エアガンのチューニングには欠かせないのがBB弾速計です。特にぼくの場合は海外製のエアガンを好んで買いますので、デチューン後のオーバーホールには絶対に必要な測定器ですね。BB弾速計は、数社から販売されていますが、性能・価格など総合的に現在、ショップ含め個人やチームでもこの台湾製の“XCORTECH X3200”を多く使用しているほど標準的な製品に位置づけられているそうです。
      
国内の流通は、ショップ販売で製品保障と日本語説明書が付いているとかで、“ミリタリーベース”さんや“G-trade JAPAN”さんなどだと安心して比較的安価に購入できます。または、出来るだけ安く買いたい場合はヤフオクや個人輸入等で入手する事も可能です。ただ気を付けなくてはいけないのが、この“XCORTECH X3200”には、旧ロットと最新ロットが有り、安いからといって確認しないで飛びついてしまうと「旧ロットだった」って事に成るかも知れませんね。まぁ安ければ旧も新も関係ないって方は別ですが・・・


参考までに最新ロットには、新たに2つの機能が追加されてます。

1.25回の弾速メモリー機能(SHOT MEMORY)搭載し、測定値を更に比較し易く成りました。(最終測定から25回分を記憶)
2.連射サイクル測定単位に従来のRPM(毎分表示)に加え、RPS(毎秒表示)が追加されました。(一般的にRPSが使用されており、都度換算する必要が無い)

AEGs-X3200-07.jpg
製品の保証に関しては輸入品の為、販売店によって規約が違います。


さて、ぼくが購入したのは勿論!最新ロットです。。。
AEGs-X3200-01.jpg     AEGs-X3200-02.jpg
海外製品のアジアモノだと特に電子機器に関しては品質に不安が有りますが、この“XCORTECH X3200”はPC基板でも高性能なメーカーと工場が多い電脳国、台湾製なので比較的安心感があります。実際、筺体を見ても綺麗な成型で何処かの中○製とは比べ物に成らない感じです。


本体の裏面には、
AEGs-X3200-03.jpg
電源の単4電池が4本収まるスライド式の蓋と、測定時に三脚などに固定して安定して使えるようにネジ穴が有ります。


測定部の口径に、
AEGs-X3200-04.jpg
アルミニウム製のエクステンションが付け、ココに銃口を合わせます。チューブ内径が約24mmも有りますので位置合わせも気軽に出来そうです。でも内部に弾を当てない様に気を付けましょうね。。。


さてぼく的にこう云う物の中身が気に成ります。中を見たからといって如何する事も無いのですが、参考程度に開けて見ます。
AEGs-X3200-08.jpg   AEGs-X3200-09.jpg   AEGs-X3200-10.jpg
分解するには、4スミのゴムキャップと電池ケース内の中央に有る、“保証期限”付きの開封保護シールの下に計5ヶ所のネジを外します。“保証期限”付きの開封保護シールは特殊素材なので、普通の剥がし方では破けて綺麗に剥がせませんが、ある方法で綺麗に剥がせます。でも!!「※注意:この保護シールを剥がすと保障期間有り無しに関わらず、如何なる理由でもメーカー・サポート外に成る可能性が高いです。」自己責任で!


ビスを外したら上部のカバーを持ち上げます。
AEGs-X3200-11.jpg AEGs-X3200-12.jpg
中身はシンプルで、メイン基板とセンサー基板、操作・表示基板の3枚の構成です。


メイン基板中央のCPUと水晶発振器、IC、チップ、電解コンデンサなど実装部品のハンダ付けは見た限り綺麗です。
AEGs-X3200-13.jpg     AEGs-X3200-14.jpg
意外と手ハンダ付け(人間がハンダゴテを使う)の作業も多く、右画像の通り部品のリードをハンダ付けし、余分なリードをニッパーカットしているのが分かりますね。ハンダのヤニ汚れも少なくハンダの色艶も良く適正な温度管理の基、作業されている感じがします。。。 以上


最後に・・・日本語説明書が無くても操作ボタンが3つだけで表示が英語なので、少しでもエアガンに関心が有れば簡単かと思います。
AEGs-X3200-05.jpg     AEGs-X3200-06.jpg
ジュール、サイクル、速度、弾の設定が一目で確認できるので、チューニング後の弾速を規制の0.2g弾使用時で0.98J(銃口初速が99.0m/s以下)に調整と確認するには絶対!必要ですね。。。別の記事「初速(m/s)~ジュール(J)換算」も参考に…


関連記事

2012.04.16 Mon l トイガン l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/161-7c5a7274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)