上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
少し前の記事「ホンダ ベンリィ110 テール&ライセンス灯をLED球に交換」で取り付けた“M&Hマツシマ L8184 R&W L・ビーム (12V) R&W L8184RW 「車検対応」”。せっかくLEDの特性を生かした「テール&ライセンス灯」なので無色のクリアレンズにしたい!
※デジカメ撮影なので点灯色がピンクやオレンジ色っぽく写っていますが、実際は赤色LEDを使っていますので真っ赤です。
   BENLY110_LED-14.jpg   BENLY110_LED-15.jpg
しかし純正オプションはおろか、社外品さえ需要の少ないベンリィに対応品は有りませんでした。。。


そこで、「HONDA NS-1 全車種 : JADE/S 全車種 : GYRO [ジャイロ]X FNO、TD01-1000001~ : GYRO [ジャイロ]UP FNO、TA01-1100026~ : トピック/フッレックス/プロ FNO、AF38-1000001~」などに適応する“キタコ(KITACO) [809-1093000] テールレンズSET/クリア”がサイズ的に合っているかと思います。
BENLY110_LED-16.jpg      BENLY110_LED-17.jpg
キタコ販売以外にも安価な無印商品が売られていますが、やはり見た目で判る成型の差や、不安の残る経年劣化の速さなどを考えるとちゃんとしたメーカー販売のほうが安心かも…


真っ赤な純正テールレンズとキタコのクリアレンズを比べて見ました。。。
BENLY110_LED-18.jpg   BENLY110_LED-19.jpg   BENLY110_LED-20.jpg
外径サイズは殆ど同じなので問題ありませんが、テール内部の凸の形をしたネジ支柱が、クリアレンズのほうが高く成っています。


純正テールレンズのネジ支柱の上から淵まで定規で測ると約48mmでしたので、クリアレンズのほうを同じ長さに成るように切断すれば大丈夫ですね。。。
BENLY110_LED-21.jpg      
レンズ内のスペースが狭いのでカッターや鋸などでは無理が有りそうなため、支柱の切断には安価でも使えそうな“電動リューターのセット”か安定性・高品質の定番“プロクソン ミニルーター 14種類のビットセット MM100 (28525-Sなどが有ると綺麗に仕上げられべんりぃーだと思います。


スポンサーサイト
2016.01.21 Thu l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今回は…ビジバイ色から少しでも遠のいた感じにしたく、社外品マフラーに交換する事にしました。
      BENLY_BMS-R-00.jpg
決めたのは、ベンリィ110用 (EBJ-JA09)の“BEAMS(ビームス) SS300ソニック 【B146-07-000】”でステンレスタイプです。サイレンサーがレインボー色のチタンモデルでもイイかなぁ~と思ったけど、ぼく的にベンリィには単色のほうが似合うんじゃないかと…。それにマフラーの重量が純正5.2kgも有るのに対しSS300ソニックは2.6kgと2.6kgの軽量化にも成るのでトップケース(約4kg)など色々付けた分、多少はecoに繋がるかと…。 購入店は今回も“バイクショップ はとや”さんです。。。

商品名:SS300ソニック
品番:B146-07-000
価格:\ 31,500
重量:2.6kg
音量:80.1db
80.1db/スタンダードバッフル(装着済)
84.0db/セミレーシングバッフル(オプション)
92.1db/バッフル非装着時


SS300ソニックが届きました。サービスなのか?軍手が入っていました。
BENLY_BMS-R-01.jpg   BENLY_BMS-R-02.jpg   
付属品にエキゾーストパイプガスケットが1つ付いているので、純正ナットを取り外すソケット(ボックス)レンチと、SS300ソニックを取り付けに使用する六角レンチ(六角棒スパナ)、エンジンとエキゾーストパイプの固定には、スタッドボルトかキャップナット部分に“スレッドコンパウンド(ネジ焼き付き防止剤)”、エキゾーストスプリングの取付けに“スプリングフック”などが必要です。また場合によっては“液体ガスケットシール剤”も用意したほうが良いですね。。。


先ず純正マフラーのエキゾーストパイプの付け根、フランジにあるキャップナット2個を外します。
BENLY_BMS-R-03.jpg   BENLY_BMS-R-04.jpg   BENLY_BMS-R-05.jpg
次に各サイレンサーの固定ボルトを緩めて重いマフラーが落下しないように抑えながら外していきます。


SS300ソニック・マフラーの取付け前にステンレス部分を全てアルコール又はパーツクリーナー等で脱脂しておきます。付属ステーを取り付け、エンジンとエキゾーストパイプの固定にスタッドボルト又はキャップナット部分に“ワコーズ(WAKO’S) スレッドコンパウンド”ネジ焼き付き防止剤を塗布します。
BENLY_BMS-R-06.jpg      BENLY_BMS-R-07.jpg
サイレンサーとエキゾーストパイプの接続部に念のため排ガス漏れ防止に“ホルツ ガスケットシール MH218 液体ガスケットシール剤”を薄く塗布して繋ぎました。


2016.01.14 Thu l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ベンリィに乗られている先人さまのブログ拝見しカッコ良く、ぼくも真似しちゃいました。。。
   BENLY_18wLED-01.jpg   BENLY_18wLED-02.jpg
激安!中華製の12V/24V兼用の“防水防塵仕様のLED作業灯(ワークライト) CREE製 6連 18W”です。こちらのショップ“アミリアスタイル”さんでは、広角60度か狭角30度の照射角度を選択できます。好みで選べるのは良いですね。一応…防水・防塵と成っていますが念のためシール剤で補強したのと、ビス類はステンレス製ですが造りが良くないのでホームセンターに売っているモノと交換しました。安価な中華製品なのでね…


「作業灯」の取付け位置はフロントキャリアの上!ヘッドライトより上に取り付けますので点灯したまま公道を走ると罰せられます。
BENLY_18wLED-03.jpg     BENLY_18wLED-00.jpg
作業灯の配線作業にフロントカバーなどを開けるので、序にバイク用のシガーソケットUSB端子付きも取り付けます。これでスマホの充電も出来るので安心。。。配線はな感じです。


フロントカバーを外してからヘッドライト上のカバーを外します。
BENLY_18wLED-04.jpg     BENLY_18wLED-05.jpg
ヒューズボックスからアクセサリー用の電源コード(青線)とバッテリーから直に電源とアースを取るためバッテリーボックス内の穴を利用して配線コード(赤黒ダブル)を通します。またヒューズボックスとアクセサリー用の電源コード(青線)の間に5Aの管ヒューズを入れて有ります。


エーモン 1245 リレー 4極・DC12V車専用・20A”を車体のステーに固定したら、バッテリーボックスから通してきた配線コードを纏めながら綺麗に這わせます。
   BENLY_18wLED-06.jpg   BENLY_18wLED-07.jpg
ギボシ端子を使って各線に繋ぎます。


2016.01.08 Fri l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。