AmazonやYAHOO!ショッピング、楽天市場などで見かける激安な「ボルトアクションのエアガンライフル MB-02 」です。実は、過去の記事にも紹介した海外からの輸入品“Well Sharp-Shooter sniper rifles MB07D (バイポット&スコープ付セット)”と同シリーズのモノですが、これは、中国メーカーの“Well”から出ている東京マルイの“ VSR-10 G_SPEC ”のコピーです。まぁ Well社“MB-02”に限らずマルイ“VSR-10”の海外コピーは他にJG(Jing Gong)社の“BAR-10G”・Tercel社“M700”・AGM'社“MP001D”・Action Airsoft社“V-10”・ノーブランド品など多数…しかもそれをベースに多品種化していますね。。。また、これも過去のブログにも乗せましたが、Snow Wolf社“M24”などは、マルゼン社“APS-2”コピーとのコラボとか反則技満載です(笑)。。。

ぼくの場合、楽天ポイントが少し貯まっていたので楽天市場のショップで買う事にしました。ショップによって販売価格に差が有り、防犯・防災グッズ通販所さんか、お宝通販さんにするか迷いましたが、お宝通販さんだと購入後レビューを書けば送料無料に成るし、更にオマケも付いているとの事で此方のショップに決めました。


MB-02 の販売には2種類有り、バイポッド付きの木目仕様バイポット無しのブラック仕様でどちらも同価格です。
     
ストックの色に拘らなければ当然バイポット付きの木目仕様がお得ですが、残念な事に在庫切れ…


諦めようかと思いましたが、送料無料で8,000円以内で買えるお得感から我慢できずバイポット無しのブラック仕様を買っちゃいました。。。
   WILL_MB02-01.jpg   WILL_MB02-02.jpg
画像の化粧箱は木目仕様のスコープ付きですが、右下のバージョンに黒マジックでチェックがされている通り“MB-02G”だそうです。あとオマケ?のボトル入りBB弾2000発とプロターゲットが付いてきました。。。


本体を見る前に気に成る~オマケ?の二品を見ると…
WILL_MB02-03.jpg     WILL_MB02-04.jpg
折り畳み式のプロターゲット~マルイのコピー品…とボトル入り6mmBB弾2000発…エアガンは18歳以上のモノですが、弾の重さは何故か0.12gです。でも商品説明欄にはちゃんと「※市販のBB弾を使用される場合は0.12gBB弾(6mm)をご使用ください 」と書いてあるので其れなりの理由が有るのでしょうね。。。ぼくはこの0.12gBB弾は、お座敷シューター用に10歳以上用の“SⅡS TSR-Desirous(デザイラス)”や“東京マルイ ニュー銀ダン”に使いますよ。


それでは本体を見てみましょう。
WILL_MB02-05.jpg   WILL_MB02-06.jpg   WILL_MB02-07.jpg
オプションが無いバージョンなので箱の中はスカスカですね。付属品は、スリング、BB弾、BB弾ローダー、クリーニングロッド、レンチ、ドライバー、予備のマガジンキャッチSPと関連するSPです。エアガン本体は、流石コピー!ぱっと見マルイVSR-10 Gスペックと同じですね。。。


で、箱の中を見て気付いたのですが…たぶんモルタルが崩れたらしい粉末が入っていました。。。こういうのを見ちゃうと、製造現場ってコンクリート塀に囲まれた湿った倉庫か?それとも砂煙の立つ様な屋外での作業か?とか…そんな環境を連想しちゃいますね。。。
WILL_MB02-08.jpg     WILL_MB02-09.jpg
チャンバー周りを覗くと、グリスに付着した砂も有りコレはショップで検品してないかも…この状態でコッキングしたら故障の原因に成る可能性が高いですしね。。。


ぼくの場合、以前から海外製品は極力、箱出し動作は避けているため特に主要箇所は直ぐに分解してメンテします。
WILL_MB02-10.jpg   WILL_MB02-11.jpg   WILL_MB02-12.jpg
分解方法はマルイのVSR-10と同じです。因みに画像の20mmレール上の六角ナットは緩めるだけでOK


ピストン回りもグリスでベタベタで、砂や削れた鉄粉などが付着していました。。。
WILL_MB02-13.jpg   WILL_MB02-13.jpg   WILL_MB02-14.jpg
品質の怪しいグリス除去の序に各パーツは簡単なバリ取りと擦り合わせ修正をしてからパーツクリーナー等で洗浄します。

モルタルの砂を集めたらこんなに集まりました。どうやら中華モノ超安価なチープガンにオモリとして、よく使われている事の多いモルタルの塊がストック内で崩れ、シャーシを填める穴から、ボロボロと出てきているのが解りました。
WILL_MB02-15.jpg   WILL_MB02-16.jpg   WILL_MB02-17.jpg
それと“Well MB07D”の時と同じ設計ミスコピーミスなのか「現場合わせ」的な加工で、チャンバーの固定ビスがヤスリで一緒に削られています。。。


それではチャンバー類を分解してインナーバレルの調整と掃除をします。
WILL_MB02-18.jpg WILL_MB02-19.jpg WILL_MB02-20.jpg WILL_MB02-21.jpg
HOPパッキンは硬質でパサパサした感触で、口の部分がバリと傷が多く質の悪いゴムみたいですね。。。インナーバレル内部のバリを取り、コンパウンドで研磨してツルツルにします。仕上はバレル内を洗浄…汚れが凄いですね。。。


Well純正から交換するHOPパッキンは、マルイ VSR-10 シリーズ対応の“PDI製 Wホールドチャンバーパッキン”で、耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に優れた「硬度50」の柔らかい国産ニトリルゴムを採用している為、温度に左右されにくいのが特徴です。
WILL_MB02-22.jpg WILL_MB02-23.jpg WILL_MB02-24.jpg
しかし…ココで問題発生、WellとPDIのHOPパッキンを比べてみると外形の太さが若干違うようで、Wellの方が細くPDIのHOPパッキンをチャンバーに納めると外周の2つのリブが潰れ、HOPパッキンが楕円形に成ってしまいました。仕方が無いのでチャンバーブロック内のリブが当る部分をリューターで適当に削りました。。。


PDIのHOPパッキンは、マルイ純正のHOPパッキンよりも硬度が低く柔らかい為、HOPレバーの凹がHOPパッキンにめり込み上手くWホールドリブが出てきません。そこで、HOPレバーの凹に厚さ0.5mmのアルミ板を被せ瞬間接着剤で固定しますが、被せる前にアルミ板の厚さと同じくらいHOPレバーの凹の先端を均等に削ります。。。
WILL_MB02-25.jpg WILL_MB02-26.jpg WILL_MB02-27.jpg WILL_MB02-28.jpg
HOPレバーを軽く押さえてみると、Wホールドのリブがちゃんと機能しているのが判りますね。。。


次は、シリンダーのメンテをします。シリンダーヘッドにはデチューンの為の弾速制御用のスクリューが入っています。海外サイトの情報で見つけましたが、(0.20g)で Before (310FPS)/ After (450FPS) だそうです。スクリューが入っている(310FPS)だと単純に1J以下に成りますね。。。
WILL_MB02-29.jpg   WILL_MB02-30.jpg   WILL_MB02-31.jpg
ピストンのOリングはこのままでも使えますが、品質に不安が有るためホームセンターで購入した水周り補修用のOリング(ニトリルゴム)に交換します。


ピストンヘッドのゴムは過去の記事“Well MB07D”や“Snow Wolf M24 ジャングルカモ”にも使用した驚異的な衝撃吸収力素材“三和(サンワ) 耐振両面テープ(ソルボセイン) SA90381A”を使います。あと、ぼくの場合ソルボセインだけの使用だと打撃によって劣化が早まると思い、気休めですがホームセンターで買った0.1cm厚のゴム板も一緒に貼り合わせました。。。
WILL_MB02-32.jpg WILL_MB02-33.jpg WILL_MB02-34.jpg
最近は、ソルボセインを使った“LayLax/PSS10 ライラクス製VSR-10ダンパーシリンダーヘッド用 サイレントダンパー”などの製品が販売されているので使ってみるのも良いかも知れませんね。


Well純正のピストンヘッドですが…ノズル先端と内側面の穴位置がズレていて、試に内側面の穴を広げたけど加工に納得逝かず…交換する事にしました。
     WILL_MB02-35.jpg
選んだのは、VSR-10やその互換品に対応したスチール材製シリンダーヘッドの“PPS製 強化スチールシリンダーヘッド/VSR用 [PPS-CYL-12018]”を使う事にしました。


このPPS製 強化スチールシリンダーヘッド”は、ノズルの先端のほうにOリングが付いていて、HOPパッキンとの気密性を高める設計に成っています。そういえば過去にPDI製でよく似た製品が有ったような…
WILL_MB02-36.jpg   WILL_MB02-37.jpg   WILL_MB02-38.jpg
スプリングには、グリスに砂や色々な粕が付いてました。交換する日本製スプリングは ORGA AIRSOFTで以前まとめ買いした、APS互換(APS / SW-M24 / WELL)“Magnus Spring for APS”を調整しながら切断して使用しました。


あと序に気密性を高める為に水道、空気配管に使用する“シリコンシールテープ”をシリンダーヘッドのネジ切り部分に巻いてシリンダーとの気密性を高めます。また、ノズル先端に有るOリングにシリコングリスを薄く塗り込みHOPパッキンとの摩擦を減らしました。
WILL_MB02-39.jpg   WILL_MB02-40.jpg   WILL_MB02-41.jpg
Well純正の樹脂製バレルスペーサーは、マルイVSRと同じ1個だけ。過去にヤフオクで見つけた個人製作のジュラルミンCNCの(Gスペック用)バレルスペーサー2個入り1セットの予備が有ったので使いました。。。シリンダー内やスプリング等にシリコングリスやシリコンスプレーを薄く吹いて組み直し、シャーシ内も再グリスアップなどしながら最後は弾速を規制の0.2g弾使用時で0.98J(銃口初速が99.0m/s以下)に成るように調整し内部は完成です。


さて、重りコンクリート残骸がこぼれ出てくる樹脂ストックは使用せず、限定特価で見つけた中華製のマルイVSR-10 Gスペック対応“JG製 BAR-10用木製ストック”に交換ます。。。
WILL_MB02-42.jpg     WILL_MB02-49.jpg
JG製木製ストックの木材の種類は分かりませんが軽量です。色はマホガニーで、付属品はラバーパットプレート、メタルスリングベイル2個、専用メタル製トリガーガード、専用マガジンキャッチパーツが付いてます。。。


中華生産の輸入物なので傷や当りも目立ちますが、全体的に整形自体は滑らかで努力してる感は見受けられます。
WILL_MB02-43.jpg   WILL_MB02-44.jpg   WILL_MB02-45.jpg
海外製の木製ストック類は特に精度が甘く上手く組み込むにはすり合わせが必要で、物によっては削ったり盛ったりするなどの加工が必要と聞いていましたが、ぼくの場合は個体差なのか〜あっさり無加工で取り付けできました。。。


調整済みの“Well MB-02”とKJ 木製ストックの長さは殆ど同じ位ですね。序にマルイの“VSR-10 G_SPEC”とも並べてみました。。。
WILL_MB02-47.jpg     WILL_MB02-48.jpg
因みにほくのマルイ“VSR-10 G_SPEC”に取り付けている木製ストックは、“有限会社ナカヤ”さんのブナ材を使用したアマニ油仕上の“VSR-10 G_SPEC対応 M40タイプ (NV120)”です。


JG製木製ストックの形状に合わせて作られた専用のマガジンキャッチパーツに交換します。
WILL_MB02-50.jpg   WILL_MB02-51.jpg   WILL_MB02-52.jpg
木製品の加工精度とコスト、また素材の強度、スムーズなリリースボタンの動作をさせるには、専用のマガジンキャッチにした方が無難なのでしょうね。。。


嬉しい事に、メタル製のトリガーガードも付属します。
WILL_MB02-53.jpg   WILL_MB02-54.jpg   WILL_MB02-55.jpg
これも木製素材と固定する為の強度的問題なのか知りませんが、Well純正のトリガーガードと、それに取り付ける樹脂製支柱も不要に成り、メタル製トリガーガードと付属ネジだけでストックに固定します。ヒンヤリとしたメタルパーツも付いて来るのは、お得感が有りますね。。。


結局、トイガン本体が安くても色々と手を加えれば、結果的に程度の良いマルイVSR-10の中古品なら買えそうですね。でも、ぼくとしては精度が劣っていても、チープなモノに適当に考えながら試行錯誤で惜しげ無く手を加えられる修理・補修的な要素を含めホビーとして楽しんでます。。。

海外製、特に安価な劣化コピーに対する意見・感想は人其々ですので、箱だしで遊べる東京マルイ VSR-10 G_SPECなどが精度も良くお勧めです。。。



2014/02/18 追記:

MB-02の調整も取り敢えず終わり、何気にマルイ G_SPEC 純正のサウンド・サプレッサー(減音器)を試しに着けてみようとしたところ…ナント! MB-02 のマズルに切ってある(雌)ネジ径凹が14mmよりも大きくスカスカ状態…Wellのオプションとして専用サウンド・サプレッサーも無いようだからこの(雌)ネジ切りは、いい加減の様ですね。。。どうしても取り付けるならサウンド・サプレッサー側の(雄)ネジ山にテープをグルグル巻いて対応させてもよいのですが気分的によろしくない。そこで…
WILL_MB02-56.jpg      WILL_MB02-57.jpg
試に手持ちのG_SPECのマズルをMB-02にはめたところ…MB-02のアウターバレル側のネジ溝とG_SPEC側の溝はピッタリ合ったので、マルイのアフターサービス部から G_SPEC 純正の“ST マズル”を新たに取り寄せました。これなら他社のサウンド・サプレッサーを付けたい時に必要な“V-07 マズルアタッチメント”も素直に使用する事が出来ますしね。。。因みにサウンド・サプレッサーの根元に付けたOリングは振動で緩むのを防ぐ効果が有りますよ。。。


まぁ並べたところで径の違いは判りませんが、加工の差は歴然ですね。。。
WILL_MB02-58.jpg   WILL_MB02-59.jpg   WILL_MB02-60.jpg
これで、気分的にスッキリしました。。。


G_SPEC 純正のサウンド・サプレッサーが1つ余っていたので、さっそく付けてみました。。。
WILL_MB02-61.jpg   WILL_MB02-62.jpg   WILL_MB02-63.jpg
マルイのサウンド・サプレッサーは、ちゃんと減音効果が有るので発射音は“ボスッ!”っいう感じに聞こえました。。。あぁ…最後の画像写っているミニライフルは、ドンキで買ったライフル型ライターですよ(^^;)


関連記事

2014.02.04 Tue l トイガン l コメント (17) トラックバック (0) l top

コメント

JG木ストいいですね!
いい情報ありがとうございます、最近の事ですがJGのAK47用メタルボディセット(インナーカバーセット部分サイズ違い&スリング固定するメタルプレートが入る形状違い)でやられましたから(笑)、けどMB02に木スト装着したいですゥ~高くてもいいので他にないですか? 出しゃばるようですいませんが・・・マホガニーは木材の名称で栴檀科(センダン)の広葉樹で、硬く乾燥に強く耐久性があり高級家具やギターボディに使われてます(偉そうにすいません・ペコリ)。もしかしてそのJG木ストの取り説にマホガニーと記入されてるんですか??? PS・・・自分のMB02ホップテンションは径2ミリ長さ3ミリのネジを入れました、ホップかけるとお椀状のラバーが盛り上がってきます(笑)かかり具合もマァマ~です。
2014.02.05 Wed l 富士弦. URL l 編集
Re: JG木ストいいですね!
>富士弦さん コメントありがとうございます。JGのAK47をお持ちですか~名銃AK47良いですねぇ(^^)
さすが中華品質!サイズ・形状違いなんて差ほど気にしないんでしょうね(笑)

MB02に装着したJG木ストは送料込み8,000円台で買いました。
マホガニー色と説明が有ったので着色の様です。
たぶんですが、LayLax販売の3色有る“(PSS10) ウッドストック”と同じ物だと思います。
しかもLayLax販売だと1万強していますね。仮にマホガニー材だったらもっと高額に成るでしょうね(^^;)

ホップテンションはやっぱりHOPレバー等に手を加えないと上手く掛からないですよね。。。
径2ミリ長さ3ミリのネジ使用との事で、なるほど!ネジを使った事が無いので参考にさせて頂きます。
情報、ありがとうございます。今後とも宜しくお願いします。
2014.02.05 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
いつも良い情報、感謝してます!
同じ趣味の方(貴殿は趣味ってゆう感じではないようですが・・・仕事?兼業?笑)で親身に説明してもらえて心からありがたいです!!!現在はギター購入してませんか?~80年代マホガニーとゆうと高かったですが、今は安いマホガニー(アジア産)もあるためマホガニーボディ(3~5ピース)の1万円代ギター結構ありますので、ストックで1万以下もあると想定しました(笑)。自分は、マホガニーボディギター(エレキ)は音がドライで冷たく硬い出音なので嫌です、ずっとアルダー(ボディ)&ローズ指板です。もしかしたら、アジア産マホガニーストックかもしれませんよ!最近、ギター弾くよりトリガー弾く時間が多くなってますゥ~(笑)   ・・・所持ガン・マルイAK47(サイズ違いのJGメタルレシーバー無理栗装着してます) スノーウルフトンプソン ウェルMB02 です。やっとこさ探して楽天のサムライとゆうとこでエルクロ(L96)見つけました、土曜日に来ます、多分MB01でしょう?!?  ついにMB02シリンダー(ペンチ開脚式シリンダーオープナー法ありがとうございます!貴殿のテクを使わせてもらいました)開けちゃいました(笑)、ピストン内部奥に厚さ2センチのスペーサー入れたらシアーかからず元に戻しました・・・取らぬ狸の皮算用ですね!(笑)
2014.02.05 Wed l 富士弦. URL l 編集
Re: いつも良い情報、感謝してます!
富士弦 さん こんにちは。
>同じ趣味の方(貴殿は趣味ってゆう感じではないようですが・・・仕事?兼業?笑)
いえいえ(^^;; 100% 趣味ですよ。。。
とてもギターにお詳しいんですね、奥が深く追求したら大変そうですよね(汗)
エアガンもお好きな様で、同じ方向性?の趣味の方とこうしてコメント頂ける事は嬉しい限りです。
2014.02.05 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
RSOV香港ガンショップの・・・
ガスハンドガン詳細欄、ブローバックファンクションの項目でフルメタル・ガバ1911~ターセル製はイエス、CS製はサポートとありましたが、このサポートってどうゆう意味でしょうか? 悩みましたあ~・・・CSのほうは刻印(本物ではないが)彫ってるようで・・・ターセルのほうはレーザー刻印でチープな感じでしたが好きな色のシルバーだったので決めました。ブルーイングのこと考えると刻印彫りのほうがカッコよくなるのです。香港までプチ旅がてら買い物でも行こうと思います・・・ギターしょって。香港のライブハウスでセッションも楽しそうですしね!
2014.02.12 Wed l 富士弦. URL l 編集
Re: RSOV香港ガンショップの・・・
Tercel もClassic Army もブローバック機能は有りますので同じかと思います。
しかし、ご存知かと思いますが、日本国内では現在フルメタルのハンドガンは限りなく
銃刀法に触れそうな…グレーゾーンです。長モノは大丈夫ですけど。。。
フルメタル・ハンドガンは人によっては、まだ大丈夫とか駄目とか色々な解釈が有り
賛否両論で難しい所です。いずれ本格的に規制されるかも知れませんね。
現に国内で販売されていますから~しかし、個人輸入に成ると組立てた状態での
税関検査は駄目かと思います。
何故ならヤフオクや国内で購入可能なショップ等では、分解してパーツとして
輸入しているそうです。販売説明にもパーツと謳って販売している所も多く、
購入者側に組立は自己責任で!みたいな感じに成っています。。。
元々、当時のモデルガンによって規制されたものですが、近年のトイエア・ガスガン等の
海外製も含めシェアが広がり、この規制も少しずつ改定されて来ててます。
また、ハーフメタルも怪しいところは有りますが今のところ税関検査はデチューンと
書類が揃っていれば、長モノと一緒で輸入できます。

香港に旅行ですか~(^^) 羨ましいです。。。
きっと国内情報には無いようなイイ物が有りそうですよね。
2014.02.12 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
そうなんですか!
わかりました、届くのですかね???まぁ、果報は寝て待てとゆうことで・・・待ちます。
2014.02.13 Thu l 富士弦. URL l 編集
Re: そうなんですか!
これで通関の判断が分かりますし…無事に届くと良いですね。
2014.02.13 Thu l つぐつぐ. URL l 編集
大変参考になります
こんにちは、カスタム初心者🔰です。とても詳しく分かり易いブログで大変参考になってます。不躾ですが二点教えてください。まず、MB02の箱出しデフォルトのスプリングについてなんですが、Mレートにするとおよそどの位かお分かりになったらご教示願います。二点目は、AmazonなどでMB02用のブルーで3000円そこそこのピストンセットをみかけるのですが、あれに変える効果、メリットはどのようなものがあるでしょうか?お忙しいところ恐縮ですがよろしくお願いします。
2014.08.26 Tue l カスタム初心者. URL l 編集
Re: 大変参考になります
こんにちは、カスタム初心者さん(^^)/コメントありがとうございます。
国内18歳以上対象の中華製デフォのスプリング自体は、殆どが1Jオーバか殆どだと思います。
スプリングの質としてはお勧め出来ず、硬いのでコッキングが重く各パーツにも負担が掛かるかと…

Amazonで「PPS VSR/WELL MB02用強化CNCピストンセット(SPガイド径7mm)」見ました。
ぼくとしては純正に不具合が無い限り、あえて変える必要は無いセットかと思いますよ。。。
マルイVSRのコピーだけど中華品質のため個体差も有りますし、このセットに3,000円以上も掛けるなら、
良質なスプリングや気密取りのパッキン等に使った方が良いかと思いますけど(^^;)


2014.08.27 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
No title
ご回答ありがとうございます。ノズルスクリューはずしてどれ位のレートにしたらいいのかなって思ったのですが、多分0.9位が適性なのでしょうかね。カスタムピストンについては、強いバネの割りにピストンが弱過ぎるからそれに変えたほうがいいのかと思ったのですが、であれば適性レートのスプリングにしてデフォルトのピストンのままで良さそうですね、、ありがとうございました^_^
2014.08.27 Wed l カスタム初心者. URL l 編集
外れない・・・orz
はじめまして。私もMB-02を購入しました。精度も程々で気に入ったのですが、あまりに無骨。ドレスアップしたくてサイトを回っていたところ、こちらのページへ辿り着きました。やはりサプレッサーが付くとかっこいいですね!早速、真似しようとマズルアタッチメントの交換に取り掛かるも元々のマズルが固くて外れません。正ネジ方向にも逆ネジ方向にもビクともしません。つぐつぐ様はどの様にして外されたのでしょうか?お暇なときで結構ですので御教示いただけますと幸いです。宜しくお願いいたします。
2014.11.27 Thu l ビギナースナイパー. URL l 編集
Re: 外れない・・・orz
ビギナースナイパー さん コメントありがとうございます(^^)

MB-02のSTマズルを外すには銃口を覗くと中心のバレル穴の左右部分に丸い小さな凹みが有ります。
(記事画像のWell製とマルイ製のマズル比較で3枚並んでいる真ん中の画像http://blog-imgs-48-origin.fc2.com/f/r/e/freehobby/WILL_MB02-59.jpgで確認)
その2か所の凹みにカニ目レンチ又は100均でも売っているラジオペンチ等を挿し、
反時計回り(逆時計回り)で外れます…が、それでも固い様でしたらアウターバレルとSTマズルの
継ぎ目部分にCRC556などの潤滑油を染み込ませ馴染んでからのほうが良いかと思います(^^)/
2014.11.27 Thu l つぐつぐ. URL l 編集
No title
つぐつぐ様

早速のご返答、有難う御座いました。
昨日からロングノーズプライヤーを突っ込んで「えいやっ!」と回しているんですが、やっぱりビクともしません。
しかも二つ穴が削れてガチャガチャになってしまいました・・・。
教えていただいた様に今晩一晩CRCを内側から吹き込んで浸透するのを待ってみます。
明礬にも再トライです!
もう、こうなったら後へは引けません。絶対にサプレッサーを付けちゃる!
2014.11.28 Fri l ビギナースナイパー. URL l 編集
Re: No title
ビギナースナイパー さん
あらら…随分固くなっていますね^^; 
もしかしたらネジ山がズレて食い付いてる可能性も…?
取り敢えずCRCで試してからですね。あとはバレル先端をドライヤーなどで熱し膨張させ
ねじ切り部分に隙間をつくる。ポイントはマズル側を一緒に熱さない様に!
両方とも膨張したら意味がないので^_^;
もし温める様でしたら、バレルの塗装と火傷に気をつけてくださいm(__)m

2014.11.28 Fri l つぐつぐ. URL l 編集
外れた・・・(感動)
つぐつぐ様
こんにちは。
やりました!外れました!
結局、ネジの噛み合わせだったようです。
内側に鉄筋棒を突っ込んでガンガン打ち付けたら、マズルが少し浮いたので、ウォーターポンププライヤーで掴んで回したらスンナリ回りました。
バレルにはチョコッと傷が付きましたが、幸いなことにネジ山はぶじでした。
WELL純正マズルはボロボロになってしまいましたが、前に進むことが出来ます。
さてマルイに部品注文しなきゃ!
有難う御座いました。m(_ _)m
2014.11.29 Sat l ビギナースナイパー. URL l 編集
Re: 外れた・・・(感動)
こんにちは(^-^*)/ ビギナースナイパー さん
外れましたかぁ~良かったですね。何よりねじ山が無事で安心しました。
マルイ製に成れば好みのサプレッサ-が装着出来るので楽しみですね。。。
2014.11.30 Sun l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/229-cf7941b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)