上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2~4年に1度の割合で数十個の腕時計が電池交換時期に成ります。今年はその年でした(^^;) 勿論、電池交換は全て自分で行いますので工賃は0円。また纏め買いした逆輸入品の日本製(シチズン)電池は1本あたり40~70円位で済みます。更に今回は整理する為、10本程度売ってしまいました。。。それで手元に残った中から懐かしい物とコピーとまでは行かない似た物を紹介します。
G-SHOCK_MR-G-01.jpg   G-SHOCK_MR-G-02.jpg   G-SHOCK_MR-G-05.jpg
右側の時計は、CASIO G-SHOCK MR-G (MRG-100T-8)です。1996年11月発売されて直ぐに大型家電店で購入しました。
MRG-100T-8
¥50,000(税抜き)
耐衝撃構造(ショックレジスト)
スクリューバック
球面・曲面ガラス
20気圧防水
メタルバンド(チタン)
無垢バンド
ワンプッシュ3つ折式バックル
ストップウオッチ(1/100秒、24時間計、スプリット付き)
タイマー(セット単位:1秒、最大セット:24時間、1秒単位で計測、オートリピート)
マルチアラーム・時報
フルオートカレンダー
12/24時間制表示切替
ELバックライト(残照機能付き)
精度:平均月差±15秒
電池寿命:約15ヶ月
EL:ブルーグリーン


左側の時計“MR.REX No.7560”はその数年後、雑貨屋さんで見つけました。。。金属製にチタン風の塗装で作りも意外と丁寧。曲面ガラス下の文字盤には“SHOCK RESIST”と印刷されているけど中身を見ても耐衝撃機能なんて有りません。ボタンの配置は違うけど…ストップウオッチ、タイマー、マルチアラーム・時報、ブルーのELバックライト(残照機能付き)が付いています。防水表示は有りませんけど…


3つ折式バックル。
G-SHOCK_MR-G-03.jpg
ご丁寧にココにも“MR.REX”の刻印が有ります。


MR-G はスクリュー式ですが、
G-SHOCK_MR-G-04.jpg
MR.REX は、はめ込み式です。。。まぁこの雑貨的チープさが何となく好きですね。。。


関連記事
2013.07.30 Tue l 腕時計 l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
私のGショックも電池交換が~と思ってます。
自分でやろうかな~。
2013.08.03 Sat l あくわひがし. URL l 編集
Re: No title
> あくわひがし さん
Gショックの電池交換は、結構、ご自分で交換されている方が多いようですね。
電池も、ホムセンやコンビにでも入手できるのでチャレンジされるのも良いと思います(^^)
2013.08.05 Mon l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/216-789a72a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。