寒さも和らぎ久しぶりに秘密基地の保管庫を物色していたら、ボロい段ボール箱に入った懐かしい~“BS銃(BS-GUN)”が出てきました。。。柔らかい樹脂製のつづみ弾を使用するBS銃と云えば1960年代の終わり頃から発売されたらしいです。画像のBS銃は1970年代に発売された啓平社販売の“レバーアクション高級銃”だそうです。状態は年代の割に良い方かと思います。。。
BS-GUN_No11000-01.jpg   BS-GUN_No11000-02.jpg   BS-GUN_No11000-03.jpg
因みにぼくが小学生低学年、1980年代にエアーソフト・トイガンとして初めて買ってもらったのは“マスダヤ製 デタッチャブル SS-5”でした。当時は嬉しくて毎日、部品の組み合わせをしながら~空想ストーリーで「スパイごっこ」をしていました(笑)


材質は照星(フロントサイト)からアウターバレルまでは樹脂製で、レシーバー一式は金属製に無垢の木製銃床(ストック)と…豪華!
BS-GUN_No11000-04.jpg   BS-GUN_No11000-05.jpg   BS-GUN_No11000-06.jpg
現在の樹脂をふんだんに使った日本メーカーの海外生産モノと比べても、金属と木製を多く使った当時のモノは純日本製の、有る意味“高級銃”かも知れませんね。。。


っで、久しぶりに作動させた処、内部でカラカラと音がしたので、トリガーの隙間からレシーバー内を覗くとスプリング・ガイド棒が外れているのが判りました。早速、分解してみました。。。
BS-GUN_No11000-07.jpg   BS-GUN_No11000-08.jpg   BS-GUN_No11000-09.jpg
永年の放置で、油分の粘度が硬くなり変色していましたwww


折角なので修理する前に全て分解し、アルコール洗浄します。
BS-GUN_No11000-10.jpg   BS-GUN_No11000-11.jpg   BS-GUN_No11000-12.jpg
油分のお蔭で洗浄後のトリガーやバネなど鉄部に錆は殆ど発生して無く良好でした。。。ピストンの先端に有るゴムカップも差ほど劣化進んで無くまだまだ使えそうです。洗浄後はゴムカップとピストン内部にシリコングリスを塗布しました。。。


回転弾倉の動きもやはり固く成っていましたので勿論、分解洗浄後、グリスアップ。。。このBS銃の回転弾倉は金属製の為、樹脂製の回転弾倉と違ってボールベアリングによる擦り減りに因るガタツキも有りませんね。
BS-GUN_No11000-13.jpg   BS-GUN_No11000-14.jpg   BS-GUN_No11000-15.jpg
パッキンの劣化も少なく状態が良好で安心しました。。。


スプリング・ガイド棒の再圧着プラス念のため、お気に入りの瞬間接着剤“コニシボンド アロンアルファ 耐衝撃 EXTRA ”で補強して修理完了。あと各部もメンテナンスしました。
BS-GUN_No11000-16.jpg   BS-GUN_No11000-17.jpg   BS-GUN_No11000-18.jpg
レシーバー表面の黒色塗装には錆や傷など多少有りますが、これは往年のヤレ感としてこのままの状態が良いと思います。一応、レシーバー表面には車用のワックスを掛けました。。。


序にもう1つのBS銃“BS-25”も分解してメンテナンス。
BS-GUN_No11000-19.jpg     BS-GUN_No11000-20.jpg
“BS-25”のほうは木製ストックに擦れ傷が目立っていた為、ぼく流のやり方ですがガーゼに溶剤を少量浸み込ませ木目に沿ってストック全体を数回拭き慣らします。こうする事で表面の僅かなニスと汚れが溶け傷を覆い目立たなくします。完全には傷は隠せませんが、往年の風合いを生かすにはこの方法が良いかと…注意点としては金文字だけは溶剤で拭かない事ですね。。。

関連記事

2015.03.27 Fri l トイガン l コメント (4) トラックバック (0) l top

コメント

はじめまして。
はじめまして つぐつぐ様。

昨日物置から発掘したBSガンについて検索していて御ページにたどり着き、どの記事も面白く・興味深く、過去記事を一気に読ませて
いただきました。

これからもちょくちょくお邪魔させて頂きたいと思っておりますので、
以後お見知り置き願えましたら幸いです。
よろしくお願い致します /^^)。

鍛冶屋
2016.10.16 Sun l 鍛冶屋. URL l 編集
Re: はじめまして。
はじめまして、鍛冶屋さま

コメントありがとうございす。
BSガンの発掘!やっぱり発見した時はワクワクして少年の気持ちに戻りますよね(^^)
メンテや的撃ち、ディスプレイなど楽しめそうですね。。。

他の記事も読んでいただいたの事で嬉しく思います。
素人内容で間違っている部分も有り誤字脱字も多く、?な箇所も多々有るかと思いますが、
あたたかい目で観て頂ければ幸いです。
此方こそ、今後とも宜しくお願い致します。。。
2016.10.17 Mon l つぐつぐ. URL l 編集
もう一丁のBS-Gun
こんにちは ^^)。

だいぶ以前に発掘したウチにあったBS-Gun "レバーアクション高級銃"、じつは弾装が欠落していたんですが、この度やっと部品が入手できましたv。

つぐつぐさんのお持ちのとは違い、初期型(?)のストライカー(コルク銃)方式です。
エア式のシリンダーもあるので、そのうち比較したいと思っています。
2016.12.23 Fri l 鍛冶屋. URL l 編集
Re: もう一丁のBS-Gun
こんにちわ。鍛冶屋さん

発掘されたBS-Gunがコルク方式でしたか、これはこれで楽しめますね。
ぼくは懐かしいコルク(射的)銃も欲しくてナカヤ製をついつい-買ちゃいました。(http://freehobby.blog57.fc2.com/blog-entry-266.html#more)
つづみ弾とまた違ってコルクが飛び出す音は好いものですね。。。
2016.12.26 Mon l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/261-75503e20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)