中華製エアーソフト・トイガンの中でも知名度の高い“Double_Eagle (ダブルイーグル)”社、樹脂材を主体にし、全体的に低価格の割りには他のチープモノより品質が良く、超チープからそこそこ良い?品まで多品種を製造してマニアの間では人気が有ります。しかし残念ながら既に倒産していると聞いていましたが、最近、理由は分かりませんが一部の種類は再製造販売を始めた様です。。。海外製品なので何時また中止に成るか分からないのでダブルイーグル製が好きな人、初めて電動ガンを弄ってみたいという人などは、見つけたらゲット!したほうが良いかも知れませんね。。。
   DoubleEagle_CM804A2-01.jpg   DoubleEagle_CM804A2-02.jpg
っと云う事で…“RSBOX”さんで1/1スケール“Double_Eagle M804”(HK416タイプ)を2個、予約販売で購入しました。。。

【付属品】
☆本体、バッテリー、マガジン、フラッシュライト、充電アダプター、スコープ
【充電時間】
☆初回12時間.2回目以降8時間
☆説明書(中国語、英語表記)
【サイズ】792x270x75mm
☆セミオート、フルオート切替可能
☆飛距離約40~50メートル以上
☆初速107mps0.12g
☆連射性能706RPM


化粧箱は印刷も組み立ても綺麗で、日本製品と変わらないほど良くなっているのにビックリしました。。。
DoubleEagle_CM804A2-03.jpg   DoubleEagle_CM804A2-04.jpg   DoubleEagle_CM804A2-05.jpg
オプションや付属品も揃っていて性能は兎も角、箱出しで直ぐに遊ぶ事が出来る親切さですね。とても好感が持てます。。。


本体は HK416 デザインに良く似ていますが、残念といえばグリップ形状がコルト社のM16/M4系フィンガーグルーブ有りタイプに成っている事…しかもフレームと一体式なので交換不可…
DoubleEagle_CM804A2-06.jpg   DoubleEagle_CM804A2-07.jpg   DoubleEagle_CM804A2-08.jpg
全体の殆どは樹脂で出来ていますが、所々負担の掛かる所には金属パーツを使っていて、全体に艶消しブラックの塗装を施して有ります。また刻印は、ダブルイーグルのオリジナルでトリガーの上部に独自管理のシリアルナンバーが打たれてあります。樹脂製なのでモナカ構造に成っていますが、なるべくネジが目立たない様な工夫はされています。


アウターバレル、フラッシュハイダーは樹脂製で残念な事にフラッシュハイダーは接着され外れません。
DoubleEagle_CM804A2-09.jpg   DoubleEagle_CM804A2-10.jpg   DoubleEagle_CM804A2-11.jpg
ガスブロックも樹脂製ですがスリングホール、エマージェンシーフロントサイトは金属製です。可倒式フロントサイトなので側面のスイッチでロック解除で3段階固定出来ます。因みにレティクルは固定です。


2014.04.09 Wed l チープ トイガン l コメント (19) トラックバック (0) l top
手持ちの電動ガンにと“L-3 EoTech 551 ホロサイト型のドットサイト(ダットサイト)のレプリカ”を購入しました。。。トイガンにはドットサイト(発光ダイオード(LED)光をガラス板に反射)で十分ですしね。まさか実物のホログラフィックサイト(レーザーで照準投影)なんてぼくには必要有りませんです(^^;)
EOTech_551-01.jpg
数種類有る EoTech モデルの中でも、小サイズで電池の入手がし易い 551 タイプに決めました。また中華製でも幾つか製造元?やグレードが違うものなどが有りましたが、ぼく的に刻印入りのほうが好きなので、同じ刻印入りの551レプリカ2種を選んでみました。


先ずは、ミリタリーショップの“PrideMan(プライドマン)”さんで購入した、
EOTech_551-02.jpg     EOTech_551-03.jpg
QDマウントとレンズカバーがセットに成った、EOTech 551 レプリカ…此方のタイプを3個。。。


材質は本体とフードがアルミ製で、電池ボックスが樹脂製の構成に成っています。対応レールは20mm。本体は防振防水加工が施されています。
   EOTech_551-04.jpg   EOTech_551-05.jpg
電源はLR44型ボタン電池を2個使用で、レティクルは赤&緑切り替え可能と光度調整可能です。勿論、上下左右の調整が可能。。。ぼくは装着しませんが、付属の柔らかいゴムみたいな樹脂製レンズカバーはバリと歪みが多くロットによっては蓋のストッパーが効かないものも有りますので要修正加工が必要かも…


電池ボックスから本体全体にラバーコーティングがされ、艶消しのシットリとした質感で高級感が有ります。また電池ボックスの左右両面には、ハッキリとした“L-3 EoTech”の刻印が入っています。拡大して見ると…シルク印刷かな?
EOTech_551-06.jpg   EOTech_551-07.jpg   EOTech_551-08.jpg
アルミ製カバーの刻印はレーザー彫刻ですね。


2014.04.01 Tue l トイガン l コメント (2) トラックバック (0) l top