約1年半前にAmazonで購入した、“Pioneer 2.2ch ワイヤレスサウンドバー Bluetooth対応 SBX-300”が突然!電源が入らなく成りました。
SBX-300-00.jpg   SBX-300-01.jpg   SBX-300-02.jpg
Amazon価格.comの投稿を見ると同じ様な症状の報告が有りました。それに因ると故障の原因は共通して基板上の1つの電解コンデンサの破損だそうです…


電解コンデンサなら、ぼくの秘密基地の部品庫に色々と有るので取り敢えず確かめる為、 “SBX-300”を分解する事にしました。
SBX-300-03.jpg   SBX-300-04.jpg   SBX-300-05.jpg
先ず沢山のネジを外します。次に正面パネルを外すには本体側に防振テープと数か所に薄くボンド塗られているので慎重に両端から中心に向かって剥がしていきます。また正面パネルには2個のスピーカーコードが繋がっているので、基板のコネクターを外せば2つに分かれます。


早速、基板を見ると…やっぱり、Amazonや価格.comの投稿している方と同じ場所の電解コンデンサが膨らんでいました。Amazonの投稿だと10V 1000μF のコンデンサの交換で直ったという書き込みでしたが、ぼくのは価格.comの投稿している方と同じ規格の10V 2200μF のコンデンサでした。。。コンデンサの容量が違っているのはパイオニアでも故障の原因を把握し対策でもしたのかな…だとしても故障が多いようですね。。。
SBX-300-06.jpg   SBX-300-07.jpg   SBX-300-08.jpg
っで、このコンデンサ1つだけかと思っていたら、ナント!隣の基板に4個並んでいる電解コンデンサ25V 470μF の内、2個が膨らんでいました。この膨らんだ計3個のコンデンサだけが故障原因か判りませんが、取り敢えず手持ちに古い物も多く含まれているけど色々な規格の未使用の電解コンデンサが有るので、探しながら交換してみます。。。


先ずは、最も故障原因の多いとされる電解コンデンサ10V 2200μF をハンダコテ使って外します。
SBX-300-09.jpg   SBX-300-10.jpg   SBX-300-11.jpg
外したコンデンサは中国メーカーの KOSHIN(東佳電子) の“KLH 10V 2200μF 105℃”「充当インピーダンス型」というモノに代わる手持品の中から…耐電圧は大きく成り安心感は有りますがその分ボディも大きくなっちゃう“日本ケミコン 高周波平滑用アルミ電解コンデンサ KZH 35V 2200μF (105℃・超低Z・超低ESR)”を勿体ないけど使ちゃいます。。。


2017.02.18 Sat l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top