上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
低価格・性能も良いと評判の、台湾製造メーカー“KJ WORKS”の G19 です。
   KJ_G19-03.jpg   KJ_G19-04.jpg
ギミックはマルイのGlockシリーズのコピーだから各パーツの互換も多くカスタムベースとしては結構~楽しませてくれそうですね。。。勿論、そのままガンガン遊びに使用しても良いです。


っで、今回は安いので2丁購入して、それぞれカスタムパーツを組んでみる事にしました。。。
KJ_G19-00.jpg   KJ_G19-02.jpg    KJ_G19-01.jpg
Gun本体は安いのですが…カスタムパーツを揃えると…結構な金額に成ってしまいますが、取り回しの手頃なサイズの“Glock19”は、“Glock17”や“Glock26”などと比べると、ぼくとしては価値が有ると思います。また、国内メーカーの KSC などからも“G19”を発売していますが、外観の刻印等が…など不満が有ったりします。


分解序に、この“KJ WORKS”の G19 はマルイの G26 のコピーなので、G17コッキングインジケーターのギミックが有りません。
KJ_G19-05.jpg     KJ_G19-06.jpg
そこで色々と調べてみると先駆者の方々が、チョッとした加工でコッキングインジケーターを可能に出来るとの事。早速、真似させて頂きました。。。


リアシャーシを外し、画像2番目のピンクライン“|”当りにトリガーバーが引っ掛かる様にリューター等で削って角を作ります。
KJ_G19-07.jpg   KJ_G19-08.jpg   KJ_G19-09.jpg
マルイのリアシャーシ周りのパーツ図“G17”“G26”を見比べると専用パーツが有るので…今回のKJ加工のリアシャーシ一式は一時的なものにします。。。マルイのパーツ注文は少し日数が掛かりますが、交換するマルイ製 G17 リアシャーシ周りを下記パーツ、予備も含めて注文しました。KJ部品とマルイ部品との混合も調整すれば可能ですが、ほぼ無加工で済ませるならマルイ部品一式で組んだ方が無難かと思います。

 G17-22 リアシャーシ
 G17-23 ノッカー
 G17-25 シアー
 G26-35 トリガーバーSP
 G26-36 トリガーバー
 G26-45 ハンマーリベットピン
 G26-46 ノッカーロック
 G26-47 シアー用ピン
 G26-48 ノッカーロックSP
 G26-50 ハンマー
 G26-51 ハンマーローラー
 G26-54 シアートーション


スポンサーサイト
2014.01.28 Tue l トイガン l コメント (8) トラックバック (0) l top
2008年5月に購入した“ Luminox Men's Navy SEAL Steel-Titanium Dive Watch #3602 ”ルミノックスのチタニウム素材の腕時計~あまり使っていませんでしたが、今年に入って初めての電池切れに成っりました。。。
LUMI_NOX_titanium-01.jpg
Luminox
Retail Price:$525.00
Catalog #: 38837
Style #: 3602
Case diameter: 41mm


電池交換するには、メーカーや時計専門店に依頼する方が確実ですが、保証よりも~自分で作業したい!ぼくとしては手持ちの専用工具を使って出来るため手軽に済んじゃいます。。。今回使用した工具類の幾つかは以前「ODS時計工具店」さんで揃えた物です。裏蓋を空ける前に時計全体を隅々まで綺麗に汚れなどを落として乾燥させておきます。
   LUMI_NOX_titanium-02.jpg   
まず、品質の高い国産の~ MKS(明工舎)クロノグラフ対応 保持器です。まぁ無くても柔らかい布を使って傷が付かない様に包んみ手で保持しても可能ですが… 次に50mmサイズにも対応した、 Z-Chrono(ジークロノ)3点式オープナーです。オープナーは3点式や2点式など、粗悪な激安品から高価な品まで色々と種類が販売されているから選ぶのに迷います。ぼくは専門の職人さんではないので、手頃な価格帯のモノを選びました。。。


3点式オープナーで裏蓋を空けます…ボタン電池は当然 SWISS MADE の CR2016(ボタン型電池)でした。。。
LUMI_NOX_titanium-03.jpg      LUMI_NOX_titanium-04.jpg
で、新しく交換するボタン電池は「西郷商事Web Shop」さんでも購入可能な、maxell(マクセル) CR2016 お得な逆輸入品ですが勿論!“MADE IN JAPAN”の国産品ですよ。。。


古いボタン電池を外し、新しいボタン電池を入れる前に… Z-Chrono(ジークロノ)チリ吹き ZC0103 で、ブローしときます。この時ぼくの場合はOリングにシリコンスプレーの液を筆に採って薄く塗って保護しときました。
LUMI_NOX_titanium-05.jpg      LUMI_NOX_titanium-06.jpg
因みに新しいボタン電池を入れる時は、指先の脂が付か無い様に指サックをするか、100円均一でも売っている樹脂製のピンセットなどを使って作業しましょう。。。また、裏蓋を填める前に再度、チリなどが無いか再度ブローしました。


2014.01.09 Thu l 腕時計 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。