低価格・性能も良いと評判の、台湾製造メーカー“KJ WORKS”の G19 です。
   KJ_G19-03.jpg   KJ_G19-04.jpg
ギミックはマルイのGlockシリーズのコピーだから各パーツの互換も多くカスタムベースとしては結構~楽しませてくれそうですね。。。勿論、そのままガンガン遊びに使用しても良いです。


っで、今回は安いので2丁購入して、それぞれカスタムパーツを組んでみる事にしました。。。
KJ_G19-00.jpg   KJ_G19-02.jpg    KJ_G19-01.jpg
Gun本体は安いのですが…カスタムパーツを揃えると…結構な金額に成ってしまいますが、取り回しの手頃なサイズの“Glock19”は、“Glock17”や“Glock26”などと比べると、ぼくとしては価値が有ると思います。また、国内メーカーの KSC などからも“G19”を発売していますが、外観の刻印等が…など不満が有ったりします。


分解序に、この“KJ WORKS”の G19 はマルイの G26 のコピーなので、G17コッキングインジケーターのギミックが有りません。
KJ_G19-05.jpg     KJ_G19-06.jpg
そこで色々と調べてみると先駆者の方々が、チョッとした加工でコッキングインジケーターを可能に出来るとの事。早速、真似させて頂きました。。。


リアシャーシを外し、画像2番目のピンクライン“|”当りにトリガーバーが引っ掛かる様にリューター等で削って角を作ります。
KJ_G19-07.jpg   KJ_G19-08.jpg   KJ_G19-09.jpg
マルイのリアシャーシ周りのパーツ図“G17”“G26”を見比べると専用パーツが有るので…今回のKJ加工のリアシャーシ一式は一時的なものにします。。。マルイのパーツ注文は少し日数が掛かりますが、交換するマルイ製 G17 リアシャーシ周りを下記パーツ、予備も含めて注文しました。KJ部品とマルイ部品との混合も調整すれば可能ですが、ほぼ無加工で済ませるならマルイ部品一式で組んだ方が無難かと思います。

 G17-22 リアシャーシ
 G17-23 ノッカー
 G17-25 シアー
 G26-35 トリガーバーSP
 G26-36 トリガーバー
 G26-45 ハンマーリベットピン
 G26-46 ノッカーロック
 G26-47 シアー用ピン
 G26-48 ノッカーロックSP
 G26-50 ハンマー
 G26-51 ハンマーローラー
 G26-54 シアートーション


次に、ブリーチの加工です。
KJ_G19-10.jpg     KJ_G19-11.jpg
画像2番目のピンク丸“”部分をリューターで削ります。このブリーチ加工は削っても強度的に問題が無いと思うので、マルイからは G17 のパーツは注文しませんでした。。。


横着をして…シリンダー周りを外さず、マスキングテープでグルグル巻きにして保護。。。
KJ_G19-12.jpg   KJ_G19-13.jpg   KJ_G19-14.jpg
リューターでガリガリ削ったら表面を耐水ペーパーなどで滑らかに整えます。削り粕は綺麗に除去しましょう。。。


KJ からフロントシャーシ周りを外します。
KJ_G19-15.jpg      KJ_G19-16.jpg
新しく交換するフレームはリアル刻印の“GUARDER製 KJ G19/23オリジナルフレーム (BK) Europe Ver.”にしました。。。


マルイ仕様のシリアルプレート状のセフティーは、リアル外観には不要なので“GUARDER製 [GLOCK-18(D)]マルイG17/18C用 シリアルナンバータグ G19刻印”を使います。後で紹介しますが、GUARDER製のKJ G19用カスタムスライドとアウターバレルのシリアルナンバー刻印は“MDP360”に成っていますのでね…
   KJ_G19-17.jpg   KJ_G19-18.jpg
取り付けにはチョッと加工が必要で、G17等よりフレームが短い分、プレートの両端を切断します。切断する長さは実際にフレームに填めてみて現物合わせです。また、切断する事によってフレームとフロントシャーシとの間に挟まれて固定出来なく成るので、ぼくの場合はエポキシ系(2液性)の接着剤でガッチリ固定しました。まぁ瞬間接着剤でも大丈夫だと思いますが…


トリガーは最大純正のストロークより50%短く設定量が調整できる“GunsModify製 マルイ G17用 SAIタイプ アルミトリガー アジャスタブル [TM-GK-001]”にしました。
   KJ_G19-19.jpg   KJ_G19-20.jpg
トリガーセフティーが、ゴールド・ブラック・レッドと3色付属しますが、今回は控えめの?ブラックにしました。


ノーマル形状から延長する事でスライドストップレバーの操作性を向上させています。素早いマグチェンジには必需品な“GUARDER製 エクステンデッド スチールスライドストップ”です。実際、後方に延長され厚みも増したのでかなり操作し易く成りました。。。
KJ_G19-21.jpg KJ_G19-22.jpg
次にリアシャーシのパーツで“GUARDER製 [マルイ/KJ G17/18C用] カスタムハンマースプリング”です。スプリングの角度を変えるによって、ハンマーに掛ける力を減少させテンションを弱めますがしっかり叩いてくれるそうです。


今回、GUARDER製のカスタムスライドを使うため、KJ純正のフロントシャーシのままだと、スライドガイドの溝に遊びが出来てガタ付くため“GUARDER製 KJ G19用 スティールフロントシャーシ GLOCK-62”に交換します。交換する事によって、0.15mm厚く成りスライドの遊びが少なく成ります。
   KJ_G19-23.jpg   KJ_G19-24.jpg
KJ純正とGUARDER製を並べ見比べてみても厚みの差が判りますね。それに成型品質の差も…ですね。。。


フレーム周りの組み込み調整が大まかに済んだら、カスタムスライドの番です。
KJ_G19-25.jpg      KJ_G19-26.jpg
ノーマルリアル刻印バージョンの在庫は結構有る様ですが、今のところこのノーマルバージョンより割高な“GUARDER製 KJ グロック19対応 カスタムスライド /フロントセレーション [GLOCK-76(BK)]”の在庫は激薄な様ですが、何とか入手できました。。。


DETONATOR製のスライドセットと違って、GUARDER の場合は、アウターバレルは別売に成っています。揃えた品は“GUARDER製 KJ Glock19シリーズ用 スチールアウターバレル Aタイプ GLOCK-59(A)BK”です。因みにBタイプだと刻印がG23用に成るので間違えないように…
   KJ_G19-27.jpg   KJ_G19-28.jpg
スライドとアウターバレルの擦り合わせは少し加工した方が良いそうです。


GUARDER製メタルスライドは、スプリングガイド左右の耳がピッタリ嵌らないので、角を丸く削ります。ココも現物合わせで調整していきます。
KJ_G19-29.jpg      KJ_G19-30.jpg
削った所は気分的に!ですが、アルミニウムの部品を黒染めする、“バーチウッド アルミニウム メタルフィニッシュ”を原液、筆塗りで染めました。本来はスチール部分には専用の“バーチウッド 鉄用(スチール用)”を使うのでしょうが、アルミニウム用でも染まります。


HOPパッキンは以前まとめ買いした…耐油性、耐摩耗性、引き裂き強度に優れ、温度に左右されにくい「硬度50」の柔らかい国産ニトリルゴムを採用した“PDI製 VSR Wホールドチャンバーパッキン”を使用します。
KJ_G19-41.jpg KJ_G19-42.jpg KJ_G19-43.jpg
Wホールドチャンバーパッキン”は純正に比べ柔らかい為か、HOPレバーの凹の先端がパッキンにのめり込み上手くWホールドリブが機能しません。そこで0.5mm厚のアルミ板を凹に被せ均一に力が掛かる様にしました。。。


そうこうしている内に、
KJ_G19-31.jpg
欠品中だったパーツが届きました。


先ずは、スライドロックに指が掛かり易くなる“GunsModify製【マルイG17/18C用】LONE WOLF タイプのスティールエクステンションスライドロック”です。
   KJ_G19-32.jpg   KJ_G19-33.jpg
KJ純正と比べると、ギザギザの部分のエッジが指の引っ掛かりが良く成っていますね。。。


ノーマルに比べ約2mm長い“GUARDER製 エクステンデッドマガジンリリース”で、指が届き易くマグチェンジをスムーズに行う事ができます。
   KJ_G19-34.jpg   KJ_G19-35.jpg
スチールタイプも有りますが、ぼくは軽量なナイロン製にしました。。。


これも自己満足ですが…“GUARDER製 マルイ グロック17/26対応 G26スタイル スティールナイトサイト/ホワイトドット”樹脂製と比べ耐久性は有りますが、更に重く成りますね。。。
KJ_G19-36.jpg KJ_G19-37.jpg KJ_G19-38.jpg
スライドもサイトも同じ、GUARDER製だからポン付けかと思っていましたが、フロントサイトは多少削らないと駄目でした。削った所は組み込めば隠れるけど念の為、“バーチウッド アルミニウム メタルフィニッシュ”で黒染め…画像は有りませんが、全て組み込みが終えたら馴染むまでスライドをカシャカシャしたり各部調整したりします。因みにスプリングは約2.5~3巻程度、切りました。


オマケで3個セットで1,000円以下の激安なElement製 マグプルタイプ マルイ GLOCK SPEED PLATE (BK)を買いました。
KJ_G19-39.jpg   KJ_G19-40.jpg
柔らかい素材なのでねガス注入時は楽にスライド出来ます。何より見た目もGood!


それでは、お披露目…
KJ_G19-44.jpg   KJ_G19-45.jpg   KJ_G19-46.jpg
まぁ有りがちなマッドブラックの構成ですが、KJ G19 が、GLOCK19 B.T.Cへとリアルに仕上がったので満足ですけどね。。。


さて、次は昨年に発売して間もない頃に見つけたリアル刻印フレームの“東京マルイ GLOCKシリーズ用GUARDER 東京マルイ KJWORK G19/23 (PINK) GLOCK-60(P) 限定 Europe Ver.”で、日本国内「300個 限定」という言葉に…深く考えずに何故か焦りながらポチッ!った物です。。。
   KJ_G19p-01.jpg   
…が、今年に入っても各ショップには在庫が有りますね~。せっかくの綺麗なピンク色バージョンなので、女子用にシルバー系と組んでみようと思います。


各パーツもシルバー(メッキ)ものが有るので色々揃えてみました。
KJ_G19p-02.jpg   KJ_G19p-03.jpg   KJ_G19p-04.jpg
先ず、フリーダム・アート製のロングマグキャッチ(シルバー)です。材質はメタル製ですが、ピカピカのメッキ仕様で綺麗です。。。


此方もアル外観にするので、マルイ仕様のシリアルプレート状のセフティーは不要にします。
KJ_G19p-05.jpg   KJ_G19p-06.jpg
しかし、今回のカスタムメタルスライドセットは“DETONATOR製”を使うので刻印されているシリアルナンバーが“KEJ729”とオリジナルナンバーです。当然、GUARDER からなんて出してませんし、当の DETONATOR からも販売されていませんが、なんと!“OCT STRATEGIC STORE”さんで DETONATOR カスタムスライドのシリアルナンバーに合わせて製作してくれていました。こちら KEJ729 刻印入りシリアルナンバータグを購入しました。画像のようにレーザー刻印で綺麗に彫られています。


トリガーは最大純正のストロークより50%短く設定量が調整できる“GunsModify製 マルイG17/18C用 ZEV Techタイプアルミトリガー -SV GM0039”を選びました。
   KJ_G19p-07.jpg   KJ_G19p-08.jpg
トリガーセフティーが、ブラック・レッド・ゴールドと3色付属しますが、「桜の花をイメージした」とか適当な理由で…ゴールド(黄)にしました。基本…女子用ですから~


ステンレスコーティングされた“GUARDER製 エエクステンデッド スチールスライドストップ”は、ノーマル形状から延長と厚みが増しているため、スライドストップレバーの操作性は素早いマグチェンジが行えます。。。
KJ_G19p-09.jpg KJ_G19p-10.jpg
スライドロックに指が掛かり易くなる“GunsModify製 [マルイG17/18C用] LONE WOLF タイプスティールエクステンションスライドロック”もシルバー色に交換。。。


次にリアシャーシのパーツで“GUARDER製 [マルイ/KJ G17/18C用] カスタムハンマースプリング”です。スプリングの角度を変えるによって、ハンマーに掛ける力を減少させテンションを弱めますがしっかり叩いてくれるそうです。
KJ_G19p-19.jpg KJ_G19p-11.jpg
小さな拘りでも…“マルイGlockシリーズ用ドレスアップパーツ SIDEARMS製 ステンレストリガーピン&ハウジングピンセット”マルイのGlodck26や、KJ Glock19のノーマルフレームには使えないそうですが、GUARDER製のフレームなので問題無く取り付け出来ました。


次は、スライドです。
   KJ_G19p-12.jpg   KJ_G19p-13.jpg
今回使うメタルスライドは“DETONATOR製 KJ G19用 G19カスタムスライド◇SL-KJ001”でアウターバレルもセットに成っていまいす。


DETONATOR製のメタルスライドも、スプリングガイド左右の耳がピッタリ嵌らないので、角を丸く削ります。ココも現物合わせで調整していきます。仕上げは、“バーチウッド アルミニウム メタルフィニッシュ”の原液で筆塗りして染めました。
KJ_G19p-14.jpg   KJ_G19p-15.jpg   KJ_G19-42.jpg
こちらもWホールドチャンバーパッキン”を使用し、同じ様にアルミ板をHOPレバーに取り付けました。。。


KJ純正のフロントサイトは樹脂製ですが、リアサイトはアルミ製です。今のところこのKJ純正品を使う予定なのですが、リアサイトの成型が酷くパーティングラインがバッチリ盛り上がっています。なので、ヤスリ各種を使って綺麗に整え、仕上げにココにも“バーチウッド アルミニウム メタルフィニッシュ”の原液で筆塗りして染めます。ドットは以前購入した“【アサヒペン】4mL 油性 夜光塗料 ”の黄色で上塗りしました。
KJ_G19p-16.jpg   KJ_G19p-17.jpg   KJ_G19p-18.jpg
画像は有りませんが、全て組み込みが終えたら馴染むまでスライドをカシャカシャしたり各部調整したりします。因みにスプリングは約2.5~3巻程度、切りました。


このピンクフレームにも、Element製 マグプルタイプ マルイ GLOCK SPEED PLATE (BK)を取り付けたのですが、ブラック色が妙に浮いてしまいました。そこで、塗っちゃいます。。。ピンクに…
KJ_G19p-23.jpg     
柔らかい素材に塗るにはどの塗料にするか迷いましたが、試にあるTV番組で見た…独自のナノテク密着技術で、素材の奥まで粒子が浸透。引っ張ってねじっても、割れたり剥がれたりしない。素材の質感も変えず、まるで染めたような仕上がりと云う“染めQテクノロジィ(旧テロソン)社 の 染めQスプレー”のミニサイズ(70ml)を選びました。。。


アルコールで脱脂したらピンクに塗装しない箇所にマスキングテープで保護します。
KJ_G19p-24.jpg   KJ_G19p-25.jpg
吹いていて気付きますがホント、粒子が細かいですね。。。下地が黒なので重ね塗りは四4回もしちゃいました。。。


文字のスミ入れは、エナメル系塗料で入れました。
KJ_G19p-26.jpg     KJ_G19p-27.jpg
何度も動作していますが、今のところ染めQの塗料が剥がれる様子は有りませんね。


それでは、第2段!のお披露目…
KJ_G19p-20.jpg   KJ_G19p-21.jpg   KJ_G19p-22.jpg
なかなか好い配色で、ぼくとしては気に入ってしまいました。。。


記念に2丁並べて…これで彼女とか奥さんとかと一緒に遊べたら、またひとつ楽しみが増えそうですね。。。もちろん男子でもOK!
KJ_G19-47.jpg     KJ_G19-48.jpg
KJ WORKS の G19 は低価格で良い性能ですので、ノーマルでもカスタムベースでもかなり幅広く楽しませてくれますね。お勧めな1丁です。。。



2014/01/30 追記:
昨夜、勤め先から帰宅したら~東京マルイから部品が届いていました。。。
KJ_G19-49.jpg     KJ_G19-50.jpg
今回はマルイHP内からパーツの在庫・送料等の問合せをして回答まで土日曜日入れて9日、現金書留で送ってから手元に届くまで土日曜日入れて8日でした。


部品が揃うと、落ち着かないので…
KJ_G19-51.jpg
食事を済ませ早速、作業に入りました~


最初に 黒のG19からトリガーバーからリアシャーシ周りをマルイ製に交換してみました。
KJ_G19-52.jpg   KJ_G19-53.jpg   KJ_G19-54.jpg
画像の通りピンクG19のKJ製リアシャーシを加工したものと、コッキングインジケーターの位置を見比べてみるとマルイ純正のトリガーバーからリアシャーシ一式を使ったほうが、トリガーセフティーの位置も素直で良いですね。。。因みにKJ純正トリガーバーとマルイ製リアシャーシ一式の組み合わせだと、コッキングされていない状態ではトリガーの位置は問題無いのですが、トリガーセフティーの遊びが僅かに多くちゃんとフレームに引っ掛からず前方に飛び出してしまいました。まぁ上手くKJ純正のトリガーバーを調整すれば大丈夫かも知れませんが…


黒のG19の擦り合わせ調整が終わったら、ピンクのG19を作業します。。。
KJ_G19-55.jpg
…なんだかんだで全て終わったのは深夜に成ってしまいましたが、納得のいく状態に成りました。。。



2014/02/17 追記:
マルイのG17に対応したリアルスタイル“GunsModify製 アルミ軽量ブリーチ [GM0045] ”をカスタムした GLOCK19 B.T.C へ組み込んでみます。
     KJ_G19p-28.jpg
純正ブリーチブロックの重さは51.3gに対し、この GunsModify製 ブリーチブロックはアルミ材の削り出しの為、重さが24gと軽量です。また標準でアルミ材のバックプレートが1枚が付属します。


交換自体は無加工ですが調整は必要に成ります。特にぼくの場合は擦り合わせでハンマー部品を削る事に成りました。。。
KJ_G19p-29.jpg   KJ_G19p-30.jpg   KJ_G19p-31.jpg
バックプレートが実銃同様に別パーツに成っています。交換用バックプレートも有りますがぼくはこの“GLOCK”ロゴが気に入りました。。。


関連記事

2014.01.28 Tue l トイガン l コメント (8) トラックバック (0) l top

コメント

初めまして。自分もコッキングインジケーター再現の為にピストンブリーチ部分を削りたいのですが、リューターを持っておりません。
参考までに、この加工に使ったリューターとビット?について教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。
2014.03.26 Wed l hk. URL l 編集
Re: タイトルなし
こんにちは、hk さん (^^)/ コメントありがとうございます。

リューターの件ですが、ぼくは25年以上ドイツメーカーのプロクソン(PROXXON)製
ミニリューターを使っています。
今使っているもので4台目に成りますが、性能・信頼性・価格など安心して使用できました。
ぼくの住む地域では7,8割はホームセンターで販売しています。
今後も多用するお手軽品だと参考までに…
プロクソン ミニルーターセット ドリルチャック付き(28512-S)
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0b996368.f611e6b3.0b996369.acfe1cd9/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2f28512-s%2f%3fscid%3daf_link_mail&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2fi%2f10015032%2f
ちょっと上のグレードだと…
プロクソン ミニルーター 14種類のビットセット(28525-S)
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0b996368.f611e6b3.0b996369.acfe1cd9/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2fproxxon-28525-s%2f%3fscid%3daf_link_mail&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2fi%2f10009243%2f

で、使ったビットは別売ですが…
下記のハイスビット3種セットの大円盤型(丸鋸の刃に似ているビット)で殆ど削りました。
普通の丸型などと違ってこれを使うと切り口に角が出来るので良いと思います。
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0b996368.f611e6b3.0b996369.acfe1cd9/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2f28720%2f%3fscid%3daf_link_mail&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2fi%2f10001760%2f

次に細かい修正は、下記のハイスビット5種セットの小円盤型やその他ビットで、
最後の仕上げは精密棒ヤスリや紙ヤスリ等で仕上げ。
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0b996368.f611e6b3.0b996369.acfe1cd9/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2f28710%2f%3fscid%3daf_link_mail&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2ftuzukiya%2fi%2f10001757%2f

ホームセンターやネットショップには千円台~4千円前後の激安ミニルーターセットが有り、
ビットの種類も豊富に付いてとても魅力ですが、モノによってはルーターのパワー不足。
最悪、偏芯している事も有るので気を付けないとです。(^^)
2014.03.26 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
詳細ありがとうございます。
なかなかトイガンや金属加工にリューターを使うといった情報が見つからず、具体的にどんな性能のリューターやビットで削れるのかがわからなかったので大変助かりました。
もう1つ、記事の写真ですと大きく円のように削りこんでいますがこれでOKだったんでしょうか?
自分の手持ちのマルイグロック17の同じ部分を見ると直線的に切り欠きがあり段差のようになっています。
写真のように丸く削るだけで大丈夫なら難易度も下がってありがたいのですが。
2014.03.26 Wed l hk. URL l 編集
Re: タイトルなし
いえいえ、ぼくの場合の事例ですけど(^^;)
写真の大きく円の様に削り込むは、ブリーチの所で宜しいでしょうか?
確かにマルイグロックやカスタムパーツなどは機械加工なので直線的に成っていますが、
ぼくが削った感じでも問題有りませんでした。この部分はトリガーバーの凸部分のせり上がりを
逃がすのが目的なので…
アルミ材なのでサクサク削れるので仕上げの工程を見極めて最初の荒削りは、
削り過ぎに注意しないとですね(^^;)

2014.03.26 Wed l つぐつぐ. URL l 編集
そうですブリーチの所ですね。
トリガーバーの逃げ場があれば形状は問わないんですか。
リューターが届いたら早速挑戦してみたいと思います。
ありがとうございました。
2014.03.26 Wed l hk. URL l 編集
No title
初めまして、自分もこいつを所持してますが色々と面白い子ですよね。
スライドはデト製をチョイスしたので精度は文句なしなのですがノッチ位置がちょっと後退してるのがしょんぼりな感じです(´・ω・`)
ガーダー製はデトと比べて作動性など如何な感じでしょうか?
両方所持している方の意見を聞いてみたいです。
2014.04.20 Sun l もぶ. URL l 編集
Re: No title
こんにちは、もぶ さん  コメントありがとうございます(^^)
確かにデト製は精度が良いのですが、ガーダーと比べると重いですね。温度にシビアです。
また、デト製の方かスライド、リアシャーシ、アウターバレルとの擦り合わせ調整が多く必要でした。
個体差も有るかも知れませんが、作動性に限ってはガーダー製の方が良いかと思います。
外観はデト製の方が質感が良いですが、決してガーダー製も悪くは有りません。
刻印関係はどちらも良いですね。
2014.04.20 Sun l つぐつぐ. URL l 編集
No title
つぐつぐさん、ありがとうございます。
実は二挺目にガーダーもいいかなと考えてまして、色々情報を集めてました。
自分が知ってる昔のガーダーはかなり調整が必要な代物でしたが、最近の(KJ19スライド)に関してはどこも高評価のようですね。
参考にさせていただきますm(_ _)m
2014.04.21 Mon l もぶ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/228-743e3099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)