上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1960年代、当時は今のように海外製の銃火器なのど詳しい資料が少なかった時代だったのと、人気だったのが海外の映画やドラマでスパイものや西部劇などだったらしいです。その影響で日本国内の映画やドラマ、漫画、アニメなどにも多く取り入れた様です。。。
maruzen_P38M-01.jpg
今回は、ぼくも大好きなモンキーパンチの「ルパン三世」に登場するルパンの愛銃…“Walther P38”ネタです。。。ルパン三世の原作は1967年漫画本が連載され、TVアニメとしては1968年にパイロットフィルムが制作されました。ぼくがTVアニメに嵌ったのは再放送も含め70~80年代、小学生の時からでした。特にキャラクターデザインはPART1、カリオストロの城の大塚氏や平山氏のタッチが好いなぁと思いますね。。。


っで、昨年の10月にヤフオクで偶然! 出品タイトル「ルパン三世 TV第一シリーズ ルパン ワルサー 当時物 設定資料」というモノを見つけました。しかも出品開始が0時0分で終了が6時27分と短時間…商品の信憑性が疑わしくも感じたのですが、出品者さんの評価も良かったので取り敢えず入札する事に。他の人が入札したら諦めるつもりだったから、スタート価格で入札…で、そのまま落札しちゃいました。。。
maruzen_P38M-02.jpg     maruzen_P38M-03.jpg
この品の詳細は画像でも読めますが下記の通りです。(出品説明文から複写)

「ルパン三世 TV第一シリーズ」
1971年10月24日~1972年3月26日に日本テレビ系列で放送。
◆ 大塚康生(キャラクターデザイン・作画)
◆ 宮崎駿・高畑勲(演出)

宮崎駿の初監督作品「ルパン三世~カリオストロの城」に続いていく名作TVシリーズ。

再放送される度に、ファンを増やしていき、現在に続くルパン三世シリーズの礎となりました。

このオークション品は、大塚氏が練りに練ったという人物・背景設計が垣間見える1971年制作当時の「Aプロダクション」の実際の現場で使用された貴重な資料に額装を施したものです。


「描かれた内容について」
ルパンの愛用拳銃「ワルサーP38」についてホルスターやルパンの手とともに詳細に描かれた1971年制作当時に現場で使われていた設定資料です。


程度(ランク)
Cランク(並下)
★約45年前の物により、大やけシミなどで紙質が劣化あり
★曲りクセ有
★一部線の褪色があります。


…と有りシッカリとした額に入っていますが本物かどうかは、ぼくには分かりませんけどね。。。この記事をみて何かご存知の方がいらっしゃいましたらコメント下さい(^^;)


さて、商品現物とご対面! 参考資料として双葉社から、ルパン三世のアニメ化40周年を記念して、ルパンのアニメ40年の全歴史を収録。巻末には、40年間の全サブキャラクター総索引を掲載したバイブル的書籍の“ルパン三世アニメ全歴史完全版完全版 [ リベロスタイル ]”です。一応、同じイラストが載っていますね。。。
maruzen_P38M-04.jpg   maruzen_P38M-05.jpg   maruzen_P38M-06.jpg
確かに、紙が古そうで、シミや折ジワなど劣化して雰囲気は有ります。まぁ現場で使うのなら自記筆の原紙は保存し、コピーを使うでしょう。もしかしたら複数枚のコピーの1つかも知れませんね。定かでは有りませんが…


子供の頃は今のようなリアルなトイガンは無く、P.38タイプだと近所の文房具店で買ったタイガー社の銀玉鉄砲やスケルトンの水鉄砲をズボンのボッケに入れ、友達とそれこそ1,2メートル程度の至近距離で走りながら撃ち合っていました。。。それから記憶は曖昧ですが…ヨネザワ製かマルイ製のツヅミ弾を使ったP38。中学生?でマルイのエアコキとプラモデル?の火薬使用のモデルガンで遊んだと思います。そう思うと、p38の形状に懐かしさと親しみを感じますね。。。
maruzen_P38M-08.jpg     maruzen_P38M-09.jpg
その後は、今は押し入れに保管状態と成っている固定ガスガンのWA製スーパーメタリックモデルとコマーシャルモデルの2丁、そして対策済みマルシン製マキシ(MAXI)と現行品のHWモデルの2丁です。。。そ・し・て・今更ですが、この「ルパン三世 TV第一シリーズ ルパン ワルサー 当時物 設定資料」の入手を機に、マルゼン製のガスブローバックガン ワルサーP38 しかも、限定扱いのブラックメタルを購入しました。


詳しいレビューなどは沢山の方が既にされているので、ぼくの処ではスルーします。。。
maruzen_P38M-10.jpg   maruzen_P38M-11.jpg   maruzen_P38M-13.jpg
それにしても、美しいシルエットと深い色合いのブラックメタルですね。各彫刻も精密で流石、ワルサー社とのライセンス契約により、実銃の図面提供を受けて作られた“Walther P38”ですね。インテリアとしても十分な品質だと思います。


因みに何故ブラックメタル(ac40)に拘ったかと云うと、設定資料にハッキリと“ac40”の軍用コード…つまり1940年生産の意味の刻印が描かれたトイガンは唯一この、マルゼン ブラックメタル(ac40)だけなのですね。。。マルゼンのP38シリーズには他に通常版のブラックモデル(ac41)、架空設定のシルバーモデル(ac40)の刻印に成っていますので、ルパンのP38に一番近い雰囲気はやはりブラックメタル(ac40)かなと…
maruzen_P38M-07.jpg     maruzen_P38M-12.jpg
因みに…他社製トイガンの軍用コード刻印ですが、知ってる限りで…エアコキはマルイ製(ac43)・トイスター製(ac43)。ガスガンだとWA(ウエスタンアームズ)製(ac44)・マルシン製マキシ(MAXI)&現行品(ac43)。あとバネガン(ストライカー式)のアオシマ製(ac42)。。。


“ac40”とブラックメタルはとても満足ですか…ただ一つ気に成ることが…それはブラックカラーのグリップ。これはこれで美しいのですが、ルパン似にするには茶系がイイなぁと思います。
maruzen_P38M-14.jpg     maruzen_P38M-22.jpg
ブラックモデル(ac41)はベークライト風の茶系塗装なんですけどね。。。


そこで!マルゼンから、ブラックモデル(ac41)のパーツを取り寄せる事にしました。今回、マルゼンでパーツ注文をするのは初めてなんですけど、東京マルイと比べると実に面倒です。。。
maruzen_P38M-15.jpg     maruzen_P38M-16.jpg
マルイや他メーカーの一部では取説の後ページなどにパーツリストや価格など載っているのですが、マルゼンの場合は先に切手同封しパーツリスト(コピー紙)を購入します。そして、必要なパーツをサポート電話で問い合わせ送料が確定します。確定したら、紙に必要事項を書いて現金書留でお支払いと成ります。。。なので画像に写っている有料のパーツリストにはボカシを入れて有ります。


ac41用のグリップが送金してから10日位で到着しました。
maruzen_P38M-17.jpg   maruzen_P38M-18.jpg   maruzen_P38M-19.jpg
グリップ左右の他に序にスクリューとスクリューカラー一式も購入しました。グリップウエイトは再利用します。ac41のグリップ塗装の模様ですが、思っていたイメージとちょっと違ってベースにポタポタと細かい滴をたらしたような斑模様でベークライト風?には見えないwwwまぁ折角なので取り付けますけど…いずれ木製に変えようかなぁなんて思っています。。。


右側のスクリューナットは外径のギザギザがグリップに食い込むのである程度、手で押し込んでからスクリューで締め付けると綺麗に収まります。。。
maruzen_P38M-20.jpg     maruzen_P38M-21.jpg
グリップの色が変わるだけで全体のイメージも変わりますね。これでルパンの愛銃、P38のイメージに更に近づいたかなぁ~



2014.05.22 追記:

参考までに…ブラックメタルのカラー繋がりで、WA(ウエスタンアームズ)製のスーパーメタリックモデルを押し入れから引っ張り出してきました。。。
maruzen_P38M-23.jpg   maruzen_P38M-24.jpg   maruzen_P38M-25.jpg
ガス漏れは既に修理しているので、動作は快調です。古い物ですが、この光沢の有るスーパーメタリックも奥深いブラックですね。。。


記念にツーショット!マルゼン製のは半艶ですが、WA製はモロ光沢ですね。どちらも光の加減で深い色合を放ちます。時代の差は有りますが、どちらも良いモノですね。。。
maruzen_P38M-26.jpg   maruzen_P38M-27.jpg   maruzen_P38M-28.jpg   
更に…P38繋がりで。WA(ウエスタンアームズ)製のスーパーメタリックモデルとコーマーシャルモデル。。。


更に更に…マルシン製のマキシ(MAXI)ミリタリーモデル※対策済みと現行品のハードウエイトモデル
maruzen_P38M-29.jpg   maruzen_P38M-30.jpg   maruzen_P38M-31.jpg
マルシンのはグリップを握ると…薄く感じ、ぼくはシックリしませんね。。。


集合…ガスガン以外にもP38は有るのですが、取り敢えずガスタイプの紹介だけにしときます。。。
maruzen_P38M-32.jpg   P38M-33.jpg   P38M-34.jpg
コメントして頂いた方から貴重な情報によると80年代当時にアニメショップで複製品が売られ、紙の端辺りにショップ名など印刷されているらしいとの事で…確認の為、オークションで落札した“設定資料”を額から出してみました。。。一応…何処にも印などは有りませんでした。 教えて頂き、本当にありがとうございました。



   


      


関連記事

2014.05.21 Wed l トイガン l コメント (6) トラックバック (0) l top

コメント

No title
こんにちははじめまして。 とても楽しそうなブログですね。エアガン繋がりで検索して拝見させていただきました。主さんはまだ40代かなーとお見受けしましたが、老眼のある歳の人間としては文字が小さすぎて読むのがつらいです(苦笑

件のものですが、当時の資料の可能性もあると思いますが、そもそもがスタッフに配るために作った資料ですからコピーで量産されています。 また、80年代にアニメブームがあったときにアニメショップで複製品が売られていました。(もしかしたらそちらには隅っこにショップの名前が印刷されたかもしれませんけど、さすがに旧い記憶なのでそのあたりよく覚えていません) それにしても・・・新作の青ルパンおもしろくなかったですね。 見ていて恥ずかしい位の出来で悲しくなりました・・w
ではでは
2016.04.21 Thu l rakan. URL l 編集
Re: No title
こんにちは、rakanさま コメントありがとうございます。

はい、歳は四十半ばです(^^;)、私も最近老眼に成り始め、仕事の細かい作業などに支障が出ています。
また気力は有るのですが…ブログの更新も途絶え気味です。。。

設定資料の情報、ありがとうございます。
そうですよね。Aプロダクションの現場の物といってもスタッフに配られたものでしたら枚数も多いですよね。
一応、確かめたのですがショップ等の名は有りませんでした。
額もに入っていますので、今は部屋のインテリアとして飾っています。

新作の青ルパン…全話と金曜ロードSHOW!も見ました。(録画もしました…)
ぼく的に、特に「ダ・ヴィンチ」ネタは?でしたがそれよりも次元の声優さん、
小林清志さんの渋い声が聴けたのは良かったと思いました。
2016.04.22 Fri l つぐつぐ. URL l 編集
No title
つぐつぐさん、さっそくの返信ありがとうございます。

・・・額に入れてるじゃないですか? ・・だから隅っこが白枠の抑えで隠れていてバラして確認しないとこの画像だけじゃわからないなー・・って、オモイマシタ(笑)
では~。
2016.04.22 Fri l rakan. URL l 編集
Re: No title
こんにちは、rakanさん
言葉足らずで済みませんでした。端っことの事なので勿論、額から出して確認しました(笑)
一応、記事の一番下に額から出した状態の画像を2枚追加しました。
この度は、貴重な情報を提供して頂きありがとうございます。。。
2016.04.22 Fri l つぐつぐ. URL l 編集
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2016.04.24 Sun l . l 編集
Re: No title
こんにちは、rakanさん
いえいえ、お恥ずかしい限りです。ただのド素人の日記です(汗)。どうも物忘れが多くて…

VSRのカスタムは奥が深いですよね~ ぼくはのは、こわくてノーマルのままです。
でも、やっぱり…あーでもない、こーでもないって色々考えながら試行錯誤している時が一番楽しいかも。
2016.04.25 Mon l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/240-7729cc90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。