上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
PENTAX Optio I-10に限らず、他カメラメーカーの純正バッテリーは高価格ですね。。。消耗品だし、旅行やイベントなどには特に予備に携帯しておきたい安心アイテムの一つだけど、この充電式バッテリーは充電、放電を繰り返すと、徐々に容量が減ってしまう性質を持っています。ぼく的には、こういった消耗品にお金を掛けたくないので、俗に言う“互換品”を選んじゃいます。。。
PENTAX_I-10-01.jpg     
この“互換品”に手を出すには少し注意が必要です。。。っと云うのは色々な販売店から種類によっては超激安の数百円台~で高くてもメーカー純正品の半値以下で買えてしまいます。また、バッテリーの容量も純正品と同じ程度から倍以上の大容量などなど、ユーザーにとっては魅力的な構成で販売されています。しかし、この“互換品”は中国生産の粗悪なセルを使っている事が多くあり、同じ中国製であってもメーカー指定の生産工場とは品質が違いますね。。。なので安いから、大容量だからなどで粗悪な互換品を買ってしまうと、直ぐにダメに成ったり、場合によっては破損してカメラだけではなく、思わぬ怪我を負う事も在り得る用です。だからと言って“互換品”が悪いとは言えず過去に有名な携帯電話メーカーやパソコンメーカーの純正バッテリーだって色々な事故なんかおこした事が有りましたよね。。。


まぁ純正品、互換品にせよ、品質の良いもので有れば特に問題ないのです。そこでいつもの様に楽天市場でPENTAX I-10の互換リチウムイオンバッテリーを検索してみました。。。その中で、品質・価格・容量に納得できそうな商品を見つけちゃいました。。。

デジタル関連の雑誌にも掲載された、バッテリー互換品の販売に信頼ある実績の ROWA・JAPAN (ロワ・ジャパン) さんです。日本のセルを使い製造した互換バッテリーは品質が高く、日本セルの製品だとサイクル寿命が長く、充放電を繰り返すサイクル特性は500回以上可能で(中国セル300回)。使い方によっては1000回以上も可能でだそうです。。。また一般的には500回の充放電の後、初期の容量の80%程度になるそうなので、大事なシャッターチャンスを逃さないためにも、予備として頼れるバッテリーは日本セルの商品が良いそうです。。。


っと云う事で早速、注文しちゃいましたよ。。。このPENTAX Optio I-10の純正 D-LI92に互換する LI-50B は定形外郵便の発送だと無料になるので、バッテリー代の税込 1,239円と激安で買えちゃいました。因みに純正 D-LI92 は定価が税込 5,250円で、だいたい4,000円前後で売られているようですね。。。
PENTAX_I-10-02.jpg
箱に貼られているラベルの通り、CELLS は、MADE IN JAPAN です。容量も純正品と同じ925mAhです。


しかも、使用セルメーカーは、SANYO(三洋)製ですので、これだけでも安心感有りますよね。。。
PENTAX_I-10-03.jpg  PENTAX_I-10-04.jpg   PENTAX_I-10-07.jpg
勿論、日本国内で電気製品を製造・輸入・販売する為の安全基準を満たしている為、PSEマークは本体とロア・ジャパンのシールにも入っていますし、PL保険(生産物賠償責任)に加入しているのでバッテリーが原因で起った事故などについて賠償されるので安心ですね。。。


純正品の D-LI92 と並べてみました。。。
PENTAX_I-10-05.jpg     PENTAX_I-10-06.jpg
最後に・・・当然カメラメーカー側では、純正品・推奨品以外の製品を使っての故障・トラブルなど保証は認めませんので、この様な社外品の互換バッテリー等の使用は、全て自己の責任と管理です。。。

っとは云っても・・・

定形外送料無料でしかも、2個セットでD-LI92の日本セル対応バッテリーが、税込 2,373円は・・・魅力ですよね。。。


関連記事

2011.09.15 Thu l デジカメ 便利アイテム l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/114-78e16021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。