしました。


純正Vベルトは交換したようで、摩耗も僅かです。
dio_cesta-41.jpg     dio_cesta-42.jpg
新しい純正Vベルトも買ったけど、傷もないし勿体ないからそのまま使い廻しです。全てのパーツを元に組み戻して一応~終わりです。


丁度良く海外通販で購入した、送料込み900円位の2スト4ストも使える激安“デジタルタコメーター (ZJ09900)”が届きました。。。
dio_cesta-43.jpg     
(仕様)
分解能: 0.1HRS / 10RPMs
示数: 9999.9Hrs / 99999RPMs
精度:1分または10 rpm
使用温度:標準 - 30℃~ 85℃


Amazonや楽天市場などでも同型の激安“デジタルタコメーター”が1,400~2,000円ぐらいで売ってますが、電池交換が出来ないタイプが多く…どうせなら電池交換がし易いタイプがイイかなとワザワザ海外から取り寄せました。
dio_cesta-44.jpg   dio_cesta-45.jpg   dio_cesta-46.jpg
電池は付属していません。。。CR2450を使います。


商品のスパイク検方法はタコメーターから出ている1本の黒コードに2本の配線が入っています。1本を点火プラグケーブルに巻き付け、もう1本はグラウンドに落とします。ぼくの場合は他のバイク等のアイドリング調整用にも使いたいのでコードの先端にワニクリップをハンダ付けしました。
dio_cesta-47.jpg     dio_cesta-48.jpg
CDIのカプラーに刺さっているコネクター配線「黒/黄」線にタコメーターの黒コード(ワニクリップに伸ばした虫クリップを挟む)を隙間に挿し込んで、アイドリング回転数の表示を見ながら、スロットルストップスクリューを回して調整します。精度は?ですがとても目安の参考に成るから良いと思いますよ。因みに…AF62(ディオ)のアイドリング回転数は、2.000±100rpmです。


最後にボロボロシートカバーの交換です。敗れたシートカバーを剥がしたらシートのクッションを洗ってよく乾燥させておきます。
dio_cesta-49.jpg   dio_cesta-53.jpg   
AF62/AF68用の張り替え用のシートカバーは色々と種類が有りますが、初めての張り替え作業に成るので失敗してもおち込まないように安いAF62用の張り替えシートカバーを見つけたので買ってみました。


防水シート(ビニール)も使いますが、補強として縫い目の防水処理をします。
dio_cesta-50.jpg   dio_cesta-51.jpg   dio_cesta-52.jpg
ホームセンターで買った、浴室用のシリコーン補修材“バスボンドG(ブラック)”をシーカバート裏面の縫い代に隙間なく塗りこみました。


写真を撮るのを忘れましたが防水性を高める為に、シートカーバーとシートクッションの間に耐久性の高い丈夫な、オカモト製の農業用塩ビフィルム“モヤレス 0.1mm”を挟んで有ります。これもホームセンターで購入。。。ハンドタッカーはネット情報で、100円ショップのモノが良いと載っていたので真似させて頂きました。
dio_cesta-54.jpg     dio_cesta-55.jpg
初めての張り替えで何とか出来ました。でも、ハンドタッカーで打ち込んだ針は綺麗に打ち込めず汚いです。まぁ見えないからいいかぁ~。。。


外装塗装の仕上げは面倒になり手抜きのままですが、コーティング剤を塗って仕上げにしちゃいました。
dio_cesta-56.jpg   dio_cesta-57.jpg   dio_cesta-58.jpg
余っていたGiviのリアボックスを取り付けて完成。。。結局、直すまでに追加費用が予想以上に掛かったけど出来栄えに満足。。。






関連記事

2017.09.21 Thu l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

つぐつぐさん、お久しぶりです。
初代掲示板投稿のたもつです。

相変わらずすごい腕ですね〜。
脱帽です!
ちょくちょく、覗かせていただきます〜。
2017.11.24 Fri l たもつ. URL l 編集
Re: タイトルなし
こんにちは、たもつさん
ご無沙汰しています。

いゃ~暇つぶしというか、息抜きの遊びですよ。
ブログに載せていない事もいっぱいやっているのですが、
最近は怠けて更新するのが滞っています(^^;)
こんなブログですが、今後とも宜しくお願いします。。。
2017.11.27 Mon l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/296-c7c7f0b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。