デスクトップでも十分楽しめる、 ヨコモのカードサイズクローラー“nanoQLO(ナノクロ)”です。
   Yokomo_nanoQLD-01.jpg   Yokomo_nanoQLD-02.jpg
ぼくが購入したのはnanoQLOはバージョンアップ品で、走破性と信頼性をアップした「ナノクロ2.0トラックボディ仕様」です。


トラックボディは軽いポリカなので良いのですが、見た目が少々リアルさに欠けますね。
Yokomo_nanoQLD-03.jpg   Yokomo_nanoQLD-04.jpg   Yokomo_nanoQLD-05.jpg
そこでトイラジメーカーでお馴染みのCCPから販売されている…1/58“リアルドライブnano ビックタイヤ”の細かく着色されているボディを付けてみようと思います。。。


今回、CCPの“リアルドライブnano ビックタイヤ”の中で選んだのは“ジープ・ラングラー”にしました。
   Yokomo_nanoQLD-08.jpg   Yokomo_nanoQLD-09.jpg
手持ちのトイラジでハマー系が多かったのでハマーは除外。。。なのでこの“ジープ・ラングラー”か“フォード・ラプター”かで迷ったのですが綺麗なメタリックブルーがイイかなと…


“nanoQLO”と“リアルドライブnano”を並べてみました…
Yokomo_nanoQLD-10.jpg   Yokomo_nanoQLD-11.jpg   Yokomo_nanoQLD-12.jpg
ボディサイズも殆ど同じ様ですね。。。


リアルドライブnanoのボディ内側のネジ止め4箇所部分をニッパーで切り取りますが、初めから根元でパチン!と切断だとボディに負荷が掛かり過ぎる感じなので少しずつ切り取って様子を見ながら行います。。。
Yokomo_nanoQLD-13.jpg      Yokomo_nanoQLD-14.jpg
ニッパーである程度切り取ったら残りの凸凹を“プロクソン ミニルーター”でぼくは削りました。。。


手持ちの材料で済ませたいので、粘着付きのクッションテープで適当に位置調整しながら張り合わせました。またボディとシャーシとの着脱をし易くする為、これも粘着付きのマジックテープを少し使いました。
Yokomo_nanoQLD-15.jpg Yokomo_nanoQLD-16.jpg Yokomo_nanoQLD-17.jpg Yokomo_nanoQLD-18.jpg
ただ、少しのマジックテープでも着脱を繰り返すと特にクッション同士の粘着力が弱く剥がれ易ので、ボンド系の接着剤で補強しました。意外とシッカリ張り付き問題は無しです。。。


完成…
Yokomo_nanoQLD-19.jpg   Yokomo_nanoQLD-20.jpg   Yokomo_nanoQLD-22.jpg
クッション材を結構重ねたけど、元々軽い素材なので走破性には特に変わり無し…っていうか純正ボディでも転がり易いですよね。。。


ヨコモの“nanoQLO(ナノクロ)”と、CCPの“リアルドライブnano ビックタイヤ”の中で選んだのは“ジープ・ラングラー”や“フォードF150 SVT ラプター”・“ハマーH3”など…

まとめて購入しちゃうなら、5,250円以上で送料無料の“ラジコン夢空間”さんがお勧めですね。。。


関連記事

2013.02.26 Tue l トイラジ(ラジコン) l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

いきなりすみません(・・;)
そちらの方で調整された、中華スナイパーライフルを売って頂けないでしょうか?
2013.03.02 Sat l のほ. URL l 編集
Re: いきなりすみません(・・;)
> そちらの方で調整された、中華スナイパーライフルを売って頂けないでしょうか?

のほ さん こんにちは、コメントありがとうございます。
メンテしたお気に入りのコレクションなので、売るきはありませんデス。f^_^;)
2013.03.02 Sat l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/192-74ac0c7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)