上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回の“Snow Wolf社製 M24 ジャングルカモ”に続き、またまたエアーコッキング式スナイパーライフルを海外通販で購入しちゃいました。。。中華系通販ショップで比較的対応の良い“RSOV.com”さんで注文しちゃいました。購入したのは、エア・コッキングタイプのWell社製“Sharp-Shooter sniper rifles with Scope and bipod (MB07D - Black)”です。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-00.jpg
価格はUS$85.99、日本円で約6,800円前後ですが、ぼくは会員の特典条件をクリアしているので価格から12%引きに成りUS$75.67、日本円で約5,900円位に成りました。それにスコープとバイポッドがセットなので品質はともかくリーズナブルな感じ?それと今回は、他に(会員割引対象品)“A Plus製 Airsoft hop up rubber for WE open bolt / VSR”(HOPパッキン)も一緒に購入しました。注文時にはいつものように英文で“デチューン”と“インボイス”の依頼して、いつもの通り証明書を前回同様に送ってくれました。勿論、荷物にも添付されます。。。


-PayPal支払いで、注文から配達までの流れ-
1.日本時間:26日 6時 
※オーダー時備考欄に98ジュール以下のデチューンおよび証明書添付を依頼
  1 x gun_0646 'Well' Sharp-Shooter sniper rifles with Scope and bipod (MB07D - Black) = ¥5,938.58
  1 x prt_0543 'A Plus' Airsoft hop up rubber for WE open bolt / VSR = ¥689.84
  ------------------------------------------------------
  小計: ¥6,628.42
  Hong Kong Post Office Airmail Parcel Post(7-14 days) : ¥3,202.58
  合計: ¥9,831
2.日本時間:27日 11時
  引受,香港
3.日本時間:31日 20時
  香港から日本へ発送(国際小包)
4.日本時間:翌月1日 14時~2日 9時
  日本着~通関手続き
5.日本時間:2日 10時 ~ 3日 7時
  国際支店から発送~支店~配達支店
6.日本時間:3日 13時
  お届け完了
※オーダー後、直ぐにPayPal支払しデチューンの依頼は、HP内の“Order Communication”に英文でコメントしました。又は、オーダー後にメールで“Order Comment”の案内が来るのでココで問い合わせしても良いでしょう。また回答は、“Debby”さんが丁寧・親切にスムーズに回答してくれました。今回も好印象でした。。。


品物はこの様に届きました。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-02.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-03.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-04.jpg
開封! お馴染みの発泡スチロールの粉が舞います。。。


これは見ての通り、マ○イ VSRのコピー…ですね。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-05.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-06.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-07.jpg
今回の購入した最大のきっかけは、シャープバレルに4本の溝が入ったフルートバレルが気に入ったのと、“Snow Wolf社製 M24 ジャングルカモ”同様、3-9×40スコープと取り付けマウントリング&バイポットがセットされていて価格的にお得感が有ったからです。。。


それでは箱明け速攻でオーバーホールの為、分解しちぁいます。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-09.jpg     AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-10.jpg
ストックを外しバレルを固定している20mmレイルの六角ビス1箇所を緩めればバレルを回して外せます。外してみるとバレルを固定した状態で回したのかネジ切り部分に沿って引きずった傷が付いてました。それと中華コピー低品質の「現場合わせ」的な加工なのかチャンバーとその固定ビスがヤスリで一緒に削られている…まぁビックリする程の事じゃあ無いですけどね(汗)。。。


それではチャンバー一式とノズルの調整をします。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-11.jpg     AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-12.jpg
ノズルは洗浄とバリ取りをしてこのまま使用します。HOPパッキンは画像の通り口の部分が傷だらけで弾力も少ないパサパサ?したような質の悪いゴムでした。。。


中華系の付属している純正ゴム類はトイガンに限らず粗悪品が目立つんですよね。それを見越して一緒に購入した“A Plus”の マルイ VSR対応のHOPパッキンに交換します。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-08.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-13.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-14.jpg
交換したら少しでも気密UPさせる為、“シリコンシールテープ”を巻きます。


次は、シリンダーですが…画像の通りベタベタグリスに削れた鉄粉が沢山付いてます。あと全体にやっぱりグリスが多めですよ。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-15.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-16.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-17.jpg
シリンダーヘッドにはデチューンの為の弾速制御用のスクリューが入っています。海外サイトの情報で見つけましたが、(0.20g)で Before (310FPS)/ After (450FPS) だそうです。スクリューが入っている(310FPS)だと単純に1J以下に成りますね。


給排気系をメンテする為、分解します。分解するとやっぱり過剰なグリスとオイル?でベタベタ。。。洗浄したらシリンダーやピストンなどの成型時のバリなどを取ります。ピストンヘッドのゴムダンパーとOリングは品質が悪いので、ホームセンターで購入した水周り補修用のOリング(ニトリルゴム)に交換。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-18.jpg AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-19.jpg AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-20.jpg AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-21.jpg
ピストンヘッドのゴムは前回の“Snow Wolf社製 M24 ジャングルカモ”にも使用した驚異的な衝撃吸収力素材“三和(サンワ) 耐振両面テープ(ソルボセイン) SA90381A”を使います。更にぼくの場合ソルボセインだけの使用だと打撃によって劣化が早まると思い、気休めですがホームセンターで買った0.1cm厚のゴム板も一緒に貼り合わせます。。。最近は、ソルボセインを使った“LayLax/PSS10 ライラクス製VSR-10ダンパーシリンダーヘッド用 サイレントダンパー”などの製品が販売されているので使ってみるのも良いかも知れませんね。 あと序に気密性を高める為に水道、空気配管に使用する“シリコンシールテープ”をシリンダーヘッドのネジ切り部分に巻いて置きます。。。


Well純正スプリングは…マルイVSRの長さに近いのですが細径の為、マルゼンAPSタイプの細径を使います。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-22.jpg
交換する日本製スプリングは ORGA AIRSOFTで以前まとめ買いした、APS互換(APS / SW-M24 / WELL)“Magnus Spring for APS”を調整しながら切断して使用しました。最後にゴム板表面やOリングに薄くシリコングリス塗り、シリンダー内やスプリング等にシリコンスプレーを薄く吹いて組み直し、通常のメンテ同様に仕上げます。


バレルにノズルを組み戻すのですが、Well純正のバレルスペーサーは中央に1個だけでしかも少し柔らかいスポンジみたいなクッション材で出来ています。これ1つだけで効果は?だし、気分的に宜しくないので追加しちゃいます。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-23.jpg     AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-24.jpg
これも、ホームセンターで見つけたゴム系の水周り補修用品2種でサイズがWell純正バレルスペーサーと同じでした。。。これだけだとノズル中央だけの固定に成るので、以前100円均一購入したエチレン酢酸ビニル製のEVAボードを使って円切りカッターでノズル先端近くとチャンバー近くのバレルサイズに適当に合わせて自作しました。。。


最後は弾速を規制の0.2g弾使用時で0.98J(銃口初速が99.0m/s以下)に調整し内部は完成です。しかし試射の結果HOPの調整は初めから効き過ぎているのは気に成りますが、それより弾が20M辺りから右に流れてしまいます。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-25.jpg
なので、もう一度チャンバーを分解してストライクアームのHOPテンションが2点保持だったので、間に直径2.5mmの線材を切って瞬間接着剤で貼り付けパッキンに掛かるテンションを均一化。更にHOPの効き過ぎを少なくする為、線材と同じ高さ位まで凸部を削りました。結果、真直ぐに弾が飛ぶように成りました。。。



追記:2012/08/13

前回の“Snow Wolf社製 M24 ジャングルカモ”にも追記しましたが、ジャングルカモ柄の剥げの保護とツルツル質感の改善の為、ウレタンスプレーでトップコートをした際、一緒にこの“Well Sharp-Shooter”も塗装しました。※注意:塗装前には必ず脱脂と埃除去をし、必要な箇所にはマスキングテープを貼って保護します。
     AEGs-SW_M24_j_camo-23.jpg
使用するウレタンスプレーは、強靭な塗膜を必要とする自動車や二輪車、その他金属製品、産業機械・器具・工具類などに最適な高品質塗装でお馴染みのイサム塗料の2液アクリルウレタン樹脂スプレー塗料“エアーウレタン”つや消しクリヤー 315mlです。つや消し塗料は表面が細かいザラザラ感に成るので滑り止め効果も有りお勧めです。。。


“イサム エアーウレタン”つや消しクリヤー 315mlは2液なので硬化剤と混合すると徐々に硬化反応が始まり可使時間 (有効時間)が有ります。一度使用したらその日の内に使い切らなくてはいけないので、流石にストック1本だけでは勿体無い…
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-01.jpg     AEGs-SW_M24_j_camo-24.jpg
Snow Wolf社製 M24 ジャングルカモ”も一緒に吹き付けちゃいますが、その前にこの“Well製 Sharp Sniper Rifle MB07-01”のストック初めから小傷が多いので表面を軽く補修してから先程↑にも写っていたホームセンターのカインズで購入したオリジナルの激安スプレー缶“ つや消しブラック”でお化粧し完全乾燥してから“イサム エアーウレタン”つや消しクリヤーで吹きました。。。


“イサム エアーウレタン”で塗装後の乾燥時間は、初期乾燥:30分、初期硬化乾燥:60分、完全硬化乾燥:78時間(気温20℃・湿度65%)、塗り重ねは10~20分後で冬期5℃以下の気温では塗装不可。でも、今の外気温既に30度越え。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-26.jpg     AEGs-SW_M24_j_camo-25.jpg
スプレー缶の容量をみながら適度に重ね塗りしました。画像で解るかな?細かい粒子で表面が凹凸した好い感じに成りました。。。


関連記事

2012.08.12 Sun l トイガン l コメント (7) トラックバック (0) l top

コメント

No title
お!またまた購入されたんですね~w
オリジナルで部品を作られるので
またそこがいいですね~。
2012.08.13 Mon l あくわひがし. URL l 編集
Re: No title
>あくわひがし さん
いゃ~(^^;) 暇つぶし程度でして…
でも何かやっていないと落ち着かない性分みたいです。。。
2012.08.14 Tue l つぐつぐ. URL l 編集
5年以上エアガンをリタイアしてました・・・
以前は貴殿のように10年程のめりこみハマって独自の解釈と工夫でDIYでパーツ補助してましたが、中国製でも新品の箱出しでまず色んなパターで試射して完全に悪い状況に毎度同じようになるなら(例、HOPパッキンが柔らかいのでカスタムパーツの固い丈夫なものを購入して入れるより、柔らかい純正のHOPパッキンを冷蔵庫で冷やしてから使うとカスタムパーツよりいい結果が出ます。)先入観で中国製>酷い>カスタム脅迫観念...が出るのです、自分もそうでしたからね(笑)マルシンやマルイ・マルゼンの長物のHOPパッキンをカスタムパーツにして貴殿と全く同じように全工程を試行錯誤しながらやりました(春から夏でした)、或る日深夜にたまたまNHK教育で物理の番組を見ててゴムや金属の分子変化による運動なるものを見て、温度変化に因ってゴムの本質的運動も変化すると分かり、それから長物を箱出し時の純正に戻し試射(このとき冬でした)しました、結果は凄く良いグルーピングでした、HOPも少し固く効きも良かったです。それから電動物なども純正に戻しました。パワー志向・飛距離志向、にみなさんそれでカスタムする気持ちも同感します、DIYで6ミリ穴口径のステンレスパイプに>>を詰めて飛ばしたのが最高パワーでした、山や誰もいない1キロ四方の空き地でしましたが10Jは絶対に超えてるパワーでした。行き着くとこまでしたらもう降りるだけでしたし覚めてしまい辞めました。実銃が販売されてない日本は正しいし平和っていいんだなあと感じました。話がそれてしまいましたね、まぁトイガンメーカーの製作者・技術者はユーザーよりいっぱい研究して製品化にしてるので経年劣化以外の問題にはテストして対処してます、プロですからね。所詮、自分等はアマチュアです。カスタムパーツメーカーの手の内で転がされて身ぐるみ剥がされてます(笑)。プロの技術者が作ったものに粗悪なものはありませんよ、まぁ組み立て&仕上げは雑ですよね、ギターも同じでして中国製のは組み立て(セットネックが非常に超難しいんですこれが、自分もキットで試作したが次元が違うと感じるほどの難しさで結局できずに挫折)や仕上げが酷いです、ギターの製作技術レベルはまず1番は日本です、2番アメリカ&ヨーロッパ、3番インドネシア、4番ベトナム・韓国、5番中国 です。余談ばかりでしたが最近また射撃でもしようかなと思い(今回は室内10M以下で遊ぶ目的のみです)探してたらWELL社製を見つけたので、関連記事からこの執着駅に止まりました。スコープ付きでこの価格は考えられないですよね、いい時代になりました。
2013.12.22 Sun l 初めまして!. URL l 編集
Re: 5年以上エアガンをリタイアしてました・・・
> 初めまして! さん 
とても興味深いコメントを頂きまして、ありがとうございます。

どの趣味にも、そのものに対して色々な興味を求める様な方向性が有ると思うので、日本国内メーカーの研究された商品を支持する方々(これが普通でしょうが…(^^;))からしてみると某国製の粗いコピー品に対しては、酷評も多くみられますよね。それも十分承知の上であえて手をつける…日本メーカー製に精巧なカスタムパーツなどを組み調整すれば其れなりの効果と自己満足度が向上します。勿論、某国のコピー品にも日本メーカー無い魅力(刻印やマイナーモデルアップなど…)も多々有り、出来の悪い部分を調整する為に、自分で加工出来そうな部分はホームセンターなどで使えそうな材料を探したりして、初めまして!さんと同じ様に独自の解釈と工夫で細工を行う事が楽しいと思ったりしています。ぼくは野山を駆け巡るより、弄っている方が好きなので…(笑)

中国モノ、ギターの組み立てキットもチャレンジされているのですね、凄いですね~ ぼくも古い日本製のギター(ヤマハ製 FG300D と FG350D)をまともに弾けもしないの持っています(汗)。最近のテレビ番組(和風総本舗・ガイヤの夜明けなど)を好く見るのですが、やっぱり日本のモノづくり精神は素晴らしいと感心するばかりです。ぼくはベースが他国製でも、それに独自の技量で手を加えれば限度が有るでしょうが、其れなりに自己満足であっても良いモノに近づいて行くと思っています。 まぁその作業工程が楽しいのですけどね(笑)。。。
2013.12.23 Mon l つぐつぐ. URL l 編集
Re・・
FG300Dは、エレキギターですか?もしかしてフジゲン製ですか?フェンダー・シェクター・アイバニーズ・トーカイ等・・エレキですが、いろんなギター弾いてきましたが富士弦(サークルフレッティングシステム・CFS)が最高ですね、3本持ってます、最近の現行モデル(NCST)です、ほントはこれ系にばっかりお金使ってます(笑)。昨年から、カラスがゴミ荒らして鳴き声もうるさく下校中の学生の頭を突いたりしてたのですが、或る日ギターのレコーディング中(アンプにマイク接着)カラスのカァーと雑音が入りベストテイクを駄目にされカラス駆除目的に、久しぶりにエアガンを探しました。検索しててどうやらウェルMB=02がパワーあるとゆうレビュー見て、安価だったので買いました、このブログも参考にしましたよ(感謝)、当然のことカラス退治ですからデチューン外してホップもチェックしました、貴殿様のMB-07Dと中身は同じですがホップパッキンは丈夫で厚くインナーバレルを空気漏れ(線香でチェック)無く包み込んでましたから、これ使ってます。ストライクアームってゆうんですか?そこのホップテンションの2点の間に、口径2ミリ長さ3ミリのネジをねじこみ、ホップレバーいっぱい引いたらインナーバレルの円にお椀状の黒いラバーが顔を出しました。試射したところホップかかり具合は好調です、15M先ではホップかけないで30センチ以内のグルーピングです。スコープ代わりにケンコーの32ミリ径の単眼鏡(15~50倍)を付けて(笑)射撃練習してます!
2014.02.02 Sun l 富士弦. URL l 編集
Re: Re・・
こんにちは、富士弦 さん コメントありがとうございます(^^)

FG300Dは、1980年代の安価なフォークギターです(^^;)
安価でも日本製で鳴りが良いと定評だったので練習用に使っていました。。。
最近はスタンドに飾った状態のオブジェに成っていますが…(汗)

WELL製MB02ですね。実は!ぼくも先月、価格に釣られ楽天のショップで購入しました。
海外で買っても差ほど価格の差が無いのでつい…確かに中身はMB-07Dと同じでしたね。
今月にはブログに載せますが、今回の固体はシリンダーヘッドの加工が酷く
修正しても駄目で、結局交換しました。これも楽しみの一つなんですけどね(笑)


2014.02.03 Mon l つぐつぐ. URL l 編集
フォークギターですか・・・
どうりで知らないはずでした、ギターはエレキとガットしか買わなかったものですから(笑)。
2014.02.04 Tue l 富士弦. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/173-0984ce7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。