上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
古~いフィルムカメラのジャンクをそのまま眠らせるのも勿体なく、そこで…一部の方々の間で行われているレンズだけを取り外して専用マウントや汎用パーツを使った自作マウントに付けてデジタル一眼レフやミラーレス機で楽しむ「改造レンズ」を、ぼくもチャレンジしてみようと思います。。。今回使用するオールドレンズはコダック社のシグネット35に搭載品で現在扱っていない物質でコーティングされた、屈折率の高いトリウムレンズ(放射線レンズ)です。その名玉といわれた3群4枚構成のエクターレンズ“Kodak Ektar 44mm F3.5”。その最高級レンズをデジタルカメラで活用できるのは、とても楽しみでワクワクしますね。。。 ※シグネット35は昔から好きで“過去の記事”に載せていますので宜しければご覧ください。
OLD_sig35-MFT-01.jpg     OLD_sig35-MFT-02.jpg
改造レンズに関しては初めてなので、たくさんの先行者さんのブログ等を参考にしちゃいました。。。早速、取り外したレンズを分解しシャッター羽根3枚を取り除きます。序に各レンズを綺麗にクリーニングします。また、絞りとピントダイヤルはそのまま利用するので機械部もメンテナンス。。。


マイクロフォーサーズのベースマウントは海外通販で購入した接写アダプター 52mm‐M4/3 と手持ちに有ったシルバー色のステップアップリング 43‐52mmを少し加工して使う事にしました。
OLD_sig35-MFT--03.jpg   OLD_sig35-MFT-04.jpg   OLD_sig35-MFT-05.jpg
シグネット35の風合いに合うようにステップアップリングの表面は耐水ペーパーで擦り、レトロ感を出してみました。


仮組したマウントにシグネット35のベースを載せてみると丁度良い感じに収まり完成後のメンテナンスも容易に出来そうです。
OLD_sig35-MFT-06.jpg   OLD_sig35-MFT-07.jpg   OLD_sig35-MFT-08.jpg
ベースとマウントのセンターを合わせたら印をリングにも付けておきます。次にホームセンター購入した“高機能弾性接着剤 セメダイン スーパーX”のブラックをリングとベースに塗って固定します。接着剤がある程度固まったらベースのネジ穴を利用してリングに穴を開けネジで共締めします。ココは敢えてネジで固定しなくても良いのですが、ネジ頭がチラっと見えるだけで更にメカっぽく成るかなと…。ココまで出来たらレンズを付けデジカメでピント合わせや、その他パーツの動作など不具合が無いか試しておきます。


ヘリコイドを弄っていて思い出しました。すっかりベアリング部分のメンテナンスを忘れていました。。。早速、バラシてみると内部のスチールボール(鋼球)が少ない…
OLD_sig35-MFT-09.jpg   OLD_sig35-MFT-10.jpg   OLD_sig35-MFT-11.jpg
急遽、日本製のスチールボール鋼球 3/32 を入手。300個入りだったので可なり余ってしまいました。。。


スポンサーサイト
2016.08.22 Mon l デジタルカメラ l コメント (0) トラックバック (0) l top
ブログ画像はコンパクトデジカメで撮影するのが殆どですが、野外だとデジカメを忘れてスマホで撮影なんて事もたまにあります。しかし暗い場所ではスマホのLEDライトだと光量が足りず不便に思う事も有りました。。。
Phone_LED_Light-00.jpg      
そこで、スマホやタブレットなどのイヤホンジャックに取り付ける「セルカライト」っというモノを買ってみました。この“LEDセルカライト”は2色(昼白色8灯、電球色8灯)混合LEDを計16個搭載し、色温度5600kと自然光に近い色合いを再現しています。また3段階の明るさ調整が出来るので最適な照明を選べられる仕様に成っています。電源はリポテリー内蔵で本体側のmicro USBと付属のUSBケーブルでもスマホ同様にUSB仕様の充電器で充電です。価格は600~1,300円位で、ライト部のサイズが約3.8x3.8x1.0cmとコンパクトで重量も約13と軽量なのでポケットやカバンの中、又はキーアクセサリーなど…1つ持っていると懐中電燈として緊急事?とかに役立つかも…


日本国内ショップや海外ショップもそうですが、ショップの商品説明によって内蔵バッテリーの容量表示がまちまちで、100mAhや200mAhだとか違いが有るようです。またそれが本当に表示通りなのかも定かではありません。。。
Phone_LED_Light-01.jpg   Phone_LED_Light-02.jpg   Phone_LED_Light-03.jpg
購入はいつも利用している海外のネットショッピングで白と黒の2個を購入しました。価格は送料無料で1個 US $1.91(216円)。仕様ではバッテリー容量は200mAhに成っていました。注文から届くまで20日ほど掛かりましたが無時に到着。


早速不具合発見!先ず、LED点灯する白色のセルカライトは3段階の明るさ調整するスライドスイッチが効かないグラグラ状態。。。黒色のセルカライトは充電ランプは点くもLED点灯はしない…海外ショップにクレームしようと思ったけど安いモノだし面倒なので止めました。またこのまま処分するのも勿体ないので取り敢えず修理可能かどうか分解してみます。。。
Phone_LED_Light-04.jpg   Phone_LED_Light-05.jpg   Phone_LED_Light-06.jpg
最初に点灯しない黒色から分解… バッテリーのリチウムイオンポリマー二次電池(Li-Po)のアルミシールはプクプクとガスが発生して膨らんでいました。


両端子部分から液漏れと腐食が見られましたので、この電池はとっくに死んでいましたね。。。
Phone_LED_Light-07.jpg     Phone_LED_Light-08.jpg
バッテリー表示は“XL 16.3”の印刷だけです。


2016.08.02 Tue l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。