上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
2001年9月に発売された“MINOLTA DiMAGE S304”は、同社の“DiMAGE 5”や“DiMAGE 7”の影響が強く売れなかった様で、発売から2~3ヶ月で生産中止となった「不運」なコンパクト・デジタルカメラでした。決して性能が劣っていた訳ではなく、ボディーも“DiMAGE 7”などと同じくアルミ合金で覆われ、GTレンズ、非球面レンズは9群11枚の4倍ズームを搭載し、CCDは原色フィルター付きの1/1.8型で総画素334万画素。また各モードメニューも含め力の入った機種でした。なので国内に流通している数も少ない為、今と成っては「幻の名機」とも云われているそうです。
s304-00.jpg     s404-00.jpg
しかし、日本では全く売れなかった“DiMAGE S304”ですが、海外では売れたそうです。その結果、後継機として日本未発売として400万画素の“DiMAGE S404”が発売されました。


ぼくとしては、400万画素に成った“DiMAGE S404”が欲しく海外から輸入しました。
minolta_dimage-s404-01.jpg
勿論、海外でなら日本では見かけない“DiMAGE S304”も多く販売されています。


それにしても・・・デカイですね。
minolta_dimage-s404-02.jpg
上から見ても分かる様に分厚いなボディは、とても日本のデザインとは思えない程ボッテリしてます。これでは日本人が好まないように思えてしまいます。海外の大柄な人が構えるには良い大きさかも知れませんね。


CCDレンズはコストの高いと云われている“GTレンズ”で、9群11枚(非球面レンズ含む)。
minolta_dimage-s404-03.jpg     minolta_dimage-s404-10.jpg
35mmカメラ換算で35~140mmレンズと同等で4倍。(7.15~28.6mm)


グリップ部分横に記録メディアのロック付きの蓋が有ります。
minolta_dimage-s404-04.jpg     minolta_dimage-s404-05.jpg
蓋を開けると記録メディアのコンパクト・フラッシュと、外部出力の“A/V OUT”、“USB”の端子が有ります。


底面には三脚穴の他に、バッテリーを格納するロック付きの蓋が有ります。
minolta_dimage-s404-06.jpg     minolta_dimage-s404-07.jpg
バッテリーは単3型電池を4本を使用します。電池を入れるとアルミボディが更に重量感が増します。


日本未発売ですが、表示言語選択には「日本語」が有ります。液晶モニターは1.8インチですが、日中の野外では見難いですが、光学式ファインダーを備えているので困る事も少ないように思います。
minolta_dimage-s404-08.jpg     minolta_dimage-s404-09.jpg
また上面にも白黒液晶パネルが有るので、背面の液晶モニターや光学式ファインダーを撮影環境に直感的に使い分けて対応できるのでユーザーにとっては親切ですね。


数少ない生産後にプロが絶賛した名機“DiMAGE S304”の後継機“DiMAGE S404”。
minolta_dimage-s404-11.jpg     minolta_dimage-s404-12.jpg
輸入するしか方法が無いのが残念ですが、保有しておきたい1台です。。。


関連記事

2002.03.15 Fri l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/147-f629642d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。