トイ・エアガンを買うのは約25年年ぶり、当時はモデルガン&エアガンなど国内メーカーが盛んだった様な記憶が有ります。記憶では・・・コクサイ・マルシン・タナカ・MGC・CMC・マルイ・マルゼン・・・など他にも有ったと思うけど・・・どれもテレビドラマや映画に登場するシーンの影響を強く受けて色々と集めていました。それが40歳過ぎてからチョッとしたきっかけで、再び火が点いてしまいました(^^;)しかも中華製です。勿論、性能や筺体含めパーツの精密さは日本メーカーが最高ですが、中華の魅力としてヒンヤリしたリアルなメタルボディーや銃器の種類、低価格、多彩なカスタムパーツなどコピー低品質ながら購入意欲をそそります。また低品質でもある程度、オーバーホールや主要パーツを良品に換え調整してあげれば意外と遊べると思います。


そこで今回は海外通販で購入しちゃいます。。。勿論、日本国内のショップやオークションなどでも沢山出回ってますが、海外通販で入手したほうが送料含め安い場合も多分に有ります。(まぁ・・・ナショナル的なリスクは覚悟しなくてはですよ。) それでぼくが利用した日本向けに対応してくれる海外ショップは比較的評判の良い(AirSoft Panda)さんです。このショップでの注文時は日本語も対応してくれるので安心感が有ります。また注文から発送までの対応が早くスムーズにいけば一週間前後で手元に届く様です。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-00a.jpg

早速、(AirSoft Panda)さんのHPで物色したところ・・・[SPECIALS]ページで、GS製フルメタルの“M4 RAS CQB AEG”が$140.00(¥11,200)$130.00(¥10,400)にプライスダウンしてました。。。GS製なので海外メーカーの中ではマイナーなほうですが、ベース材としても遊べるのではと思いポチッ!と注文しちゃいました。。。ホントはCYMA製のM14 SOCOM(OD)も一緒に注文したのですが後から品切れのメールが来て「ブラックなら在庫有るよ~」と打診が持ちかけられましがキャンセルしました。。。

-PayPal支払いで、注文から配達までの流れ-
1.日本時間:18日 3時 
※オーダー時備考欄に98ジュール以下のデチューンおよび証明書添付を依頼
  1 x CYMA US Army M14 SOCOM AEG OD (CM032A-OD)* (cm032a-od) = ¥8,800
  1 x GS Full Metal M4 RAS CQB AEG* (gsm4rascab) = ¥10,400
  --------------------------------------------------------------------
  Sub-Total: ¥19,200
  Hong Kong Post Airmail (Shipping to JP : 9.95 kg(s)): ¥5,072
  Total: ¥24,272
2.日本時間:18日 16時
  日本語でCM032A-OD売切れ連絡受信
3.日本時間:18日 18時
  売切れのCM032A-ODキャンセルメール送信
4.日本時間:19日 17時
  引受,香港
5.日本時間:20日 13時
  香港から日本へ発送(国際小包)
6.日本時間:21日 3時~9時
  日本着~通関手続き
7.日本時間:21日 15時 ~ 22日 6時
  国際支店から発送~支店~配達支店
8.日本時間:22日 15時
  お届け完了
9.日本時間:30日 15時
  PayPal支払い済みのキャンセル品“CM032A-OD”の返金+送料差額が23日に完了とメール有り
・・・とスムーズな取り引きでした。。。


品物はこの様に届きました。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-01.jpg  AEGs-GS_M4_RAS_CQB-02.jpg  AEGs-GS_M4_RAS_CQB-03.jpg
日本語で、運送会社への心配りとお願いのメッセージが貼ってあり、良心的ですね。。。箱の中には、ちゃんと証明書などが添付されていました。


本当はココから箱出しレビュー(手抜きの画像主体ですが・・・)を・・・と思っていたのですが、写真撮るのをすっかり忘れて先にオーバーホールの為、分解に入ってしまいました。。。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-04.jpg
まぁ・・・分解やオーバーホールなどは、ネット検索しても色々な方がされているので、あえて詳しく載せません。。。また、ぼくのスタイルとして、ハイサイなどはせず、普通に遊べる耐久性で十分と考えていますので、元ギアなどの使えるパーツはそのまま使い、射速調整のスプリングや気密性に重要なパッキン、Oリングなど補修部品などを最小限にアマチュアレベルの交換調整をします。


なので・・・パワーユーザーさんの様な素晴らしい仕様には程遠いので、簡単に載せていきます。。。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-05.jpg AEGs-GS_M4_RAS_CQB-06.jpg
黒塗りされたメカボックスですが、機能に問題無いですがキズだらけですねぇ。。。これなら塗装しないほうが・・・


デチューンは簡単な加工のノズル損傷?それとも元々か?・・・
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-07.jpg
無論、良品質物に交換するので問題ありません。


メカボックスの中は・・・緑グリスではないですが、高粘度のグリスがベッタリと全体に塗られています。。。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-08.jpg  AEGs-GS_M4_RAS_CQB-09.jpg  AEGs-GS_M4_RAS_CQB-10.jpg
一応、シム調整して有るようですがスパギア表面に擦れ痕か?それにシム自体も悪く穴ズレ、歪みが当然、有り交換ですね。タペットプレートの作りも悪いのですがこれは少しヤスリで形を整えて使います。。。


グリスや金属カスなど綺麗にする為、部品を取り除きパーツ・クリーナーで綺麗にします。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-11.jpg
ベアリング軸受も洗浄して使い回します。


パーツクリーナーで洗浄後、筺体のバリが目立つところは、軽くヤスリがけします。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-12.jpg    AEGs-GS_M4_RAS_CQB-13.jpg
各ギアのシム調整をします。使用したライラクス PROMETHEUS シムはセット品で他の補修部品も含めまとめ買いしました。購入店は“ミリタリーキング”さんです。


ピストンのOリングは、ヤフオクで見つけた1個200円の“FRUS-Oリング”(画像左品)、日本製の特注製作品で、従来のフッ素Oリング(4種D)の1/3以下の動摩擦係数とほぼ全ての金属にくっつかない特殊な特性を持つ、幅広い耐薬品性を備えてるそうです。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-15.jpg    AEGs-GS_M4_RAS_CQB-14.jpg
ノズルは自己潤滑性能に富むPOM材を使ったOリング内臓の“ライラクス PROMETHEUS シーリングノズル”です。並べて見るだけでも品質の差が歴然ですね。。。


メカボックスのグリスアップが終わり、チャンバーの作業に入ったらHOPダイヤルの軸が折れてしまいました。。。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-16.jpg     AEGs-GS_M4_RAS_CQB-17.jpg
なので、手持ちのSHS製のチャンバーセットと交換しました。。。


今回、“GS Full Metal M4 RAS CQB AEG”のオーバーホールに交換した内部パーツ。
ピストン用、FRUS-Oリング
HOPチャンバー一式、SHS製



弾速を規制の0.2g弾使用時で0.98J(銃口初速が99.0m/s以下)に調整し内部は完成です。あと少し気に成る外装をプチ加工します。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-18.jpg  AEGs-GS_M4_RAS_CQB-19.jpg  AEGs-GS_M4_RAS_CQB-20.jpg
何故か水色矢印部分だけがガンメタリックで塗装され浮いた感じで違和感がありますので・・・


このパーツを外し脱脂して、ホームセンターで買った金属用スプレーの「つや消しブラック」で吹いちゃいます。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-21.jpg  AEGs-GS_M4_RAS_CQB-22.jpg  
ご覧の通り綺麗に違和感無く、塗装ができました。また、純正の後部フレームロックピンが緩く抜け易いので、前後とも本体にガッチリロックする“ライラクス F.FACTORY M16 フレームロックピン (BK)”に交換しました。


これで完了です。
AEGs-GS_M4_RAS_CQB-23.jpg     AEGs-GS_M4_RAS_CQB-24.jpg
中華製低品質ですが、日本製に比べ低価格で品質的にもリスクが有りますが、カスタムベースやメカボをオーバーホールして普通に遊んだり、観賞したりしても十分楽しめると素材だと思います。。。


関連記事

2012.04.27 Fri l トイガン l コメント (2) トラックバック (0) l top

コメント

No title
相変わらず器用ですね。
私はシム調整すら面倒でしたのでクリーニング後はすぐに閉じてしまいました。
2012.05.11 Fri l シーバス. URL l 編集
Re: No title
> 相変わらず器用ですね。
> 私はシム調整すら面倒でしたのでクリーニング後はすぐに閉じてしまいました。

せっかく開けたので…(^^) でも、調整とか面白いですよ。
2012.05.12 Sat l つぐつぐ. URL l 編集

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/155-e0bdbb15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)