今回は“SONY felica”USB対応の非接触ICカードリーダ/ライタ RC-S320(PaSoRi)のプチ作業です。。 ICカードリーダはパソコンに接続して、プリペイド型マネーサービスなどを利用するのに便利な機器ですが、ぼくの場合は“PASMO”とセブンイレブンの“ナナコ”の残高・履歴確認程度しか利用していません。。。なのでICカードリーダを買ったはいいが殆ど使っていない放置状態です。。。
PaSoRi_RC-S320-01.jpg     PaSoRi_RC-S320-02.jpg
そこでちょっとイタズラ感覚で、ポーリングランプの緑色LED点滅発光を手持ちの青色LEDに交換しちゃいます。別に交換したからと云ってどうっ!て事は無いのですが…見た目の自己満足で(^^;)


分解する前にお約束…この記事についての注意とお断り

○個人での改造行為はメーカー及び修理業者などの保障や修理は、一切受けられない可能性が有ります。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、自己の責任と管理です。


分解するには裏面2箇所の黒いゴムを剥がすと+ネジが有るのでそれを外します。。。
PaSoRi_RC-S320-03.jpg
次に表面カバーをランプ側に下ろす感覚でスライドさせると外れます。


中身はシンプルでセンサー部分と青色の基板だけです。
PaSoRi_RC-S320-04.jpg     PaSoRi_RC-S320-05.jpg
さて基板に載っているチップLEDのサイズはミリ表示だと“1608”、インチだと“0603”ですね。


手持ちに同サイズの青色チップLEDが有るのでこれと交換しちゃいます。。。
PaSoRi_RC-S320-06.jpg
チップLEDの大きさは定規の目盛りを参考に…


先端の尖ったハンダゴテを2本使いササッ!と元の緑色チップLEDを外します。
PaSoRi_RC-S320-07.jpg
外した電極にハンダを適量に盛り、その上にフラックスを塗って置きます。。。


極性の確認をしてねLEDのチップ交換が出来たらフラックスなどの余分な汚れをアルコール等で洗浄します。
PaSoRi_RC-S320-08.jpg     PaSoRi_RC-S320-09.jpg
発光すると明るく綺麗な青色に点滅します。。。


後はカバーとネジを付けて元に組み直します。
PaSoRi_RC-S320-10.jpg   PaSoRi_RC-S320-11.jpg   PaSoRi_RC-S320-12.gif
以前の緑色よりもハッキリと青色に発光しましたね。。。今後はPS3に接続してEdy利用でダウンロードソフトを購入する時に青く光れば更に機器の一体感!? 別に青に変えたからといって…ですが…


因みに前回の記事“300円ガシャポン 仮面ライダー ウィザードリングを発光させてみた。”のウィザードリングをICカードリーダのプラットフォームマークに近づけると音は当然鳴りませんが、発光はします。。。
PaSoRi_RC-S320-13.jpg     
ぼくの“PaSoRi RC-S320”は現行モデル“PaSoRi RC-S380”よりも前の物ですが、使い方によっては色々と楽しめそうですね。。。


関連記事

2013.02.02 Sat l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/189-adb02b98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)