実銃の名称はHK416(HKM4)で、ドイツのヘッケラー&コック社(H&K)がM4カービンを改良・強化した重火器です。このモデルをトイガンにしたメーカーは国内、海外共に有りますが人気が高く品薄な事も多く有ります。。。今回も海外通販の中華系ショップで比較的対応の良い“RSOV.com”さんで注文しちゃいました。購入したのは、フルメタル電動ガンの“Jing Gong”(JG)社製“HK416 AEG (FB6621 - 2nd edition)”です。。。
AEGs-Jing_Gong_HK416-00.jpg
価格はUS$206.99、日本円で約16,200円前後ですが、ぼくは会員の特典条件をクリアしているので価格から12%引きに成りUS$182.15、日本円で約14,300円弱に成りました。それと今回は、他に(会員割引対象品)“A.C.M. HK416 Universal Front Sight”と“Jing Gong HK416 metal 300rds quick wind-up magazine の2個セット”も一緒に購入しました。注文時にはいつものように英文で“デチューン”と“インボイス”の依頼して、いつもの通り証明書を前回同様に送ってくれました。勿論、荷物にも添付されます。。。


-PayPal支払いで、注文から配達までの流れ-
1.日本時間:8日 13時 
※オーダー時備考欄に98ジュール以下のデチューンおよび証明書添付を依頼
  1 x gun_0386 ''JG' - Jing Gong full-metal HK416 AEG (FB6621 - 2nd edition) = ¥14,295.13
  1 x aim_0246 'A.C.M. HK416 Universal Front Sight (Z002) = ¥793.43
  1 x mag_0220 '(lot of 2) 'JG' - Jing Gong HK416 metal 300rds quick wind-up magazine (Black) = ¥897.03
  ------------------------------------------------------
  小計: ¥15,985.59
  Hong Kong Post Office Airmail Parcel Post(7-14 days) : ¥3,942.41
  合計: ¥19,928
2.日本時間:10日 11時
  引受,香港
3.日本時間:11日 13時
  香港から日本へ発送(国際小包)
4.日本時間:翌月12日 16時~13日 9時
  日本着~通関手続き
5.日本時間:13日 12時 ~ 14日 6時
  国際支店から発送~支店~配達支店
6.日本時間:14日 15時
  お届け完了
※オーダー後、直ぐにPayPal支払しデチューンの依頼は、HP内の“Order Communication”に英文でコメントしました。又は、オーダー後にメールで“Order Comment”の案内が来るのでココで問い合わせしても良いでしょう。また回答は、“Debby”さんが丁寧・親切にスムーズに回答してくれました。今回も好印象でした。。。


品物はいつもの様に包装紙で包まれて丁寧にされています。
AEGs-Jing_Gong_HK416-01.jpg     AEGs-Jing_Gong_HK416-02.jpg<
関税で開封され検査されますが大体元通りにされて届きますね。。。


それでは開封!発泡スチロール材を使って無いので割合綺麗ですね。。。
AEGs-Jing_Gong_HK416-03.jpg     AEGs-Jing_Gong_HK416-04.jpg
別購入品の2品も一緒に梱包されていました。。。


2012.08.21 Tue l トイガン l コメント (8) トラックバック (0) l top
前回の“Snow Wolf社製 M24 ジャングルカモ”に続き、またまたエアーコッキング式スナイパーライフルを海外通販で購入しちゃいました。。。中華系通販ショップで比較的対応の良い“RSOV.com”さんで注文しちゃいました。購入したのは、エア・コッキングタイプのWell社製“Sharp-Shooter sniper rifles with Scope and bipod (MB07D - Black)”です。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-00.jpg
価格はUS$85.99、日本円で約6,800円前後ですが、ぼくは会員の特典条件をクリアしているので価格から12%引きに成りUS$75.67、日本円で約5,900円位に成りました。それにスコープとバイポッドがセットなので品質はともかくリーズナブルな感じ?それと今回は、他に(会員割引対象品)“A Plus製 Airsoft hop up rubber for WE open bolt / VSR”(HOPパッキン)も一緒に購入しました。注文時にはいつものように英文で“デチューン”と“インボイス”の依頼して、いつもの通り証明書を前回同様に送ってくれました。勿論、荷物にも添付されます。。。


-PayPal支払いで、注文から配達までの流れ-
1.日本時間:26日 6時 
※オーダー時備考欄に98ジュール以下のデチューンおよび証明書添付を依頼
  1 x gun_0646 'Well' Sharp-Shooter sniper rifles with Scope and bipod (MB07D - Black) = ¥5,938.58
  1 x prt_0543 'A Plus' Airsoft hop up rubber for WE open bolt / VSR = ¥689.84
  ------------------------------------------------------
  小計: ¥6,628.42
  Hong Kong Post Office Airmail Parcel Post(7-14 days) : ¥3,202.58
  合計: ¥9,831
2.日本時間:27日 11時
  引受,香港
3.日本時間:31日 20時
  香港から日本へ発送(国際小包)
4.日本時間:翌月1日 14時~2日 9時
  日本着~通関手続き
5.日本時間:2日 10時 ~ 3日 7時
  国際支店から発送~支店~配達支店
6.日本時間:3日 13時
  お届け完了
※オーダー後、直ぐにPayPal支払しデチューンの依頼は、HP内の“Order Communication”に英文でコメントしました。又は、オーダー後にメールで“Order Comment”の案内が来るのでココで問い合わせしても良いでしょう。また回答は、“Debby”さんが丁寧・親切にスムーズに回答してくれました。今回も好印象でした。。。


品物はこの様に届きました。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-02.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-03.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-04.jpg
開封! お馴染みの発泡スチロールの粉が舞います。。。


これは見ての通り、マ○イ VSRのコピー…ですね。。。
AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-05.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-06.jpg   AEGs-Well_Sharp_sniper_MB07-07.jpg
今回の購入した最大のきっかけは、シャープバレルに4本の溝が入ったフルートバレルが気に入ったのと、“Snow Wolf社製 M24 ジャングルカモ”同様、3-9×40スコープと取り付けマウントリング&バイポットがセットされていて価格的にお得感が有ったからです。。。


2012.08.12 Sun l トイガン l コメント (7) トラックバック (0) l top
スコープやサイトの照準調整って大切ですが、慎重に成り過ぎていつも面倒です。。。そこで今回、照準調整が簡単に出来てしまう優れものしかも安価で実銃でも使われている“Bushnell Laser Boresighter(ブッシュネル レーザー ボアサイター)”を買ってみました。
AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-01.jpg      AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-02.jpg
使い方は先端軸に各サイズ交換式のアダプターが有るので銃口サイズに合わせて差し込み、スコープを覗きレーザーとレティクルをポインターの点に合わせるだけです。レーザーなので銃口がどこを向いているか瞬時に直接目で見て確かめられるし、色は昼間でも目視し易いレッドなのでレーザーポインター・ドットサイト・スコープ等の様々なゼロイン調節にも使用できちゃうそうです。この調整方法による精度に関しては各国のレビューでも賛否両論有りますが、トイガンに使うには十分な性能かとぼくは思いますけど。。。


Bushnell Laser Boresighter(ブッシュネル レーザー ボアサイター)の主な仕様
【使用可能】
22~55口径(銃口径5.8~16.2mm)、ショットガン/12G・20Gまで

【付属品】
・本体
・六角レンチ
・調節アダプター(5.8・7.2・8.8・10.5・14.9・16.2mm)
・説明書(英文)
・ナイロンポーチ
電池付属


AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-03.jpg     AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-04.jpg
と多品種対応でリーズナブルなのですが、1点だけ落とし穴が…それは“付属電池”が現在、日本では通常流通していない入手困難な物でした。規格はリチウム電池 CR14230 3V です。この電池が付属する物の多くは安価設定の並行輸入品らしく、輸入販売元によってはアダプター付き仕様が有り、このアダプター用の電池はコンビニや100円均一にも普通に売っている安価なアルカリボタン電池“LR44”、それを3個使用します。。。ぼくの場合、安価に引かれて並行輸入品の“CR14230”仕様を買ってしまいました。。。


そこで、アルカリボタン電池“LR44”を3個使用出来る自作アダプターを出来るだけ安く作っちゃいます。。。
注意とお断り
○この記事を読んでの改造行為で起きた、故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、自己の責任と管理です。

AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-05.jpg     AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-06.jpg
出来るだけ身の回りに有るもので作りたいので、昔ソフトバンク携帯の契約時に貰ったLEDライトのアルミボディーが“LR44”の外形にピッタリ入りましたので解体と必要サイズに切断…と“LR44×3個”の方が低いので、不用品の単3型マンガン電池のプラス側凸電極とグリーンの絶縁リング、それとボールペンに入っていたバネを使ってテンションを掛けて嵩上げ。バネ使用の理由は下記に有ります。


単3型マンガン電池のプラス側凸電極とボールペンに入っていたバネを適度な長さに切断して半田を流して固定。。。
AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-07.jpg   AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-08.jpg   AEGs-Bushnell_Laser_Boresig-09.jpg
凸電極をアルミボディーに乗せてふちを内側に状に軽く押し曲げて固定。。。


2012.08.07 Tue l トイガン l コメント (0) トラックバック (0) l top
我が家のエアガンも更に増え、箱に仕舞って積み重ねて置くのも流石に置き場所に困ってきました。。。どうせならカッコ良く飾りたいし…と云う事でガンラック、ガンスタンドが欲しくなり商品を調べてみました。
     
知名度の高いものだと“BETA PROJECT(ベータプロジェクト)”の床置き型ガンラックシステムで、サイドプレートが強化樹脂製とアルミ製のパイプで構成され非常に剛性感の高い作りです。しかも最大で10挺程掛ける事ができるらしいです。。。


また、横置き型&縦置き型対応するものだと木製合板に成りますが…

このガンラックだと、縦横合わせて8挺(横置き5挺・縦置き3挺)まで掛ける事が可能だそうです。。。あとヤフオクとかだと、木工所製などの5~7挺掛け良品が幾つか見受けられました。でもこの木製ガンスタンドの画像をよーく観察してみると何だか自分でも作れそうな気がしてきました。。。それに木材って云ってもホームセンターの資材売り場に有るDIYには最適なSPF加工(ツーバイ)材だと、とても安いのでコスト的に良いですしね。。。


で、自分の環境に許されるサイズで取り敢えず作ってみる事にしました。しかも、木材の加工は出来るだけ少なく済ませるように。。。
AEGs-Gun_Stand-01.jpg AEGs-Gun_Stand-02.jpg AEGs-Gun_Stand-03.jpg AEGs-Gun_Stand-07.jpg
作業工程の写真を撮っていなかったので、ほぼ完成状態ですけど…

購入した主な材料(税込み単価)
1×3材 3F サイズ:約910×19×63mm 単価128円 2個
1×4材 3F サイズ:約910×19×89mm 単価128円 3個
1×4材 6F サイズ:約1820×19×89mm 単価178円 2個
1×6材 3F サイズ:約910×19×140mm 単価205円 1個
2×3材 3F サイズ:約910×38×63mm 単価195円 1個
南洋材 丸棒 サイズ:約910×直径18mm 単価195円 1個
気割れ防止ビス 単価580円 1箱
~と多少木材の加工が必要ですが、無垢材のままの組み立てだけなら合計2,171円で済みました。

手持ちの材料と工具
木ネジ、クッションテープ各サイズ、ものさし類、鋸、ドライバー、電気ドリル、直径18mm穴あけドリルビット、紙ヤスリ各種、その他…とやる気(←コレ重要)


塗装やニス塗りも予定していますが、暫くこのまま使って使用感を試してみます。。。
AEGs-Gun_Stand-04.jpg   AEGs-Gun_Stand-05.jpg   AEGs-Gun_Stand-06.jpg
なぜなら全てビス止めで固定しているので使い勝手が悪かったり不具合が有れば即、木材の加工や変更など自由に工夫が出来るからですよ。。。因みにスタンド上にある横2本の木材にはフックを付けて横置き出来るようにします。後は、転倒&悪戯防止用に着脱式ワイヤーを張る。……でも実はこれでもまだまだ置ききれないんですよねぇ(^^;)


2012.08.03 Fri l トイガン l コメント (2) トラックバック (0) l top