上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
デスクトップでも十分楽しめる、 ヨコモのカードサイズクローラー“nanoQLO(ナノクロ)”です。
   Yokomo_nanoQLD-01.jpg   Yokomo_nanoQLD-02.jpg
ぼくが購入したのはnanoQLOはバージョンアップ品で、走破性と信頼性をアップした「ナノクロ2.0トラックボディ仕様」です。


トラックボディは軽いポリカなので良いのですが、見た目が少々リアルさに欠けますね。
Yokomo_nanoQLD-03.jpg   Yokomo_nanoQLD-04.jpg   Yokomo_nanoQLD-05.jpg
そこでトイラジメーカーでお馴染みのCCPから販売されている…1/58“リアルドライブnano ビックタイヤ”の細かく着色されているボディを付けてみようと思います。。。


今回、CCPの“リアルドライブnano ビックタイヤ”の中で選んだのは“ジープ・ラングラー”にしました。
   Yokomo_nanoQLD-08.jpg   Yokomo_nanoQLD-09.jpg
手持ちのトイラジでハマー系が多かったのでハマーは除外。。。なのでこの“ジープ・ラングラー”か“フォード・ラプター”かで迷ったのですが綺麗なメタリックブルーがイイかなと…


“nanoQLO”と“リアルドライブnano”を並べてみました…
Yokomo_nanoQLD-10.jpg   Yokomo_nanoQLD-11.jpg   Yokomo_nanoQLD-12.jpg
ボディサイズも殆ど同じ様ですね。。。


スポンサーサイト
2013.02.26 Tue l トイラジ(ラジコン) l コメント (2) トラックバック (0) l top
久しぶりに家族で近くのトイザらスに行ってみました。特に目的が有る訳でもなく暇つぶしにと…(^^;) 店内は休日の割には空いていてゆっくり見る事ができ、ふとラジコンコーナーの棚を見るとトイラジコンでお馴染みのCCP製の室内用クローラー“ハイパークライマー ハマー H1”を見つけました。箱をマジマジと見ていると子どもも興味が有るのか「欲しいぃ~」と言うのでりツイツイ買ってしまいました(実は自分が欲しかったのです…)。。。
     CCP_Hyperclimber01-01.jpg
詳しい“CCP ハイパークライマー ハマー H1”情報→CCPホームページ
<セット内容>本体、送信機
<使用電池>単3電池×6本(※別売り)
<商品サイズ>全長約21cm
<周波数>周波数 40MHz
<材質>ABS他
<対象年齢>6歳~

“高トルク・ハイパワー。障害物をガンガン乗り越える。ハイパワーツインモーター4WD。力強い走行。障害物の凸凹をしなやかに走破。”っと書いてありますが、実力は如何に!!!


さっそく箱を開けてみましょう。。。
CCP_Hyperclimber01-02.jpg   CCP_Hyperclimber01-03.jpg   CCP_Hyperclimber01-04.jpg
本体の電源は単3形電池×4本(別売)です。トイなので仕方が無いのですが殆どのパーツはABS樹脂で構成されています。赤色のサスペンションは何だか強度的に頼りない感じもしますが、柔らかいスプリングを採用でシャーシのねじれ具合が面白いです。。。


コントローラーの電源は単3形電池×2本(別売)です。周波数はシー・シー・ピーのカタログでは27MHzでしたが、ぼくのにはシールで40MHzに成っていました。アンテナは箱に入ってた為か曲がったままで今のところ真っ直ぐに戻る気配無し…
CCP_Hyperclimber01-05.jpg   CCP_Hyperclimber01-13.jpg   
別売りの電池は、いつも利用しているお気に入りの~日本トラストテクノロジー社の充電地“エネロング”です。この充電池は某メーカー製にも引けをとらないほど高品質で低価格。自然放電が少なく半年後でも約85%、一年後で約80%充電をキープしてメモリー効果も少なくつぎ足し充電でも可能。また約1,000回のくりかえし充電も出来るeco電池ですよ。ぼくは楽天市場のえこじじいの店さんでリピートしてます。。。


…で暫く遊んでみた感想は。。。
CCP_Hyperclimber01-12.jpg
先ず、HPにも書いてある特長から…
■ハイパワーツインモーター4WD。力強い走行。クローラーなのでスピード遅いが力強い走行とは思えない。
■ヤワラカサスペンション+ネジレルシャーシ+クイックタイヤ確かに柔らかくしなやかで面白い、タイヤは柔らかくも無くべた付きも無いのでノーマル。一応クローラーのパターンなので其れなりに食いつきが良いと思う。
■障害物の凹凸をしなやかに走破。1.5cm程度の段差ならしなやかに走破します。
■最大登坂角40度+8センチの段差(DVDケース約5本以上)もよじ登る。登坂角40度は路面が滑りにくい素材なら何とか登るが苦しい感じ、8センチの段差は無理でした。直進走行ならコントローラーのターボボタンを使えば何とか走破できるかも…
■ターボボタンでパワーアップこのターボボタンは曲者でぼくには仕様から納得の出来ないものです。それはターボが有効なのは前進のみ。左右や後進はターボに成らない為、クローラー特有の凹凸走行の工夫で力強いトルクが使えないのは厳しい。

いくらトイとはいえ、これではクローラーとしてのコンセプトとは可也かけ離れてしまいますね。正直、購入失敗感が強いです。。。


2013.02.13 Wed l トイラジ(ラジコン) l コメント (16) トラックバック (0) l top
今回は“SONY felica”USB対応の非接触ICカードリーダ/ライタ RC-S320(PaSoRi)のプチ作業です。。 ICカードリーダはパソコンに接続して、プリペイド型マネーサービスなどを利用するのに便利な機器ですが、ぼくの場合は“PASMO”とセブンイレブンの“ナナコ”の残高・履歴確認程度しか利用していません。。。なのでICカードリーダを買ったはいいが殆ど使っていない放置状態です。。。
PaSoRi_RC-S320-01.jpg     PaSoRi_RC-S320-02.jpg
そこでちょっとイタズラ感覚で、ポーリングランプの緑色LED点滅発光を手持ちの青色LEDに交換しちゃいます。別に交換したからと云ってどうっ!て事は無いのですが…見た目の自己満足で(^^;)


分解する前にお約束…この記事についての注意とお断り

○個人での改造行為はメーカー及び修理業者などの保障や修理は、一切受けられない可能性が有ります。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、自己の責任と管理です。


分解するには裏面2箇所の黒いゴムを剥がすと+ネジが有るのでそれを外します。。。
PaSoRi_RC-S320-03.jpg
次に表面カバーをランプ側に下ろす感覚でスライドさせると外れます。


中身はシンプルでセンサー部分と青色の基板だけです。
PaSoRi_RC-S320-04.jpg     PaSoRi_RC-S320-05.jpg
さて基板に載っているチップLEDのサイズはミリ表示だと“1608”、インチだと“0603”ですね。


手持ちに同サイズの青色チップLEDが有るのでこれと交換しちゃいます。。。
PaSoRi_RC-S320-06.jpg
チップLEDの大きさは定規の目盛りを参考に…


2013.02.02 Sat l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。