上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今から約10年位前にホームセンター(ビバホーム)の閉店セールで購入した、東芝製のスーパーLEDライト “GUN BEAM BK-3031 ”です。殆ど使ったことが無く工具箱の隅に置いたままでした。久しぶりに電池を入れて点灯させましたが…暗い…まぁ定かでは有りませんが10年前の当時でしたら結構明るい部類に入ったのでしょうか?
TOSHIBA_BK3031-01.jpg   TOSHIBA_BK3031-02.jpg   TOSHIBA_BK3031-03.jpg
主な仕様として…直径38mm×長さ220mm ボディーはダークグレー色のアルミ削り出しで、約210g(電池別)と重量感が有り、雨中でも使える防滴構造と成っています。電源は、アルカリ乾電池単3を3本使用し、連続使用時間(20℃時)に約10時間点灯するとの事です。また、ラバー製のテールスイッチはプッシュ式でON/OFFのみで半押し点灯も出来ません。。。


使用光源は、SUPER LED 1.0W級高輝度白色LEDと一定の明るさを持続させる専用の電子制御回路(昇圧回路)搭載し、照度が約750Lx(前方1m、4.0V時)だそうです。
TOSHIBA_BK3031-04.jpg   TOSHIBA_BK3031-05.jpg   TOSHIBA_BK3031-06.jpg
最近のLEDフラッシュライトを見ているせいか、この“GUN BEAM BK-3031 ”は暗く感じ、発光色も純白では無く少し青み掛かっています。また近距離の照射パターンでは斑が目立ちました。。。


試しに、上海問屋さんでも購入できる、安価な“照度計”を使って簡易的なルクスを測定してみました。
     TOSHIBA_BK3031-07.jpg
メーカーの照度測定値は、前方1m、4.0V時に照度が約750Luxとデスクワーク程の明るさとの事でしたが、参考程度に接地状態で測ってみました。結果は約49,000Lux、感じとしては冬の日中の太陽光辺りかな。。。


製造(組立・加工)は海外ですが、日本メーカーだけあってアルミ削り出しのボディーの品質は良いかと思います。
TOSHIBA_BK3031-08.jpg     TOSHIBA_BK3031-09.jpg
このままLEDの明るさが暗いというだけでお蔵入りするのも、勿体ないのでLED素子部分を別の物に載せ変えちゃいます。。。


仕様ではSUPER LED 1.0W級高輝度白色LEDを搭載と謳っていたので、何が付いているのか見てみました。LEDエミッターは米国Lumileds社製 “LUXEONl (ルクシオン)”が使われていました。定かでは有りませんが、データーシートだと平均25ルーメン?
TOSHIBA_BK3031-10.jpg   TOSHIBA_BK3031-11.jpg   TOSHIBA_BK3031-12.jpg
手持ちのパーツボックスに “LUXEONl”よりも数倍明るい米国CREE社製 “cree XR-E”が有ったのでコレと交換しちゃいます。。。


アルミ基板に残っているハンダを除去したら“cree XR-E”との間に放熱性シリコン硬化剤を塗布し、アルミ基板の中心に来るよう調整します。
TOSHIBA_BK3031-13.jpg   TOSHIBA_BK3031-14.jpg   TOSHIBA_BK3031-15.jpg
シリコンが硬化したら、LED素子とアルミ基板の端子部分をハンダ付けします。元に組み戻して完成。。。


照度計”を使って簡易的なルクスを接地状態で測ってみました。結果は約97,200Lux。
TOSHIBA_BK3031-16.jpg   TOSHIBA_BK3031-17.jpg   TOSHIBA_BK3031-18.jpg
綺麗な白色でかなり明るくなりました。暫くは活躍しそうです。。。


関連記事

2015.09.30 Wed l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/270-bd30de50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。