会社帰りに寄ったホームセンター“スーパーバリュー”の照明売り場の片隅で…ハッ!と目に飛び込んできた異色カラーのフラッシュライト…近づいて手に取ってみると何と!“MOSSY OAK(モッシーオーク)”社の迷彩“Break-up infinity”柄ではありませんか! 更に日本では馴染みの薄いアメリカブランドの“Energizer”とのコラボですよ!!しかもパーケージ等無しの剥き出し状態で価格が980円と。。。
Energizer-camo-01.jpg     Energizer-camo-12.jpg
…これは買うしかないと使命感に駆られ、20個近く有る中から1つ1つ違う迷彩“Break-up infinity”の柄を選び~2個ゲット!。きっと真剣に選んでいる斜め後姿は不審者かも…と思いつつ買ってきました。。。因みに“Break-up infinity”とは、秋・冬時期の木や枯葉が多い場所に特化した自然迷彩の事です。また似た柄の“Realtree”は木や枯葉に加え緑葉も加わった場所に特化した自然迷彩です。


自宅に帰ってニヤニヤとしながら眺めていたけどパッケージも無ければ取り説等も無いので、このライトの型番も分からず。ただ1点、ボディーにバーコード入りのシールが貼られそこに、輸入販売元?の会社名が…「シック・ジャパン株式会社」と所在地からHPアドレスまで…シック・ジャパンってあの髭剃り・カミソリのシック(Schick)だ、そう云えば Energizer(エナジャイザー)の傘下にカミソリのシック(Schick)が降りましたね。。。
Energizer-camo-02.jpg     Energizer-camo-00.jpg
シック・ジャパン株式会社のHPにはチャンと Energizer(エナジャイザー)のページも有るので見るとシッカリ載っていましたね。型番は有りませんが…


では、全体を見てみましょう。。。
Energizer-camo-03.jpg   Energizer-camo-04.jpg   Energizer-camo-05.jpg
全体に覆われたスキンシールには“BREAK-UP INFINITY”の文字が有りエンドキャップの所にはハンドストラップが付いてます。きっとキャンプ地などの野外で落としたら見つかり難いでしょうね。。。


エンドには、ラバースイッチが有り電源はON/OFFのみ。
Energizer-camo-06.jpg     Energizer-camo-07.jpg
ヘッドやエンドどちらか外せばバッテリーホルダーの出し入れが出来ます。電池は単四乾電池3本使用で22時間点灯(公表値)するとの事。また防滴能力は低そうで、エンドキャップ側にはOリングが入っていますがヘッド側には有りません。正直…“Break-up infinity”とアルミボディの成型の質感以外の中身は100円均一に売っているアルミタイプのフラッシュライトと、それほど作りの差が無い感じがします。


2013.06.27 Thu l 照明器具 l コメント (0) トラックバック (0) l top
今から20~30年ぐらい前?に入手した、アメリカ軍用のアングルヘッドフラッシュライト(L型フラッシュライト)“MX-991/U”後期型です。勿論、某国製では有りません“MADE IN U.S.A.”ですね。当時は、登山やキャンプなどに活躍していましたが、単1電池2本使用のクリプトン球と…今と成っては重くて携帯には少し嵩張り…軍用ならではの無骨でワイルドなイメージで良かったのですが、いつの間にか押入れの肥しに成り忘れていました。。。っで最近、以前の記事「復活!第2弾 MAG-LITE 3セル用~低コスト 自作すーぱーLED電球」で載せたSUPER LED電球の事で何気に“MX-991/U”フラッシュライトの事を思い出し、気に成って押入れから引っ張り出してみました。。。
MX991U-01.jpg     
保管時はちゃんと掃除しておいたので傷だらけですが稼動します。ぼくが持っているのは主な3社の内、 FULTON社製と G.T.PRICE社製の2社製品だけです。残念ながら BRIGHTSTAR社製は入手する事が出来ませんでした。。。まぁどれも軍に卸していたので当然!外観は同じですが、細かい部分に多少の違いが有ります。因みになかでも FULTON社製のモノは流通数が少なく、複数社の中でも造りが良いらしく一部のマニアの間では人気が有ったそうです。。。


先ずは、“FULTON”社製
MX991U-02.jpg MX991U-03.jpg MX991U-05.jpg MX991U-04.jpg
製造ロットの違いが有るかも知れませんが、ぼくの手持ちの G.T.PRICE社製の本体色ODと比べるとグレーよりで、左右の刻印の違いや黒染め真鍮スイッチの無刻印などなど…


次は、“G.T.PRICE”社製
MX991U-07.jpg MX991U-08.jpg MX991U-10.jpg MX991U-09.jpg
ぼくの手持ちの FULTON社製の本体色ODと比べると黄味よりで、左右の刻印の違いや黒染め真鍮スイッチのOFF・FLASH・ONの刻印有り、ベルトクリップに紐などが通せる穴などなど…細かい部分を見ると G.T.PRICE社製の方が親切な感じがします。因みに底部のフィルターの種類は2社製とも製造時期のロットで異なるらしいです。。。


今回のSUPER LED電球の製作過程は以前の記事「復活!第2弾 MAG-LITE 3セル用~低コスト 自作すーぱーLED電球」と同じなので省略します。また使用するLED Emitter“純白”ではなく、当時の軍用ライトのイメージを大事にクリプトン球の色合いに近い1Wの“Warm White”SUPER LED Emitter を使いました。
MX991U-12.jpg   MX991U-19.jpg   MX991U-13.jpg
G.T.PRICE社製に付いていたクリプトン球のガラスですが、表面が梨地状で光を拡散する仕様に成っていました。これが、純正だったか記憶が無いのですが…因みに予備球は普通のフラットな物でした。。。


2013.06.24 Mon l 電子工作など l コメント (4) トラックバック (0) l top
梅雨なのに意外と野外イベントの予定が多くプライベートは勿論、ecoとチョッとした節約意識から勤め先にも持って行けるように500ml辺りの“マイボトル(水筒)”を持ち歩く事に。。。
      
早速、ショッピングモールやホームセンターなど見てまわり、 象印の直飲み保温保冷 ステンレスマグボトル 480ml ピーコックのたっぷり入る!魔法瓶 ステンレスボトルマグ 600ml 、サーモスなど各社製やオリジナル製品を含め手にとってみたところ…各社公表値の機能性は似たり寄ったりでしたが、“THERMOS(サーモス)”のディープパープル色の深みの有る綺麗な色合いが良いなぁと 保温保冷が出来るワンタッチステンレス真空断熱ケータイマグボトル JNL-500DPL 500ml に、ほぼ確定したのですが、たまたま“JNL-500DPL 500ml”の楽天レビューでも参考に見てみようと調べていたら…他に素敵な水筒が目に付きました。。。


それは、馴染み深いペットボトルスタイルで…アメリカ ニューヨークを中心に多くの人が使用しているらしい人気のカラフルなボトルで“Swell bottle”社製の美しいスタイリッシュなフォルムで作られたステンレスボトル。機能面は日本メーカーにも劣らない、24時間の保冷と12時間の保温ができる、290gと軽量なおしゃれなボトル。。。これを見た瞬間!決めていたサーモスの“JNL-500DPL”は却下!

…で早速、購入しようと… アラモード さんや 7dials楽天市場支店 さん、 アプリコット さん、 D-FORME さんなど他にも数店舗取り扱っていますが、人気色は在庫切れと入荷待ち状態。。。う~ん。。。と2日ほど各ショップを巡回していたら6月中旬頃入荷待ち状態だった“グリーン”色が在庫数1で有るではないですかぁ~っと即効でポチッ!。。。水筒としては価格は高いけど、そうそう壊れる物でもないし何よりペットボトル感覚で飲めるスタイルはシンプルで違和感が少ないですよね。。。


どのショップの販売価格も同じで違いとしては送料やポイント、オマケの品など工夫をされていますが、それよりも輸入品なので入荷数が少ないのか?人気上昇なのか?欠品している事が多い…ぼくは偶々運が良かったのか、購入レビューを書いてオマケゲット出来る楽天ランキング1位の 7dials楽天市場支店 さんで購入。。。
Swell_bottle-01.jpg   Swell_bottle-02.jpg   Swell_bottle-03.jpg
ボトルは紙製の筒状の厚みの有る化粧箱に入れられ、まるでガラス瓶を保護するかのような丈夫さです。日本メーカー物と違いペラペラの四角い化粧箱とは大違いですね。。。箱一つにも美的センスを感じます。


箱の中の、高さ26cmの鮮やかなグリーンのボトルがビニール袋に入れられております。。。
Swell_bottle-04.jpg     Swell_bottle-05.jpg
ボトルには商品説明文がプリントされた布製のタグが掛けられています。。。生地っていうのもおしゃれですね。。。


2013.06.18 Tue l 工具・刃物・台所などの生活用品 l コメント (0) トラックバック (0) l top
久しぶりに海外通販の中華系ショップで比較的対応の良い“RSOV.com”さんで注文しちゃいました。購入したのは、電動ハンドガンの“CYMA製 Metal Fixed Slide Full-Auto USP AEP with Tactical Rail”です。注文時にはいつものように英文で“デチューン”と“インボイス”の依頼して、いつもの通り証明書を前回同様に送ってくれました。勿論、荷物にも添付されます。。。
AEGs-CYMA_USP-00.jpg   AEGs-CYMA_USP-42.jpg   AEGs-CYMA_USP-01.jpg
尚、今現在、Googleの日本語検索で“CYMA USP”はヤフオク(発送地:海外)がヒットするだけで、他にはレビューや国内販売などの情報は今のところ無いようです。。。っという事で逸早く画像だけでも・・・メカボのメンテは今後の予定~。


今回も対応が早く梱包も丁寧で好印象でした。。。“CYMA”製の電動ハンドガンといえば、SIG P226・Glock18C・DE・GB などマ○イのコピーで有りながら、一回り以上もサイズUPして実に違和感が有りますね。。。
AEGs-CYMA_USP-02.jpg   AEGs-CYMA_USP-03.jpg   AEGs-CYMA_USP-04.jpg
しかし今回の新製品?の “USP(CM125)”は、殆どマ○イ製と同等(実銃サイズ)の大きさです。ただ残念な事に他製品同様~リアルな刻印は無いです。。。


先ずは付属品から、ACアダプターは海外仕様ですが、7.2V 500mAh の NI-MHバッテリーは取り敢えず使えそうですね。後で、手持ちのマルチ充電器に接続できるようにジャック部分辺りの線を切り離して改造しちゃいます。。。
AEGs-CYMA_USP-05.jpg     AEGs-CYMA_USP-06.jpg
早速本体を見て行きましょう。


実物同様スライドは金属製でアウターは樹脂製。全体に艶消しブラック塗装がされているので金属・樹脂の区別は見た目判り難いです。。。
AEGs-CYMA_USP-07.jpg     AEGs-CYMA_USP-08.jpg
また初めから20mmレイルの着脱式アンダーマウントは装着されています。固定ビスは六角では無く+ビスでした。後で六角に変更しようかな~。


2013.06.10 Mon l トイガン l コメント (5) トラックバック (0) l top
先日、久しぶりに友人と会い食事をしながら楽しい一時を過ごしました。それで以前から依頼されていた幾つかの修理品を受け取りその中の一つ!LEDエミッターは高光度の“CREE 3W”を搭載し、単3乾電池1本で可動する小型のLEDハンディーライト“YIQUAN YQ-1501”の修理です。
YIQUAN_YQ-1501-01.jpg     YIQUAN_YQ-1501-02.jpg
修理の内容は…画像の通り~何故かヘッドをバラシた時に赤と黒の電線をねじり切った様です(^^;)


それでは断線修理に掛かりますが…お決まりの!

ココ↓から先の記事について、注意とお断り
○個人での改造行為はメーカー及び修理業者などの保障や修理は一切受けられない可能性が有ります。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、自己の責任と管理です。


先ず内側ヘッドにはめ込んであるモジュールをグリッ!と外します。
YIQUAN_YQ-1501-03.jpg     YIQUAN_YQ-1501-04.jpg
切れた赤と黒の電線を外し新しい電線に付け替えます。序にハンダ付けの修正もしました。。。


内側ヘッドに開いてある電線を通す穴ですが、よく見ると穴を開けた時のバリがそのまま付いていました。
YIQUAN_YQ-1501-05.jpg     YIQUAN_YQ-1501-06.jpg
このままでもアルミ材なので取れても大丈夫かと思いますが、気分的に宜しく無いので、ヤスリで綺麗に面取りしました。小さい穴なのに結構バリが付いていましたね。。。


モジュールをはめ込んだ時に内側ヘッドから出る2本の線の長さを適度に調整します。。。
YIQUAN_YQ-1501-07.jpg     YIQUAN_YQ-1501-08.jpg
そのままLEDエミッターを付けようと思ったのですが…ココでプチ改善!エミッター裏のフラットなアルミ放熱板と内側モジュールの設置面が凹でいる為、十分に熱が逃げるのかが疑問…


2013.06.06 Thu l 電子工作など l コメント (2) トラックバック (0) l top
主に天気の悪い日用として通勤に使っているスクーター “ホンダ スペイシー100”片道12kmの道のりだけど快適に乗っていますが、先週金曜日の帰宅時、自宅から約200m手前の下り坂で突然!エンジンがストップしてしまいました。直ぐに路肩に止まり、セルやキックでエンジンをかけようとしたけど全く駄目(><;)仕方が無いので押して帰りました。。。たった200mの道のりだけど重く疲れた~。。。
SPACY100_es-01.jpg
っで、翌日の土曜日早朝から取り敢えずバッテリー電圧とプラグ、エアクリ、マフラー詰りなど簡単なチェックをしたけど特に問題無い。。。ならばキャブ周りかなぁ~という事で見ることにしました。


キャブ周りを見るにはシートボックスを外すだけ。
SPACY100_es-02.jpg
先ずはメットインボックス内の黄色2本の10mmネジとシートロック両脇の黄色2本の10mm袋ナット&ワッシャー、それからキャリア部分のピンク色2本の12mmネジを外すとシートボックスが取り外せます。コツとしてはキャリア部分の黒い横バー根元のゴムパッキンが邪魔するので場合によってはキャリア根元裏のネジ各2本の計4本を少し緩めれば良いかも…


シートボックスを外れたら…埃まみれの状態。。。
SPACY100_es-03.jpg     SPACY100_es-04.jpg
これでは作業に支障がでるので軽く~適当に~拭きました。


軽く埃を拭き取りながら目視でチェックすると、インマニから伸びているゴムチューブ、赤色に亀裂発見。。。
SPACY100_es-05.jpg
反対側ゴムチューブ、緑色部分が弾力性が無くなったのか折れ曲がりゴムチューブが完全に潰れている…これではちゃんと給排気が出来ずエンストする訳ですね。試しに折れた部分を指で保持しながらエンジンを掛けると、すんなり掛かりながら不安定なアイドリング状態…


2013.06.03 Mon l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top