上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
電動ガンのスイッチ磨耗対策の1つとして、格安なショットキーバリアダイオード(SBD)を使った製品、例えば NSAe-Shop 楽天市場店 さんの「ホビー」コーナーで揃えられている各種対応製品などやブログなどで紹介されている自作品など数多く存在しています。また使用する(SBD)も色々な規格のモノを使用してたり、選ぶのに迷うところです。。。っと云うのも電動ガンに使用しているバッテリーの電圧などに因って(SBD)の選定が必要だからですね。無難に電圧/電流の高いバッテリーまでカバーしたいと成ると(SBD)の外径も、其れなりに大きくなり、特にリードタイプの(SBD)だと取り付けスペースへの取り回しが難しく成る事も有りますし…最近では表面実装部品の(SMD)…チップタイプを使う事によって小型化し取り付けがし易く成っています。。。また市販品や自作品では、チョッとだけ調べた感じだと(SMD)だと入手し易い40V/5Aの“SK54”が多い様です。勿論!ピーク繰り返し逆電圧が40Vで5.0Aの大電流までカバーしているから、ほぼ全機種対応でしょうか。
   SBD_ss510-01.jpg   SBD_ss510-02.jpg
…で、ほくが使用する(SMD)の(SBD)は海外通販で購入した“SS510”と云うモノ、これはリードタイプの(SBD)でお馴染みの“SR5100”と同等の規格で、ピーク繰り返し逆電圧が100Vで5.0Aの大電流、高サージ耐量の表面実装用部品です。

ショットキーバリアダイオード【SS510 SMB】の規格
○直流電圧(VDC):100V以下
○交流電圧実効値(VRMS):70V
○定格ピーク繰返し逆電圧(VRRM):100V
○順電流(IF):5.0A
○ピーク順電圧(VF):0.85V(5A)
○サイズ:縦(約)6mm 横(約)7mm 高(約)2mm




線材は線外径が(約)1.5mmの12芯を使用します。
SBD_ss510-03.jpg   SBD_ss510-04.jpg   SBD_ss510-05.jpg
共晶ハンダを使ってハンダ付け。


モーター側のビス(マルイ製EG1000)にも付けられる様に、丸型圧着端子は“R1.25-3”を使います。
SBD_ss510-06.jpg   SBD_ss510-07.jpg   SBD_ss510-08.jpg
端子を圧着したら、圧着部分にハンダを流し強度を高めました。また線材をハンダ付けした(SBD)本体の部分にはハンダ付け状態と極性の確認がし易いように透明の収縮チューブを被せ保護します。


それでは製作した(SBD)で摩耗対策が出来るかモーターとバッテリーを使って実験します。使用したモーターは要らなくなった中華製の“強 力 甩 机”。バッテリーは“Mi-MH 8*2/3A 1100mAh 9.6V”で、ノーマルで多く使われている 7.2V、8.4V、9.6Vの中で一番電圧が高く、高サイクルに成る9.6Vを使う事によって(SBD)に負荷を増やしスパークの状態を見ます。
SBD_ss510-46.jpg   SBD_ss510-47.jpg   SBD_ss510-48.jpg

実験結果は一目瞭然です。端子表面の黒いスパーク痕を見ても判るように、高サイクルの9.6V電圧でも可なりのスパークが抑えられています。ショットキーバリアダイオード(SBD)を付けるだけでこれ程の効果が得られ、接点の寿命が延びるなら絶対にお勧めですね。。。因みにこれも実験ですが…(SBD)をモーターに取り付ける際、極性を間違えて電気を流すとショートして加熱し(SBD)から煙が上がり一瞬で破損し、ハンダ箇所やコード被膜なども溶け、怪我や事故などの原因に成る可能性が有ります。極性を反対に付けると危険なので取り付けには充分気を付けましょう。。。


スポンサーサイト
2015.02.19 Thu l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに我が家の防災用品をチェックしていたら、ナショナル ブランド時代の古いヘッドランプ“BF-186”が出てきました。。。
national_BF186-01.jpg   national_BF186-00.jpg   national_BF186-04.jpg
長寿命で明るい省エネタイプのLEDが支流の今と成っては、暗い豆球に何時フィラメントが切れて不点灯に成る心配も有るランプは出番が少なく成りましたね…かといってヘッドゴムバンドの劣化も無いのに、このままお蔵入りするのも可哀そうなので豆球から自作LED球へと変更しちゃいます。。。


ヘッドランプ“BF-186”は単三乾電池を4本使う仕様に成っています。因みにアルカリ乾電池を入れたままだったので1本だけですが液漏れして白い結晶が噴いていました。。。洗浄は結晶を出来るだけ取り除き、アルコールを使って綿棒などで綺麗に拭き取りました。
national_BF186-05.jpg   national_BF186-02.jpg   national_BF186-03.jpg
子供の頃は豆球を含めフィラメント仕様の電球が支流だったので、ぼく的には豆球の暖かい光と色が懐かしく好きなのですが…


防滴タイプですが、レンズカバーを回すと簡単に豆球にアクセスできます。使用している豆球はナショナル製MB-25G5(2.5V 0.5A) で、スペックでは明るさが約 500lx 有り、電池寿命はパナソニックアルカリ乾電池使用で連続約7時間との事。
national_BF186-06.jpg   national_BF186-07.jpg   national_BF186-08.jpg
単三乾電池4本を使いますが豆球に流れる電圧は3Vでした。2本はが並列に成っている為、長時間点灯させる仕様に成っていますね。。。


使用するLED エミッターは1W SUPER LED で公称値、電圧:DC 3.0V~3.5V・色温度:6000-6500K のピュアホワイトにしました。乾電池側の電源電圧が3Vなので乾電池特性上の電圧低下やLED素子の電位幅などの変化で点灯する時間は不明ですが使ってみます。
national_BF186-11.jpg   national_BF186-09.jpg   national_BF186-10.jpg
口金は E10 タイプですが、あいにく持っていなかった為、要らなくなったランプ付ルーペのニップル球を外して口金部分を使う事にしました。。。


2015.02.13 Fri l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top
前回のCYMA製フルメタルのタクティカルAK(Tactical AK Assault Rifle AEG CM.040I )にタクティカルライトを付けるべくコンパクトサイズの物を探したところ…レプリカですが SURE FIRE タイプの M300A が目に留まりました。M300A のレプリカでも製造元?の違うモノが数種類有る様で今回、2種を購入して見ました。。。
      SF_X00001-01.jpg
1つは LA-HOBBY SHOPさん販売の“ELEMENT M300Aタイプ ミニスカウトライト [EX191]”もう1つは OEM FACTORYさん販売の“SURE FIRE タイプ M300A レプリカ”。どちらも 20mmレール対応の SF刻印入りモデルです。付属品は本体の他に、リモートコード・クリップオンスイッチ・ベニクロだけで、電源のリチウム電池 CR123A 1本又は充電式のRCR123 は別売です。。。


先ずは、“ELEMENT M300Aタイプ ミニスカウトライト [EX191]”から…
SF_X00001-02.jpg   SF_X00001-03.jpg   SF_X00001-04.jpg
アルミ合金製ボディの中央には SF刻印。ベゼル部分には KX2C の刻印が入っています。


ベゼルを外すと…パワーLED用の集光レンズがピッタリ嵌っています。
SF_X00001-05.jpg     SF_X00001-06.jpg
バルブは比較的安価なフラッシュライトにも多く使われている高効率の“CREE-Q5 LED”を使用。


ヘッドを外すとバッテリーボックスに成ります。因みにボトムキャップ側からはリチウム電池 CR123A の出し入れは出来ません。。。
SF_X00001-07.jpg   SF_X00001-08.jpg   SF_X00001-09.jpg
付属の交換用リモートコード・クリップオンスイッチ。スイッチのクリック感はまぁ良い方かと思います。


2015.02.05 Thu l トイガン l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。