上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
先日、久しぶりに友人と会い食事をしながら楽しい一時を過ごしました。それで以前から依頼されていた幾つかの修理品を受け取りその中の一つ!LEDエミッターは高光度の“CREE 3W”を搭載し、単3乾電池1本で可動する小型のLEDハンディーライト“YIQUAN YQ-1501”の修理です。
YIQUAN_YQ-1501-01.jpg     YIQUAN_YQ-1501-02.jpg
修理の内容は…画像の通り~何故かヘッドをバラシた時に赤と黒の電線をねじり切った様です(^^;)


それでは断線修理に掛かりますが…お決まりの!

ココ↓から先の記事について、注意とお断り
○個人での改造行為はメーカー及び修理業者などの保障や修理は一切受けられない可能性が有ります。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、自己の責任と管理です。


先ず内側ヘッドにはめ込んであるモジュールをグリッ!と外します。
YIQUAN_YQ-1501-03.jpg     YIQUAN_YQ-1501-04.jpg
切れた赤と黒の電線を外し新しい電線に付け替えます。序にハンダ付けの修正もしました。。。


内側ヘッドに開いてある電線を通す穴ですが、よく見ると穴を開けた時のバリがそのまま付いていました。
YIQUAN_YQ-1501-05.jpg     YIQUAN_YQ-1501-06.jpg
このままでもアルミ材なので取れても大丈夫かと思いますが、気分的に宜しく無いので、ヤスリで綺麗に面取りしました。小さい穴なのに結構バリが付いていましたね。。。


モジュールをはめ込んだ時に内側ヘッドから出る2本の線の長さを適度に調整します。。。
YIQUAN_YQ-1501-07.jpg     YIQUAN_YQ-1501-08.jpg
そのままLEDエミッターを付けようと思ったのですが…ココでプチ改善!エミッター裏のフラットなアルミ放熱板と内側モジュールの設置面が凹でいる為、十分に熱が逃げるのかが疑問…


まぁ長時間、照射しなければ問題無いのでしょうがココも気分的に宜しく無いので以前の記事“復活!第2弾 MAG-LITE 3セル用~低コスト 自作すーぱーLED電球”でも使用した液体の高放熱性シリコン接着シール剤を塗布して密着させます。このシーリング剤は、ぼくのお気に入りで放熱性・熱伝導性に特化し、更に電気特性・防振固定にも優れた接着シール剤です。
YIQUAN_YQ-1501-09.jpg   YIQUAN_YQ-1501-10.jpg   YIQUAN_YQ-1501-11.jpg
凹み中央に適量のシリコン剤を塗布して、速やかにエミッターを載せ2本の線材をハンダ付けをします。この時、余分なハンダのヤニやカスなどアルコール等で洗浄して綺麗にします。


液体シリコンが余分なところに移らせないのとLED素子のセンターを決めるため、内側ヘッドと外側ヘッドを軽く組みます。
YIQUAN_YQ-1501-12.jpg     YIQUAN_YQ-1501-13.jpg
次にリフレクター側のヘッドを組みながら内側ヘッドの適正な位置を決めます。


配線時には点灯チェックをしましたが、念のためシリコン剤が硬化する前にもう一度、点灯チェック!おぉっ!眩しい~
YIQUAN_YQ-1501-14.jpg     YIQUAN_YQ-1501-15.jpg
シリコン剤を硬化させる為、24時間ほどレンズ面を下にして放置…ライトを横や上面にしたままだとシリコン剤が偏ったりモジュールの方へ多く流れ込んだりする為ですね。。。


はい!修理完了です。
YIQUAN_YQ-1501-16.jpg
光束(lm)は不明ですが、流石“CREE”眩しいですね。。。(^^)



オマケ
単3乾電池1本仕様繋がりで、以前の記事でも載せた“【Amazon限定】 単3型電池1本駆動 高輝度LEDハンディーライト 2本セット RL-AABK2-Y”と並べてみました。。。勿論、製品自体の品質等は比べ物に成りませんがけど。
YIQUAN_YQ-1501-17.jpg   YIQUAN_YQ-1501-18.jpg   amazon_LED-06.jpg
明るさは当然、“YIQUAN YQ-1501”のCREE製 3W“SUPER LED”ですね。色合いも純白です。因みにAmazonの“HX-G011”は、1W“5mm 広角帽子型”で画像の通り純白の青系寄りですね。。。安価に取り敢えず1本電池で駆動するLEDフラッシュライトが欲しければAmazon限定の品は2本セットで790円の通常配送無料と…電池も付いて超激安ですよ。。。


関連記事

2013.06.06 Thu l 電子工作など l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
もう職人の域ですね。流石です。
内側ヘッドを取ろうとしたら、エミッターが本体に噛んでしまって取り残され、線がねじ切れたそうです(笑)と、本人が申している様です。
やはり「CREE」球は違うのですかね?
2013.06.06 Thu l カリブ. URL l 編集
Re: No title
>カリブ さん 先日はありがとうございました。久しぶりに楽しかったです。
それに、ワクワクする教材(笑)の提供ありがとうございました。
たぶん購入時の品質よりは多少良く成っていますよ(*^^*)

使用するCREEの種類(ランク)にもよりますが、LuxeonやSSC、
海外ノーブランドなど同ランクと比べても純白度、明るさが上かと
感じました。 どちらにしても熱の上昇によって明るさに影響が出るので
ヒートシンク、放熱効果を高めないとですね。。。
2013.06.07 Fri l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/195-7641ec76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。