上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
中華製エアーソフト・トイガンの中でも知名度の高い“Double_Eagle (ダブルイーグル)”社、樹脂材を主体にし、全体的に低価格の割りには他のチープモノより品質が良く、超チープからそこそこ良い?品まで多品種を製造してマニアの間では人気が有ります。しかし残念ながら既に倒産していると聞いていましたが、最近、理由は分かりませんが一部の種類は再製造販売を始めた様です。。。海外製品なので何時また中止に成るか分からないのでダブルイーグル製が好きな人、初めて電動ガンを弄ってみたいという人などは、見つけたらゲット!したほうが良いかも知れませんね。。。
   DoubleEagle_CM804A2-01.jpg   DoubleEagle_CM804A2-02.jpg
っと云う事で…“RSBOX”さんで1/1スケール“Double_Eagle M804”(HK416タイプ)を2個、予約販売で購入しました。。。

【付属品】
☆本体、バッテリー、マガジン、フラッシュライト、充電アダプター、スコープ
【充電時間】
☆初回12時間.2回目以降8時間
☆説明書(中国語、英語表記)
【サイズ】792x270x75mm
☆セミオート、フルオート切替可能
☆飛距離約40~50メートル以上
☆初速107mps0.12g
☆連射性能706RPM


化粧箱は印刷も組み立ても綺麗で、日本製品と変わらないほど良くなっているのにビックリしました。。。
DoubleEagle_CM804A2-03.jpg   DoubleEagle_CM804A2-04.jpg   DoubleEagle_CM804A2-05.jpg
オプションや付属品も揃っていて性能は兎も角、箱出しで直ぐに遊ぶ事が出来る親切さですね。とても好感が持てます。。。


本体は HK416 デザインに良く似ていますが、残念といえばグリップ形状がコルト社のM16/M4系フィンガーグルーブ有りタイプに成っている事…しかもフレームと一体式なので交換不可…
DoubleEagle_CM804A2-06.jpg   DoubleEagle_CM804A2-07.jpg   DoubleEagle_CM804A2-08.jpg
全体の殆どは樹脂で出来ていますが、所々負担の掛かる所には金属パーツを使っていて、全体に艶消しブラックの塗装を施して有ります。また刻印は、ダブルイーグルのオリジナルでトリガーの上部に独自管理のシリアルナンバーが打たれてあります。樹脂製なのでモナカ構造に成っていますが、なるべくネジが目立たない様な工夫はされています。


アウターバレル、フラッシュハイダーは樹脂製で残念な事にフラッシュハイダーは接着され外れません。
DoubleEagle_CM804A2-09.jpg   DoubleEagle_CM804A2-10.jpg   DoubleEagle_CM804A2-11.jpg
ガスブロックも樹脂製ですがスリングホール、エマージェンシーフロントサイトは金属製です。可倒式フロントサイトなので側面のスイッチでロック解除で3段階固定出来ます。因みにレティクルは固定です。


HK416風の特徴的な20mmレシーバートップレールも樹脂製ですが、厚みが有りシッカリと固定されています。
DoubleEagle_CM804A2-12.jpg     DoubleEagle_CM804A2-13.jpg
可倒式リアサイトのレール固定部分と左右調整ダイヤルは樹脂製ですが、サイト孔は金属製でダイヤルを回して大・中・小のサイズ切替が可能です。


チャージングハンドルを引くとマルイ製と同様にダストカバーが開きHOP調整も出来ます。
DoubleEagle_CM804A2-14.jpg     DoubleEagle_CM804A2-15.jpg
ダミーボルトは付いてませんので、ゴールドのシリンダーが目立ちますね。。。


マガジンを抜いて覗くと…プラメカボが見えますね。
DoubleEagle_CM804A2-16.jpg   DoubleEagle_CM804A2-17.jpg   DoubleEagle_CM804A2-18.jpg
メタル製多弾装250連マガジンは巻き上げタイプで、親切に蝶ネジが付属しています。また、マルイ製マガジンは多少キツイ様ですが、マルイ製に対応した海外製の他製品だとピッタリ合う物も有るようです。流通の多い他社のものが使えるのは助かりますよね。。。


勿論、ポジション機能付きのストックですが、バットプレート部分、ストックチューブも樹脂製です。せめてバットプレートぐらいはラバー素材にして欲しかったです。
DoubleEagle_CM804A2-19.jpg   DoubleEagle_CM804A2-20.jpg   DoubleEagle_CM804A2-21.jpg     
バッテリーはタミヤタイプのミニコネクター仕様で“Ni-MH 2/3AP 650mAh 8.4V”が入っていました。


メカボックスを見てみたいので分解してみましょう。
DoubleEagle_CM804A2-22.jpg   DoubleEagle_CM804A2-23.jpg   DoubleEagle_CM804A2-24.jpg
ストックチューブの中で固定している六角穴付ボルトを外します。次にトップとエンドレールのビスを外します。ココのビスはタッピングビスではなくアッパーフレーム内の六角ナットと固定しているので、レールとの固定は強度が有り、ドットサイトなどのアクセサリーも十分取り付けられる感じです。アウターバレル、ハンドガード、アッパーとロアフレームは一体式のモナカ構造のため、右側のタッピングビスを全て外します。


ただ、フラッシュハイダーは接着されているため、完全割りは出来ません。。。
DoubleEagle_CM804A2-25.jpg     DoubleEagle_CM804A2-26.jpg
仕方が無いので半開き状態で、メカボックスとインナーバレル~ホップアップチャンバー一式を引っこ抜きました。


透明樹脂のメカボックスです。マルイの電動ガン、“ライトプロ”のに良く似てますね。。。
DoubleEagle_CM804A2-27.jpg   DoubleEagle_CM804A2-28.jpg   DoubleEagle_CM804A2-30.jpg
各ギアも樹脂製ですが見た感じだと一応、シムが入っています。グリスは乳白色でたぶんと云うか樹脂用使うでしょうね。


シーリングノズルはバリも無く良いと思います。ハイトルク?モーターの規格は分かりませんが小さめ。
DoubleEagle_CM804A2-29.jpg     DoubleEagle_CM804A2-31.jpg
実はメカボックスを開けてみようと思ったのですが、ギアなども樹脂で構成されているので強度的に気が進まないので開けません。。。それに各パーツはバリや粕、変形も見受けられないので調整などする必要も差ほど無いのかなぁと…これで7.4Vのリポバッテリーを使ってレスポンス上げたら、負担が多くなり破損する可能性大だし…


アルミ製インナーバレルとホップアップチャンバー周りを見てみましょう。
DoubleEagle_CM804A2-32.jpg   DoubleEagle_CM804A2-33.jpg   DoubleEagle_CM804A2-34.jpg
チャンバーパッキンは口周りにバリが少し有り、材質も若干硬めな様なので、マルイ純正のパッキンに交換します。長さが多少違いますが取り付けには問題ありません。。。チープモノなのでこれ以上は内部に手を加えず元に組み戻します。


付属のオプションを装着してみました。。。
DoubleEagle_CM804A2-35.jpg
全体的な位置付けと云うかコピー元は、やはりマルイの“ライトプロ”かと思います。がマルイには無いラインアップと低価格、そして価格以上の高品質です。インドアや軽いゲーム感覚なら十分楽しめると思います。


後に成りましたが、付属品とアクセサリーの紹介。。。
DoubleEagle_CM804A2-58.jpg   DoubleEagle_CM804A2-59.jpg   DoubleEagle_CM804A2-60.jpg
スリングの金具はカバンなどに使われている物と同等ですが、ナイロンベルトは意外と肉厚でイイです。6mmBB弾はチープモノに付いてくるバリ付きでは無く研磨された普通の弾ですね。。。


アクセサリーのフラッシュライトには単4乾電池3本が付属しています。外観は無塗装の為、プラスチック肌がよりチープ感増しに成っていますね。。。
DoubleEagle_CM804A2-36.jpg   DoubleEagle_CM804A2-37.jpg   DoubleEagle_CM804A2-38.jpg
電球は中華チープガンご用達のブルーLEDでは無く…5.5mm径のミニチュア球でした。投光はオレンジ系の暖色で暗く斑だらけ…オマケ程度のアクセサリーですが折角なので少し手を加え、省エネ・激光の自作LED球に改造してみます。。。


先ずは、ミニチュア球を取り出します。
DoubleEagle_CM804A2-39.jpg   DoubleEagle_CM804A2-40.jpg   DoubleEagle_CM804A2-41.jpg
交換する白色LEDは手持ちの在庫品で“NICHIA製 NSPW510HS-K1 b2W Vf:2.8Vtyp Ih:20mA 12.4-17.3cd 30℃”を使用します。電源は付属の1.5V単4乾電池が3本使用でテスター測定値の通り、100円均一品と同様にチョッと低めで電源電圧-直列4.4V。まぁ時期に交換するとして…4.5V基準に使用するLED電圧2.8Vなので抵抗器を入れます。


直列に接続する抵抗値の計算式(オームの法則)は(抵抗(Ω)=(電源電圧4.5V - LED電圧(Vf)2.8V)÷ LED電流0.02A = 85Ω)に成りますが、手持ちの抵抗器に1/8W 85Ωが無かったのでそれに近い1/8W 82Ωを使いました。82Ωを使っても計算上の実電流は20.73mAなので電池や抵抗器、LED自体にも精度や環境によっても許容誤差が有るから問題無いですね。また82Ωの抵抗器より発光効率を少し上げたいのなら62~75Ω辺りで実験してみるのも良いかと思います。
DoubleEagle_CM804A2-42.jpg     DoubleEagle_CM804A2-43.jpg
電球ソケットのスペースが少ない為、抵抗器はLED+端子の根元にハンダ付けしました。また、ハンダ付け部の強度が弱いのでエポキシ樹脂系の2液性接着剤を塗布して補強しました。。。


外したミニチュア球とLEDのサイズは殆ど同じ位ですね。
DoubleEagle_CM804A2-44.jpg   DoubleEagle_CM804A2-46.jpg   DoubleEagle_CM804A2-47.jpg
純白光に変わったフラッシュライトは、デザインは兎も角…一応~実用的に成ったのでは!と思います。。。


次のアクセサリーは、+字レティクルは赤2段階調節と左右上下調整が可能なドットサイトスコープでちゃんとボタン電池も付属しています。本体の表面はM804と同じく艶消しブラックで塗装されていますが組み立ての仕上げは雑ですね。。。
DoubleEagle_CM804A2-48.jpg   DoubleEagle_CM804A2-49.jpg   DoubleEagle_CM804A2-50.jpg
一応、正面レンズには反射防止のレッド・コーティングに成っていますが、個体差か擦れが目立ちます。残念なレンズ直径は約1.7mmと小さい…


電池室は電源スイッチ兼、赤2段階調節ダイヤル上部の蓋を開けます。
DoubleEagle_CM804A2-51.jpg   DoubleEagle_CM804A2-52.jpg   DoubleEagle_CM804A2-53.jpg
確かに左右上下調整が可能ですが、調整範囲が狭く実用的ではないですね。それに約1.7mm窓は小さく不便です。。。


付属のドットサイトスコープは飾りモノ程度で実用的で無いため、別途に似た様なデザインの激安品ドットサイトスコープを購入してみました。
     DoubleEagle_CM804A2-54.jpg
この中華製ドットサイトスコープのベースモデルは製造国は勿論、日本でも数多く出回っているモデルの1つです。“BOMBER”さんでも販売数と高評価の多い“ 緑/赤5段階調節 1x30 ドットサイトスコープ”は、ナント送料込みで3千円以内で買える実用的な激安品。…でもぼくはもっと安く海外通販で購入しましたけど(^^;)


M804付属のドットサイトスコープ1×1.7?と新たに購入したドットサイトスコープ1×30との比較。
DoubleEagle_CM804A2-55.jpg   DoubleEagle_CM804A2-56.jpg   DoubleEagle_CM804A2-57.jpg
こうして並べてみると、1×30のスコープが高級品に見えてしまう。。。


中華製の樹脂ベース電動ガンは、作りに多少チープなところも有りますが室内で気軽に遊ぶには、パワーも低めだし割り切って使えば十分楽しめるシリーズかと思います。
      
更にアクセサリー類を足すなら其れなりのランクモノを選べば、それはそれで満足仕様に出来るかも知れませんね。。。“RSBOX”さんでは他にも違う機種が有るので、見ていると欲しくなっちゃいますよ。。。


アクセサリー装着してみました。。。自分用?のは以前の記事でも紹介した“EOTech 551タイプ”のホロサイト型のドットサイトと、ERGOタイプのラバー製レイルカバーを着けました。。。
DoubleEagle_CM804A2-61.jpg     DoubleEagle_CM804A2-62.jpg
もう一つは上記で紹介した“ 1x30 ドットサイトスコープ”と、 MAGPULマグプルタイプ AFG2 アングルフォアグリップ VER2 にLED化したフラッシュライト…。



   


関連記事

2014.04.09 Wed l チープ トイガン l コメント (19) トラックバック (0) l top

コメント

これは・・・
初めてコメントいたします。
私もM804を検討しています。
細かい解説の載ったものがなかなかないので
とても参考になりました。
2015.04.27 Mon l チープ好き(お金がない訳じゃ・・・). URL l 編集
Re: これは・・・
チープ好き(お金がない訳じゃ・・・)さん

こんにちは、コメントありがとうございます。
ぼくもお金が無い訳じゃないけど…チープモノが結構好きですよ(笑)
国内メーカーモノは品質が良くて当たり前なのでね…
敢えて突っ込み処の多い中華系で遊んでしまいます。。。
2015.04.27 Mon l つぐつぐ. URL l 編集
返してくれるかな...
時期が空いてるので返信くれるか心配ですが今m804を買おうか検討中です。それで質問なんですがマルイ製のパッキンとはm416専用パッキンですか?あと付属のスコープは覗く窓を削ることはできなそうですか?
返信お願いします。
2015.05.19 Tue l m4系大好き. URL l 編集
Re: 返してくれるかな...
こんにちは、m4系大好き さん。コメントありがとうございます(^^)
ご質問のマルイ製HOPチャンバーパッキンの件ですが、電動ガン用で特に専用とかではないですよ。
なのでM416やM4、P90などでも使える共通パーツです。
Amazon.comやヤフオク、楽天、ミリタリーショップなどで「電動ガン マルイ純正パッキン」と
検索すれば1個、約320円位から販売されています。

付属スコープの覗き窓を削る事は難しいかと思います。ぼくも購入前は少し考えてはいたのですが、
現物を見ると…狭いのは窓だけではなくドットを反射屈折させる中の筒も狭いので無理そうです。
それに手間を掛けて改造してまでの精度は無く、おまけ程度のスコープですから。。。
2015.05.20 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
ありがとうございます
細かく説明ありがとうございました。
これを参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
2015.05.20 Wed l m4系大好き. URL l 編集
質問を一つお願いします!
自分は最近サバゲーを始めました!
最初はマルイのガスブロM92Fで参加しました。
するとやはり長物の強さに惹かれ
長物が欲しくなりこのm804を買うことにしました!
そこで質問なのですが
ストックを変えるとなると416系のストックでは無いと駄目なのでしょうか?m4なりm16なりのストックでも大丈夫でしょうか?
2015.06.17 Wed l 変態銃の鏡. URL l 編集
Re: 質問を一つお願いします!
こんにちは、変態銃の鏡 さん コメントありがとうございます。

m804のストックをM4なりM16なりのストックに変える事は他の電動ガン同様、基本的に可能です。
ただし!注意点としては他社製に変える事でストックパイプとの相性…例えばガタツキ又は、
キツイ、ホジション位置などの微調整や大がかりな改造をしなければならない可能性も有ります。
まぁ、m804純正ストック自体、ガタツキは有りますけど…
かといってストックパイプから変えればと成ると、市販品ではメタル製が殆どかと思いますので、
m804の樹脂フレームに負担が増し強度的な不安は有りますし。。

m804購入後、お友達にm4なりm16なりのユーザーが居るのであれば試させてもらい、一番良さそうな
メーカーのモノを選ぶのが安心かと思います。

2015.06.18 Thu l つぐつぐ. URL l 編集
教えてください...
M804を観賞用&友人参加時サバゲ用に購入しました。
15発撃った程度でトリガーを引いても無反応...
時間を置いてフル、セミ切り替えながらトリガーを引くとミュ...ボシュ..
おそらくトリガーんお接点がおかしいのだとは思いますが、このM804トリガー接点は独自のものでしょうか?
もし症状に検討が付きましたらご教授ください;;
商品到着と同時に塗装してしまい、交換すらできそうもありません...;;
2015.07.15 Wed l 恐るべしM804. URL l 編集
Re: 教えてください...
こんにちは、恐るべしM804 さん コメントありがとうございます。
マルイのライトプロでもスイッチの弱さに指摘が有りますのでご推測の通り、接点当たりかも知れませんね。
又は、各ギアのクリアランスやケーブル接続など…
M804トリガー接点はプラメカボを分解した事が無いので断言できませんが基本コピーなので独自性は余り無いと思います。
またブラメカボ分解は18歳以上のver.2メカボより神経と手間が掛かるのでスキルが有れば可能かと…
ぼくは自信が無いので諦めました。。。
2015.07.15 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
No title
ご丁寧なご回答ありがとうございます。
今日は早く仕事を切り上げ、お教えいただいたことに
注意しながら分解しました。
メカボは分解ぜず、メカボ単体で作動テスト
キュポポポポ...
キュポ、キュポ、キュポ...
動くじゃないですか...
チャンバーを押し込みながら組み付けてネジ留めせず試撃
しーーーーーーーーーーーーーーーーーん
なんでやねん!!(笑)
何回組みなおしてもこうなります...
何が原因か検討がつきましたらご教授ください;;
宜しくお願い致します;;
2015.07.15 Wed l 恐るべしM804. URL l 編集
Re: No title
恐るべしM804 さん こんにちは。

メカボ単体での作動テストが正常との事で安心しました。
確認ですがシーリングノズルは作動してますよね?
チャンバー組み込みでノズルが動かないのであればココに負担が掛かっていると思われるので、
シーリングノズルとチャンバー周りの組み込みと位置関係(メカボとチャンバーが水平)などの確認。
シーリングノズルとチャンバーパッキンのクリアランス。
辺りかな…

2015.07.16 Thu l つぐつぐ. URL l 編集
度々本当に助かりますm(_ _)m
こんにちは。
度々ご丁寧な回答ありがとうございます。
昨日、異常に単体のサイクルが遅くなり、
メカボ分解しました。
清掃し、ハンダをやり直しました。
軽快に動くようになり、全部組み付け、
マガジン挿入、発射!
ぱらぱらぱら…
弾が四方八方にばら撒きマシンになり、
あげくまたキュ…動かなくなりました。
グリップまわりを挟み込むと止まり、
開くと軽快に動くので、モーター周りの
配線を触ると、プラス端子側が
どうも調子が悪いようです。
配線というよりモーターに問題があるようです。
症状として、ボーイズブローバックに
マンガン電池を入れた時に似ています。
今晩もあれこれやってみます!
発射不良はやはりチャンバー周りでしょうか?
度々しいません…
2015.07.16 Thu l 恐るべしM804. URL l 編集
Re: 度々本当に助かりますm(_ _)m
こんにちは、恐るべしM804 さん

メカボ分解と調整したのですか~ 流石です。

グリップを周りを挟み込むと止まるのでしたらプラメカボの材質が悪さして
少なからず軸受けやギア周りもが圧迫されピニオンギアにもの影響しているのかも?

弾のばらまきはやはりチャンバー周りの可能性が大だと思います。
パッキン交換やインナーバレルの確認も必要かも知れませんね。
2015.07.16 Thu l つぐつぐ. URL l 編集
また質問です
こんにちは。
また質問なんですが、この商品にマガジンキャッチボタンはありますか?そのままマガジンを引き抜く感じですか?あとマガジンキャッチボタンがあった場合押すとマガジンは自由落下しますか?お願いします。
2015.08.14 Fri l m4系大好き. URL l 編集
Re: また質問です
m4大好き さん、こんにちは(^-^*)/
マガジンリリースボタンは有りますよ!しかもマガジンキャッチ共にメタル材です。
ボタンを押すと付属の純正マガジンはスチール材なので、普通に自由落下しますよ。。。
2015.08.15 Sat l つぐつぐ. URL l 編集
質問
申し訳ないのですがまた質問です。他の中華製電動ガンの紹介などを見てて思ったのですが、こちらの商品のセレクターレバーは両方から操作可能ですか?
2015.08.18 Tue l m4系大好き. URL l 編集
Re: 質問
こんにちは、m4系大好き さん
こちらの商品のセレクターレバーは左側、片面だけの操作に成りますよ。
因みに右側のセレクターレバーカバーはダミーで固定されています。
安価なプラ主体商品なので、こまかい所の再現は無いですね。。。
2015.08.19 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
ん~
私もこれを購入しました!で、質問なんですがチャージングハンドルは交換出来ますか?あと分解したいんですがどうやってストックチューブの中の六角レンチを外したんですか?読みにくい文だと思いますが返信お願い致します
2015.09.26 Sat l いけにえ. URL l 編集
Re: ん~
こんにちは、いけにえ さん
チャージングハンドルは取り外し出来ますが、交換に対応するパーツが有るかは分かりません。
構造は一緒なので、少なからず加工などの工夫が必要かも知れません。
ストックチューブの中の六角ボルトは画像にも写っていますが、長め(15cm〜)の六角レンチです。
ホームセンターなど工具類を多く扱っている処に有りますので、今後、色々なライフルを扱うなら
一本は持っていると良いかも知れませんね。
2015.09.26 Sat l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/236-a0ec4f93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。