上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
本場アメリカの各、Abercrombie & Fitch 直営店内もそうですが、銀座店内でも散布されてるシトラスやムスクなどのブレンドで香る代表的な香水“FIERCE(フィアース)”香りの好みは人其々ですが、アバクロ製品を身に着けるには必需品かと思います。。。

また香水は輸送規制の対象と成っているので、公式サイトから購入できません。その為、入手経路が狭い条件下で手軽に通常価格よりも安く、国内で入手できるメリットで大手ネットショップやオークション等で偽物(コピー品)も多く流通しているようなので、十分に調べないといけませんね。あいにくぼくは“FIERCE”の偽物(コピー品)を購入した事が無いので正規品と比較できませんが、参考までに外観だけでも正規品の紹介をします。っと云うのは、香水自体は品質分析をして調合製造してしまえば、衣類の縫製などと違って見極めるのが難しいかと思います。そこで、偽物(コピー品)に有りがち詰めの甘い箇所を狙って・・・外箱や容器の画像を載せ比べられる様にし、偽物(コピー品)を間違って買わない参考に少しでも役に立てればと思います。。。。


因みに生産ラインについては衣類同様アメリカを始め、南米・東南アジア等の海外工場に製造を委託し流通のコストを抑えてるので、銀座店で販売している“FIERCE”も日本国内の製造販売元として現在、佐賀県に在る(株)プルームが委託されていますね。。。なので、香水自体は正規品と同じですが、外箱や容器などの表示物の一部には日本語シールが貼られていたり、注意書きが追加されていたりとか・・・若干アメリカからの直輸入物とは違います。

今回、購入したショップは数多く有る国内ネットショップの中で信頼できる“Abbot kinney”さんで購入しました。此方のショップは現地の直営店に直接買付するので当然100%正規品です。


実際に正規品の50mlを注文してみましたので、紹介しちゃいます。。。
AF_FIERCE_50ml-01.jpg   AF_FIERCE_50ml-02.jpg   AF_FIERCE_50ml-03.jpg
綺麗に折り目の付いた透明フィルムでピッタリ保護されています。


透明保護フィルムを剥がして・・・
AF_FIERCE_50ml-04.jpg   AF_FIERCE_50ml-05.jpg   AF_FIERCE_50ml-06.jpg
衣類に付いてくる紙ネ-ムの文字もそうですが、書体の比較と印刷レベルなど参考に成りそうですね。。。


スポンサーサイト
2012.06.29 Fri l Abercrombie & Fitch l コメント (2) トラックバック (0) l top
我が家の照明もエコ化が進み、約90パーセント位はLED照明に交換しました。まぁ殆んど電球タイプなので口金サイズで云うと、室内や廊下、玄関、階段、風呂、トイレなどがE26、出窓やリビングに飾っている24時間点けっぱなしのムードランプ(兼防犯灯)や外灯などはE17,E10、各部屋のナツメ球(E10)は100円均一で購入した物など非常に取り付けは簡単ですけど。。。また蛍光灯使用の場所だと和室や、キッチン、スタンドライトなどが多くLED化にするには、照明器具のタイプがラピッドスタート式やインバーター式だと照明器具内部の配線工事が必要です。尚、照明器具内部の工事は事故防止の為、専門職の方にお願いしたほうが良いでしょう。
      
また、グロースタータ式の照明器具タイプはグロー球を外すだけで工事が不要なタイプも最近多く有りますが、平均約15~20年の寿命が有る安定器を切り離す事によって不要な電力を無くし更なる省エネと、安定器自体の経年劣化等による事故を誘発する可能性を事前に防止する為にも配線工事が必要だと・・・ぼくは思います。この様にLED電球タイプと違って蛍光灯タイプのLEDは取り付けに時間と加工が必要な為、少し面倒に成りつつも・・・昨年キッチンを直管形LEDに交換と配線工事をしました。が・・・和室などまでは中々思い切って手が付けられませんでした。


でも今年に入り少し安い蛍光灯タイプのLEDが出始めた事と、子ども達が和室で遊ぶように成り居る時間が増えた為、品質はともかく・・・和室の環型(丸形)蛍光灯をLEDタイプに交換工事してみちゃいます。。。
led_marugata-13.jpg     led_marugata-03.jpg
で・・・早速、天井からブラ下がっている電源コードを外し、蛍光灯2本と笠を取り外しました。。。


色々と探した結果、今回購入した環型(丸形)蛍光灯タイプのLEDランプは、Yahoo!オークションのストア“将軍ネット”さんで、30W形と32W形を購入しました。
led_marugata-01.jpg     led_marugata-02.jpg
30W形で225個のLEDを使用した消費電力11W”と“32W形で336個のLEDを使用した消費電力16W”の2個で安定器切り離しだと単純にランプ消費電力は27Wですね。。。因みに蛍光灯だと・・・32形(30W)+30形(28W)でランプだけの消費電力は58Wですが、実際は蛍光灯1個に対して1個の安定器(鉄心入りコイル)が着くので、多少の電圧のバラツキは有るけど安定器も含めたこの灯器具全体の消費電力は、47.5W+36W=83.5W も消費します。。。


ココ↓から先の記事について、注意とお断り
○個人での改造行為はメーカー及び修理業者などの保障や修理は一切受けられない可能性が有ります。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えません。
自己の責任と管理です。


グロー球を外し、器具の蓋を開け、安定器から配線を切り離します。
led_marugata-04.jpg led_marugata-05.jpg led_marugata-06.jpg led_marugata-12.jpg
切り離した配線をバイパスしてハンダ付けで固定し、感電防止の為、手持ちの収縮チューブを被せました。勿論ビニールテープを巻いても良いですね。。。後は重い安定器2個を外します。。。


2012.06.23 Sat l 電子工作など l コメント (2) トラックバック (0) l top
40歳過ぎてからチョッとしたきっかけで、再び火が点いてしまいました(^^;)しかも中華製です。勿論、性能や筺体含めパーツの精密さは日本メーカーが最高ですが、中華の魅力としてヒンヤリしたリアルなメタルボディーや銃器の種類、低価格、多彩なカスタムパーツなどコピー低品質ながら購入意欲をそそります。また低品質でもある程度、オーバーホールや主要パーツを良品に換え調整してあげれば意外と遊べると思います。


そこで今回も海外通販で購入しちゃいます。。。中華系通販ショップで比較的対応の良い“RSOV.com”さんで注文しちゃいました。
AEGs-ACM_CQB_M4_Pistol-00.jpg     AEGs-ACM_CQB_M4_Pistol-01.jpg
でっ、注文したのは、“A.C.M.製 CQB M4 Pistol AEG”で価格もUS$116.99、日本円で約9,000円強とリーズナブル?筺体はお馴染みのフルメタルです。中華製なので品質は低いと思いますが更に!!!このA.C.M.製とは、メーカー名では無く(All China Made=ノーブランド)という意味なので製造パーツはOEM,ODMから組み立てられている可能性が高いです。またメーカー名が無い分、パーツの品質がB級品~や組み立て技術などの低さも考えられます。まぁその分低価格なのですが・・・リスクは大きいですね。。。さて注文時には英文で“デチューン”と“インボイス”の依頼をしたら、英文で「大丈夫だよ~」的な内容文とPDFでの通り証明書を送ってくれました。勿論、荷物にも添付されます。。。


-PayPal支払いで、注文から配達までの流れ-
1.日本時間:1日 11時 
※オーダー時備考欄に98ジュール以下のデチューンおよび証明書添付を依頼
  1 x gun_0240 'KALASH (Boyi)' AKS-74UN (RK01 - wood and steel) = \9,405
  ------------------------------------------------------
  小計: \9,405
  Hong Kong Post Office Airmail Parcel Post(7-14 days) : \2,251
  合計: \11,656
2.日本時間:5日 11時
  引受,香港
3.日本時間:6日 13時
  香港から日本へ発送(国際小包)
4.日本時間:7日 15時~8日 9時
  日本着~通関手続き
5.日本時間:8日 11時 ~ 9日 7時
  国際支店から発送~支店~配達支店
6.日本時間:9日 11時
  お届け完了
※オーダー後、直ぐにPayPal支払しデチューンの依頼は、HP内の“Order Communication”に英文でコメントしました。又は、オーダー後にメールで“Order Comment”の案内が来るのでココで問い合わせしても良いでしょう。また回答は、“Debby”さんが丁寧・親切にスムーズに回答してくれました。今回も好印象でした。。。


品物はこの様に届きました。
AEGs-ACM_CQB_M4_Pistol-02.jpg AEGs-ACM_CQB_M4_Pistol-03.jpg AEGs-ACM_CQB_M4_Pistol-04.jpg AEGs-ACM_CQB_M4_Pistol-05.jpg
角など全体に潰れた荷物の上にはビニール袋に「インボイスと証明書」が入ってテープで貼り付けられていましたが、中身は大丈夫なのだろうか・・・


早速、ベコベコの箱を開けると・・・
AEGs-ACM_CQB_M4_Pistol-06.jpg
ナント!一応プチプチ(エアキャップ)1枚で保護?された少し綺麗な箱が入っていました。。。よかったぁ~。


2012.06.17 Sun l トイガン l コメント (2) トラックバック (0) l top
2003年に東京マルイから発売されたエアーコッキング・ライフルの“VSR-10”、その翌年2004年に改良モデル“VSR-10 Gスペック”が発売(メーカー希望小売価格 ¥25800)され、命中精度と完成度の高さで愛好家も多く居るようですね。
        
販売終了してから今年の5月下旬頃、再販されるとの事で、楽天市場の“ホビールームもみの木”さんで予約注文しました。またそれに伴い、射的・射的銃・木製ストックの販売の“有限会社ナカヤ”さんからも既に販売終了していたブナ材を使用したアマニ油仕上の“VSR-10・Gスペック対応 M40タイプ (NV120)”の木製ストックも再販されると有り此方は、“トイスタジアム オオカワヤ”さんで注文しました。他のメーカーからも“Gスペック対応”の木製ストックが販売されているようですが、組み込みには多少の加工と調整が必要に成る場合が有るらしいです・・・


・・・で、予約してから入荷されたのが6月の上旬・・・待ちに待った?
AEGs-MARUI_VSR-10_G-01.jpg
“VSR-10 Gスペック”が届きました。。。因みに、木製ストックは未開封のまま放置!


はやる気持ちを抑えつつ・・・梱包材を剥がすと・・・
AEGs-MARUI_VSR-10_G-02.jpg     AEGs-MARUI_VSR-10_G-03.jpg
おぉ~っ!っと“VSR-10 Gスペック”よりも木製ストックの方に喜びが・・・(^^;) やっぱり自然の質感は最高ですね。。。


ストック部分の比較。
AEGs-MARUI_VSR-10_G-04.jpg
木製ストックのラバーパッドは、マルイ製に比べかなりゴム質が高く滑り難く本格的です。画像の通りゴミが付き易いですが・・・


2012.06.11 Mon l トイガン l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。