上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回のエクターレンズ“Kodak Ektar 44mm F3.5”のマイクロフォーサーズ適用化が思っていた以上に良かったので、調子に乗って次も色々と作ろうとベースに成る主要パーツを海外通販で接写アダプター や10個セット売りのステップアップリングを3種類とマクロリバースリングを安く入手しました。これらのベース素材と、その他手持ちの材料など使って上手く組み合わせれば1つ作るのに500円位で済みそうです。。。
OLD_SMENA8M-MFT-01.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-02.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-08.jpg
本当は綺麗に作るのに色々なサイズ用のレンズアダプターマウントを利用した方が良いかも知れないけど…ぼくの場合、何種類ものレンズを使って遊びたいのでベース素材だけに1つ何千円も掛けるのは勿体ないかなと…


…っという事で今回は秘密基地のジャンク箱から“MADE IN USSR”ことソビエト連邦時代の“LOMO SMENA 8M”が有ったので選んでみました。。。
OLD_SMENA8M-MFT-03.jpg
ボディは不具合が有って使えないけどレンズは全く問題ありません。スメナ8Mはプラスチックを多用したチープな造りのボディからもトイカメラ扱いされる事が多いけど、センターに“T-43 4/40”と記載された40mm、F4のトリプレット(3枚構成)レンズは名玉とも云われ、その写りはトリプレットの性質上中心はシャープだけど周辺部が流れる独特のボケや光量によって面白い表現をしてくれる事でも有名ですね。。。


早速、レンズを取り外してクリーニング…
OLD_SMENA8M-MFT-04.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-09.jpg   OLD_SMENA8M-MFT-05.jpg
作業途中の写真を撮り忘れていましたので…いきなり完成画像。。。


今と成っては出番が少なく成ってしまったデジタルカメラ(OLYMPUS E-PL1S)に…
OLD_SMENA8M-MFT-06.jpg     OLD_SMENA8M-MFT-07.jpg
装着してみました。


スポンサーサイト
2016.09.26 Mon l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。