上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前、アメリカから中古をコツコツと輸入してレストアする楽しみとコレクションを兼ねて入手してきましたが、台数が増え…他のコレクションも有り置き場所に困り、以前の記事に載せましたが「クレクション整理で手放した~ Kodak Signet 35 ~ノスタルジア」や「クレクション整理で手放した~ BOLSEY B2,B22,C ~ノスタルジア」の通り泣く泣く手放しました。。。
cura-00.jpg
でココに有るのはぼくが選んだ今後も手放さないカメラたちの一部です。。。


今回はコレクションの中のお気に入り コダック社製の“Signet 35” アメリカ製です。
signet35_00.jpg
生産は1951~58年に作られた35mmフィルムのカメラで販売価格US $95.00、当時の換算だと3万4千円強ですね。


シグネット 35の主な特徴としては、左右対称のデザインは俗称“ミッキーマウス”と言われ、赤色のKodakマークがワンポイントで何処となく可愛らしさが有りますが、そのズッシリとした肉厚なアルミニウムの鋳物ボディに有る二つのガラス窓は、二重像合致式の連動距離計(レンジファインダー)でピンと合わせをします。。。
Signet35_RY2376-01.jpg   Signet35_RY2376-02.jpg   Signet35_000.jpg
レンズは現在扱っていない物質でコーティングされた、屈折率の高いトリウムレンズ(放射線レンズ)です。その名玉といわれた3群4枚構成のエクターレンズ“Kodak Ektar 44mm F3.5”は最高級レンズです。。。今と成ってはとても貴重なレンズだそうです。因みにレンズに打たれた頭2行のアルファベットと製造番号が有り、その2行のアルファベットからレンズの製造年の西暦を知る事ができます。その事から画像のシグネット 35 には“RY”だから1950年生産/2,376個目の製造と成りますね。。。シグネット 35の販売が1951年~なので初期タイプかな。


撮影方法は“巻き上げ→シャッタースピード・絞り→チャージ→ピント→シャッター”の順です。“Kodak Synchro300”のシャッタースピードは、B ・1/25・1/50・1/100・1/300秒。絞り(F値)は、22・16・11・8・5.6・4・3.5。
Signet35_RY2376-03.jpg     Signet35_RY2376-04.jpg
ヘリコイド内部にはボールベアリングが隙間無く並べられていますが、グリスの経年劣化のため硬く成っているものも多いです。勿論ちゃんとメンテナンスをすれば回転はとても滑らかに戻ります。また連動距離計を内蔵しているので約60cmまで近接撮影が可能です。


フラッシュ取り付け接点は専用の形状の為、バルブ電球のフラッシュユニットもコダック純正品と成ります。
Signet35_RY2376-05.jpg     Signet35_RY2376-06.jpg
市場に出回っている中古は、接点保護キャップが欠けているものが多いかと思います。紛失し易いので注意が必要ですね。。。


WIND(巻き上げ)ダイヤルと REWIND(巻き戻し)ダイヤル中央には減算式(フィルム枚数に合わせ)のフィルムカウンターが付いていますが、フィルムWIND(巻き上げ)とシャッターチャージは連動しない為、シャッターチャージはレンズ横のレバーで行う必要が有ります。また、前期よりも前の初期モデルにはもう一つ外観的特徴が有り(確信は?ですが…)。。。レザーに印刷された“KODAK Signet 35 CAMERA”の金色文字上にセンターマーク“”が金色ではなく画像の通り赤色“”に成っています。。。
Signet35_RY2376-07.jpg     Signet35_RY2376-08.jpg
二重写し防止機構搭載、非セルフコッキング式を採用。


裏蓋には、
絞り(F値):3.5・4・5.6・8・11・16・22
シャッター:300・100・50・25
天気:BRIGHT SUN=(快晴※雲量が1以下)・HAZY SUN=(晴れ※雲量が2以上8以下)・CLOUDY BR'T(BRIGHT)=(薄曇※雲量が9以上)
それからコダックの“SUPER-XX・PLUS-X・PAN-X・KODACHROM”と当時のフィルム名が書かれた露出計算板がセットされているので、他社製フィルムを使おうとすると感度設定が解らないですね。参考までに…フィルム感度ISOに合わせると“SUPER-XX=(ISO 200)・PLUS-X=(ISO 100)・PAN-X=(ISO 50)・KODACHROME=(ISO 25)”に成ります。
Signet35_RY2376-09.jpg   Signet35_RY2376-10.jpg   Signet35_RY2376-11.jpg
フィルム圧板は、ぼくが今までレストアした約30台近くを見る限り初期~中期モデルまでミラーでした。


比較的逆光に強いカメラですが…
Signet35_RY2376-12.jpg
コダック純正アダプターリングを付けてみました。浅いですがフードの役目も少しは果たせそうです。。。


次は、2台目の紹介です。レンズの頭2行のアルファベットが“RC”だから発売年の1951年生産/3,802個目の製造と成りますね。。。
Signet35_RC38020-01.jpg   Signet35_RC38020-02.jpg   Signet35_RC38020-03.jpg
レザーに印刷された“KODAK Signet 35 CAMERA”の金色文字上にセンターマークは金色“”に成り、販売終了年まで同色です。。。


裏蓋は先の“RY”と同様、
絞り(F値):3.5・4・5.6・8・11・16・22
シャッター:300・100・50・25
天気:BRIGHT SUN=(快晴※雲量が1以下)・HAZY SUN=(晴れ※雲量が2以上8以下)・CLOUDY BR'T(BRIGHT)=(薄曇※雲量が9以上)
それからコダックの“SUPER-XX・PLUS-X・PAN-X・KODACHROM”と当時のフィルム名が書かれた露出計算板がセットされているので、他社製フィルムを使おうとすると感度設定が解らないですね。参考までに…フィルム感度ISOに合わせると“SUPER-XX=(ISO 200)・PLUS-X=(ISO 100)・PAN-X=(ISO 50)・KODACHROME=(ISO 25)”に成ります。
Signet35_RC38020-04.jpg     Signet35_RC38020-05.jpg
フィルム圧板は、ミラーです。


こちらも、コダック純正アダプターリングが余っていたので付けてみました。。。
Signet35_RC38020-06.jpg
接点保護キャップも有ります。


ぼくのシグネット 35 の最後の3台目コレクションです。レンズの頭2行のアルファベットが“RO”なので発売年の1956年生産/9,669個目の製造と成ります。ただの製造番号が何となく気に入ったので保持しただけですが…
Signet35_RO9669-01.jpg     Signet35_RO9669-02.jpg
1956年だと中期モデルに成り、前期に比べ外観・機械部など色々と変更・改良がされ熟してきてますね。。。


裏蓋はその年代によって使われるフィルムも変わるので…
絞り(F値):3.5・4・5.6・8・11・16・22
シャッター:300・100・50・25
天気:BRIGHT SUN=(快晴※雲量が1以下)・HAZY SUN=(晴れ※雲量が2以上8以下)・CLOUDY BR'T(BRIGHT)=(薄曇※雲量が9以上)
それからコダックの“SUPER-XX・PLUS-X・PAN-X・KODACHROM”と当時のフィルム名が書かれた露出計算板がセットされているので、他社製フィルムを使おうとすると感度設定が解らないですね。参考までに…フィルム感度ISOに合わせると“PLUS-X=(ISO 100)・PAN-X=(ISO 50)・EKTACHROM=(ISO 100)・KODACHROME=(ISO 25)”に成ります。
Signet35_RO9669-03.jpg   Signet35_RO9669-04.jpg   Signet35_RO9669-05.jpg
中期〜後期モデルの特徴の一つとしてフィルム圧板が、カラーフィルム対応の黒に成りました。。。


コダック純正のシリーズVレンズフードセットが余っていたので付けてみました。。。
Signet35_RO9669-06.jpg     Signet35_RO9669-08.jpg
セット内容はアダプターリングφ28.5mm、スカイライトフィルター、フィルター止めリングです。


フードが付く雰囲気も可なり変わりますね。。。
Signet35_RO9669-07.jpg     Signet35_RO9669-09.jpg
取り回しが多少し難く成りますが有ると便利です。


今と成っては、数少ないフードセット
Signet35_RO9669-10.jpg
大口フードで迫力有りますね。。。


根強い人気の“Signet 35”ですが、何と云っても50年以上も前の古いカメラですから、メンテナンスは欠かせませんね。。。
Signet35_RO9669-11.jpg   Signet35_RO9669-12.jpg   signet35_00.jpg

これからも大切にしますよ。。。


関連記事

2011.06.10 Fri l クラカメ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/210-3d8538a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。