相手、特に自動車のヘッドライト光を利用して自分の存在を知らせる為の大切な装備品が反射板「リフレクター」です。特に後方に関しては、自転車の道路交通法にあるように…夜間/ トンネル内/その他、暗い場所では反射器材の装備義務に、尾灯は橙色又は赤色点灯か、橙色又は赤色反射器材(後方反射板)を装備しなければならない事に成っています。なので、一般的な販売車の殆どは初めから装備されていますね。。。
      
また、その他に装備義務では有りませんが、フロントや前後タイヤのスポークなどに白色などの反射板「リフレクター」が標準で付いている事も多く見かけます。あとは、市販の様々な種類の反射板や点灯器に交換したり追加したりしてを自主的に安全対策を行っている方も居るようです。


で…ぼくが何気に見つけたのは、100円均一のダイソーで売っていたスポークに取り付けるホイールリフレクターで、カラーは“白・橙・赤”の2個入り3色展開!
cycle_reflector-01.jpg         
ホイールリフレクター自体はホームセンターや他の100円ショップでも普通に売っているのですが、この“赤色”に限っては珍しいのでは!っと思いました(ボタン電池内臓のLED点滅するホイールリフレクター タイプではありません)。ぼくが無知なだけかも知れませんが、大体売っているのは“白色”次に“橙色”でネット販売で見つけたモノには他に“緑色”“黄色”など変わり色も有りましたけど…“赤色”は他に見つけられませんでした。


しかも、このダイソーのリフレクターは形や大きさが標準で付いている“CAT EYE”製と非常に良く似ています。若干、ダイソーの方が細いですがスポークに付けてしまえば違いが判らないかとかと思います。。。
cycle_reflector-02.jpg     cycle_reflector-03.jpg
作りは断然“CAT EYE”が丁寧で高品質。反射率の違いも有るかと思いますが、ぼくのような素人目には気に成る程の違いは感じられませんでした。。。


自転車への取り付けは子供の18インチ“JEEP JE-18”、ぼくの26インチ“JEEP JE-268FTE”と26インチ折りタタミの後輪だけ。。。子供とは日中の明るい時しか一緒に走らないので、逆に後方は白色よりも赤色の方がキラキラと目立ち注意を引き付けている様に感じられました。
cycle_reflector-04.jpg     cycle_reflector-05.jpg
後輪のスポークリフレクターを白色から赤色に変えたからといって、自己満足かも知れませんが…100(108)円で外観を損なわない程度の見た目“アクセント”としては~ぼく的に「好い」かなぁと感じました。。。


Panasonic(パナソニック) LEDかしこいテールライト SKL090 ブラックPanasonic(パナソニック) LEDかしこいテールライト SKL090 ブラック
(2012/03/09)
Panasonic(パナソニック)

商品詳細を見る


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル ホイールリフレクターミニ イエロー Y-4738キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル ホイールリフレクターミニ イエロー Y-4738
(2012/03/09)
CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

商品詳細を見る


夜道で目立つ  スポーク LED ライト 2個セット夜道で目立つ スポーク LED ライト 2個セット
()
ノーブランド

商品詳細を見る


キャットアイ (CAT EYE) フラッシングセーフティ/テールライト TL-LD155-Rキャットアイ (CAT EYE) フラッシングセーフティ/テールライト TL-LD155-R
(2012/08/27)
CAT EYE(キャットアイ)

商品詳細を見る

関連記事

2014.10.13 Mon l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/249-59e1016b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)