上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
外はだいぶ寒くなり、久し振りに室内でトイラジでも弄って遊ぼうかと…今回は、以前の記事「ヨコモ nanoQLOにCCP リアルドライブnanoビックタイヤのボディを付けてみた」でヨコモのカードサイズクローラー“nanoQLO(ナノクロ)”にボディーだけを移植した為、余ったシャーシが有ります。この“1/58 CCP リアルドライブnanoビックタイヤ”は安価でテーブル上で遊べる手軽さは其れなりに良いけど~ただ不満としてはビックタイヤを活かせるパワー(トルク)が無く、シャーシ電源がボタン電池のLR44×3個と公表値:新品電池使用で連続走行時間約15分、操作可能距離は屋内で約1.5m。。。電池メーカーにもよりますが実際はもう少し連続走行時間は短く不経済…因みにぼくは100円均一の3個入りを使っています。

ココ↓から先の記事について、注意とお断り
○個人での改造行為はメーカー及び修理業者などの保障や修理は一切受けられない可能性が有ります。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えません。
自己の責任と管理です。


   CCP_nano_BIGTIRE-01.jpg   CCP_nano_BIGTIRE-02.jpg
そこで、不要パーツ箱にゲーセンの景品にも有る様な中華製のMP3プレーヤーをバラシ、内蔵されている小型の充電池“Li-polymer(LiPo)”バッテリーを使ってみる事にしました。。。充電用の配線穴を適当にハンダゴテでジュッ!


LR44の電源ボックス内に充電用コネクターを設置する為、コネクターが収まる様に加工(適当)。。。
CCP_nano_BIGTIRE-03.jpg   CCP_nano_BIGTIRE-04.jpg   CCP_nano_BIGTIRE-05.jpg
電池蓋には充電用コネクターの差込口を開け、固定に切り取ったプラの欠片をハンダゴテを使ってジュジュッ!っとコネクター樹脂と溶かし合わせました。コネクターがナイロン系樹脂のため接着剤では強度不足かと思い…


充電用の配線を基板に取り回して半田付けします。通電検査とリモコンとの動作確認がOKなら、半田付けした箇所にゴム系接着剤(コニシボンドG17)で補強。。。
CCP_nano_BIGTIRE-06.jpg   CCP_nano_BIGTIRE-07.jpg   CCP_nano_BIGTIRE-08.jpg
次に 3.7V 190mA 充電池“Li-polymer(LiPo)”バッテリーの配線をハンダ付けします。またLiPoバッテリーの固定も少量のゴム系接着剤(コニシボンドG17)で固定しときます。


充電用のオス・コネクターはこんな風に↑差し込んで充電します。。。
CCP_nano_BIGTIRE-09.jpg     CCP_nano_BIGTIRE-10.jpg
既に改造待ちの~“フォードF150 SVT ラプター”と“ハマーH3”が控えてますね(^^;)…っで肝心の充電器はと云うと…


電子工作用にUS$3.00位で販売されているモジュール“Mini USB 1A Lithium Battery Charging Board Charger Module”を使います。電源供給は USB-ミニBタイプか直接、基板から入力が可能で 5Vの入力に対し、4.2Vのフル充電が出来る品モノです。
CCP_nano_BIGTIRE-11.jpg     CCP_nano_BIGTIRE-12.jpg
標準が1Aの電流が流れる様に成っていますが、画像の赤矢印のチップ抵抗の値を付け替える事で、必要な電流値を変更出来る便利仕様に成っています。充電する際、 5Vが流れると青色LEDが点灯し、充電を開始すると青色が消灯して赤色LEDが点灯します。更に充電完了が近く成ると赤色と青色が交互に点滅し→充電完了時は青色LEDが点灯して教えてくれます。


さて!子ども達が遊ぶのを待っているから急いで…
CCP_nano_BIGTIRE-13.jpg     CCP_nano_BIGTIRE-14.jpg
他から抜き取った同等の LiPoバッテリーを使って“フォードF150 SVT ラプター”と“ハマーH3”にササッ!と加工しました。やっぱり2回目以降のほうが慣れて綺麗に仕上がりますね。。。


後書きに成りますが“Mini USB 1A Lithium Battery Charging Board”の電流値の変更は、一般的に定格容量の+10%辺りが充電環境(発熱ロスなど)の考慮も含め大雑把ですが充電量の想定かと思います。手持ちのチップ抵抗に6.65KΩが有りましたのでこれに交換しました。また、モジュールを保護するケースが無いので、2液性のエポキシ樹脂系接着剤でコーティングしちゃいました。。。
CCP_nano_BIGTIRE-17.jpg   CCP_nano_BIGTIRE-15.jpg   CCP_nano_BIGTIRE-16.jpg
改造後の走行は体感として…安定した走行でトルクも向上し、操作可能距離が2.5m以上と連続走行時間が延びた事が実感できました。ぼく的に満足です。。。


関連記事

2013.11.21 Thu l トイラジ(ラジコン) l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/226-5ca0fc7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。