コダックの国内総代理店の加賀ハイテックから、6月に発売された“KODAK EasyShare V1003”。国内では細々と展開しているコダックのデジカメですが、今回は有効1,013万画素CCDを搭載して価格がナント!3万円台で買えてしまう安さです。。。
kodak_v1003-00.jpg     kodak_v1003-00a.jpg
安いからと言っても、金属性ボディにレチナブランドの光学3倍ズームを搭載した、まともなカメラです。。。ただ国内販売品はシルバー色の一色だけで非常に残念!海外ではシルバー色含め7色と販売意欲が感じられますね。


勿論、国内で買えば3万円台で買えるのですが海外の多彩なカラーを見てしまうと、どうしてもシルバー色では満足できず・・・海外通販で欲しいカラーを買ってしまいました。。。
kodak_v1003-00b.jpg
選んだカラーは、落ち着いた気品のある?“コーヒーブラウン”にしました。


注文してから一週間程で手元に到着です。
kodak_v1003-01.jpg     kodak_v1003-02.jpg
メーカーの画像だとコーヒー色の“ダークブラウン”だと思っていましたが、実物は“ダークブラウン・メタリック”と予想以上に美しい仕上げで、他のパーツはメッキ仕上げと今までのコダックとは思えない日本人好み的な感じがしました。。。


上部の電源ボタンを押すと、ブルーLEDが発光し流行を旨く取り入れてますね。
kodak_v1003-03.jpg     kodak_v1003-04.jpg
液晶モニターは約15万画素の2.5型と手頃な大きさで見やすいです。各操作パネルの配置や機能は、同メーカー人気モデルの2眼レンズを搭載した“KODAK EasyShare V705”とよく似ています。


電源は専用リチウムイオン充電池と記録メディアが同じ蓋に設置されます。
kodak_v1003-05.jpg     kodak_v1003-06.jpg
記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMCに対応します。


レチナブランドのオールガラス製の非球面レンズは光学3倍で35mm判換算で焦点距離:36~108mm、開放F値:F2.8~4.9。最短撮影距離は60cm。マクロ時は広角で5cm、望遠で40cmまで接写できコンパクトデジタルカメラとしては十分かと思います。
kodak_v1003-07.jpg
コダックお馴染みの機能として液晶モニターを見ながら写した画像のトリミングができる「カメラ内トリミング機能」や、V705でも有ったパノラマ画像を合成する機能も搭載してます。 また、従来からの定番機能として「シーンモード」、「カラーモード」なども健在で日本国内でも楽しめるコンパクトデジカメの一つと感じました。。。


関連記事

2007.08.26 Sun l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/141-c262b19c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)