上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
今回は、初めての利用と成る香港のショップ“ Tiger111Hk ”さんで台湾製の“ HK3 Metal Slide M&P9 Compact GBB Pistol with Marking (BK) [HK3-GBB-MP-COMPACT-BK] US$120.00 ”を購入してみました。輸送費は Air Mail で US$30.81 で、注文から発送通知までスムーズに問題無く行えました。。。
HK3_MP9C-00.jpg
…で“ HK3 Metal Slide M&P9 Compact GBB Pistol with Marking (BK) [HK3-GBB-MP-COMPACT-BK] ”のスペックは…

Specifications:
Length: 170 mm
Barrel Length: 80 mm
Shooting Mode: Safety, Semi-Auto
Weight (g): 600 (with magazine), 770 (with box)
Color: Black
Gas: 8KG (134a), 12KG (Green Gas)
Magazine Capacity: 16+1 rds
Material: Plastic, metal
Bullet type: 6mm BB
Power (Muzzle Velocity): 310 FPS (Green Gas)
Manufacturer: HK3

日本国内に流通している台湾メーカー“ WE ”製の無刻印と作りは同じな様に思います。もしかしたら〜大人の事情で“ HK3 ”製としてリアル・フル刻印仕様を販売しているのかな?定かでは有りませんが…


注文から手元に届くまで10日程度でした。また注文時に念の為、備考欄に輸入通関をする際に必要な“INVOICE(インボイス)”を梱包の外に添付してくれるように英文で書いておきました。何とチャンとお願いした通りに成っていましたね。。。
HK3_MP9C-01.jpg   HK3_MP9C-02.jpg   HK3_MP9C-03.jpg
梱包形態は封筒とエアーキャップをグルグル巻きです。化粧箱の中は本体とマガジン、交換用バックストラップのサイズ違い2種だけ。“ WE ”製の無刻印仕様の付属品に有るフルサイズ予備マガジン1本やマガジンカバーは有りませんでした。。。


このセルフディフェンスやコンシールドキャリー向け仕様の“ M&P9C(コンパクト) ”をモデルアップした、小型のブローバック ガスガンは、ハーフメタルでアルミ製スライド&アウターバレルに、フレームはポリマー樹脂製を採用。実銃の様なハーフメタルの質感がリアルに再現されていますね。。。
HK3_MP9C-04.jpg   HK3_MP9C-05.jpg   HK3_MP9C-06.jpg
リアル・フル刻印バージョンだけ有って、許可を得ているか知りませんが…“ Smith & Wesson ”のシンボルマークがシッカリ入っていますね。。。


また、黒地に映える…警告文の“ CAUTION-CAPABLE OF FIRING WITH MAGAZINE REMOVED ”のレーザー刻印も施されています。
HK3_MP9C-07.jpg   HK3_MP9C-08.jpg   HK3_MP9C-09.jpg
因みに意味は「マガジンを外しても発射しちゃうから注意してね」まぁ、ガスガンでは有りますが刻印好きには嬉しい雰囲気ですよね。。。


フロントとリアサイトには、グリーン系の夜光塗料が塗られていますが質が悪いのか余り良く発光しません。ココは後で、塗り直す予定です。。。
HK3_MP9C-10.jpg   HK3_MP9C-11.jpg   HK3_MP9C-12.jpg
マズルはWE独特の残念な加工が…ココは是非改善して欲しいですね。。。


グリップやマガジンバンパー底部にも、“ Smith & Wesson ”のシンボルマークが入っています。
HK3_MP9C-13.jpg   HK3_MP9C-14.jpg   HK3_MP9C-15.jpg
マガジンのマーク刻印は変わった加工なのか~画像よりも見難い仕上げに成っています。


お馴染みの海外仕様のガス注入バルブ。。。
HK3_MP9C-16.jpg   HK3_MP9C-17.jpg   HK3_MP9C-18.jpg
ストック品の“KJ・WE・VFC製品などHFC134aガス対応の日本仕様 注入バルブ”に交換。



2013/12/19 追記:
早速~近くのホームセンターに行って、夜光塗料を買ってきました~。売り場にはスプレータイプと小瓶タイプが有り、もちろん塗る場所が場所だけに小瓶タイプの“【アサヒペン】4mL 油性 夜光塗料 刷毛付き 5色選択”にします。
     HK3_MP9C-19.jpg
色は全部で5色ですが、売り場には赤色・若草色・黄色の3色だけで、だいだい色・水色は置いてませんでした。まぁサイトのドットに使うんで、無難な若草色か黄色で迷いましたが…発光色はどちらもグリーン系だから明るい場所でも目立つ黄色にしました。。。


小瓶の蓋には刷毛が付いていたけど結構な太さなので100円均一で買ってきた筆セットの一番細い筆を使いました。
HK3_MP9C-20.jpg     HK3_MP9C-21.jpg
フロントとリアサイトにの元の夜光塗料の上からペタペタと上塗りをしました。これで少しは改善されたでしょう。。。


関連記事

2013.12.17 Tue l トイガン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/224-968863ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。