上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
秋月電子通商さんから販売しているデジタル容量計キット 06001(Cメーター)メーカーは JYETECH.COM製です。マイコンは“ATmega48V”を使用し、測定範囲1pF~500μFまで測れるそうです。
akizu-den_06001-00a.jpg     akizu-den_06001-00b.jpg
デジタル表示は7セグ4桁のLEDを使用し価格が¥1,400¥950(税込)と安いてす。ただマニュアルはA4用紙1枚の片面印刷に英文で回路図と部品表などまとめて小さく載っているだけなので少し見にくいですが、組立は部品表と基板シルクを合せて各部品を挿しハンダ付けするだけなので簡単に出来ます。


早速、注文してみました…。。。
akizu-den_06001-01.jpg     akizu-den_06001-02.jpg
電源は8-16DCで別に用意しなくてはいけません。基板にはDCプラグのメスが付いていますが、ぼくは持ち運びし易いように9Vの角型アルカリ電池(006P)も使えるように基板の裏面から配線します。。。


部品点数が少ないので完成まで30分程度です。特に組み立てに際し注意点は無いのですが、如いて言えば初めて電子工作される方向けに…付いてくる部品の時期によっては製造メーカーやロットで多少の作りに違いが有りますが、ぼくの付属していた物の場合、抵抗の“R9 120Ω |||||”と“R13,R14 10KΩ |||||”は殆ど同じ外形サイズでカラーコードの読む方向の目印も有りませんので見た目が同じ感じでした。なので判らない場合は素直にテスターで調べましょう。。。それと電解コンデンサの極性ですが、基板のシルク印刷には極性の向き表示は有りませんので、秋月電子通商さんの完成サンプル画像→「こちら」を見るかぼくの完成品でも見て下さいね。。。
akizu-den_06001-03.jpg
容量計の精度はカタログ上1%らしいが実際は不明です。まぁ値段が値段なんで少しでも改善されればと思い、多少の効果を期待?して更にノイズ成分を緩和する為、付属のパスコン104(バイパスコンデンサ)を手持ちのセラコン104(積層セラミックコンデンサ)に交換しました。。。


ディスクリート部品のハンダ付けは、品質の良い千住金属工業(株)の“スパークルハンダ 70 Sn60”を使用しました。
akizu-den_06001-04.jpg     akizu-den_06001-05.jpg
立て挿しの各コンデンサのリードにはイラックスチューブ(6mm)を被せ、挿し時に発生する負荷による本体根元へのクラック防止にと…超丁寧。。。また、この容量計には無意味?かも知れないけど、心臓部のクリスタル(水晶振動子)底面にシリコンダンパーを入れて計測時のチョッとした振動緩和に成ればと自己満足で仕上げました。。。


ハンダ付け後は、余分なリードは切断し、9Vの角型アルカリ電池(006P)様の配線を裏面からしました。最後に残ったハンダのヤニを綺麗にトルエンで刷毛洗浄してから配線の補強の為、弾力性のある万能品「セメダイン スーパーXGゴールド」の接着剤を盛りました。。。
akizu-den_06001-07.jpg     akizu-den_06001-06.jpg
組み立てはこれで完了です。ハンダ付けの出来栄えは両面とも結構~綺麗でしょう V(^^)


まだ容量計の手頃な収納ケースは有りませんが試しに動作確認の為、日本ケミコンの電解コンデンサ(400V 10μF)を測定してみます。。。
akizu-den_06001-08.jpg
初期設定として測定前に基板上の緑色のスイッチ(ストレー容量のリセット)を1回押して校正しておきます。この電解コンデンサ(400V 10μF)の測定結果は9.66μFと意外と良く、950円で遊べるホビーとしては満足できるかと思いますね。。。


この容量計“ 06001”より高精度な物が欲しい!なら~容量計としては低価格な市販品の数10 pF~10,000μFまで測定できるアナログ容量計。電気計測器の業界ではトップクラスの HIOKI製(日置電機)の“3501”キャパシタンスハイテスタ[3501]がおススメです。。。

製品仕様
・300pF~10,000μFの16レンジ
・直流信号による充電時間を測定、有極コンデンサもバイアス電圧を加えずに測定可能
・低価格で広範囲測定ができる容量計
・コンデンサの形状を選ばない2種類の接続リード


関連記事

2011.02.15 Tue l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://freehobby.blog57.fc2.com/tb.php/102-def6c138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。