上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
主に通勤用の“Honda PCX”ですが、プチ改善と云うことでヘッドライトバルブの明るさUPと綺麗化?とポジション球&テール球&ライセンス球をLED球に交換して消費電力を少しでも抑えちゃいます。既にPCXに乗られている先輩方にも多数使用していらっしゃる“M&Hマツシマ 高効率ハイパーハロゲンヘッドライトバルブ ホワイトゴースト 【HS5】12v 35/30W”です。。。
     
勿論、2りんかんで色々なサンプルを試してみましたが、この“ホワイトゴースト”の色合いがとても気に入りました。。。


純正品よりも割高でしかも、PCXは2燈なので2個使います。
PCX-bu01.jpg
2個なので6千円強しますが、買っちゃいました。。。


因みに↓これが純正品。
PCX-bu02.jpg
純正品での夜間走行で街中なら十分かも知れませんが、閑静な道ではハッキリ言って暗い感じがします。


純正品とホワイトゴーストを並べてみました。
PCX-bu03.jpg
両方とも12v 35/30Wですが、ホワイトゴーストは明るさ感が60/50Wクラスと同等に成ります。


スポンサーサイト
2012.02.17 Fri l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
ぼくの通勤の足は雨以外殆んど、50ccの原チャリです。片道12kmなので50ccで十分なのですが、坂の多い地形なので流石にキツイところが有ります。
dio01.jpg  dio02.jpg  dio03.jpg
それにこの原チャリは1994年式の(HONDA・ライブDIO SK50MR)と古くデイトナのC.D.I.と同社のリアサスを変えてるだけの物ですが、今年に入ってエンジン内部から異音と振動がする様になり・・・あぁ・・・寿命が来たかな!


その間に新しい通勤用として選び決めたのが、2010年03月に発売した原付二種の新型スクーター“Honda PCX”です。タイの洪水被害で品薄なスクーターでしたが、運良く?原チャリを持ち込んだバイク屋さんに2台入荷されていました。バイク屋さんの話では、元々生産が間に合わない人気車で、洪水前に発注したものがやっと入ったそうです。。。

PCXは先進的なデザインの車体に、電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)に加え、一時停止の際に自動的にエンジンが停止するアイドリングストップ・システムを125ccクラスとしては国内で初めて搭載するなど環境性能に優れた新開発の水冷・単気筒125ccエンジンを搭載しています。


・・・っという事で即日買っちゃいました。↓画像は勤め先で・・・
PCX-01.jpg
その翌日の早朝に廃車に成るライブDIOと引き換えにPCXが納車されました。
(DIOくん、お疲れ様でした(><)/)。。。


・・・実は注文した日に、純正アクセサリーや社外品などが気に成り、色々と調べて先ずは・・・マフラー交換からでしょう。。。でも、通勤が一番の目的なので、ホンダのカタログにも載っている MORIWAKI製マフラー“ZERO ANO”に決めました。

勿論、自分で取り付けるので少しでも安く買えるように楽天市場で調べて・・・一番安い“バイクショップ はとや” さんで買いました。しかもマフラーなので大きな梱包にも関わらず「送料無料」は有り難いですね。。。


2012.02.05 Sun l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。