上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
以前から気に成っている「カインズホーム」などのホームセンターでサービスカウンター辺りに販売している、ハイビジョンのデジタルムービーカメラ。。。小学生時代の懐かしい思い出で、確か…図書室に有った学研の本で“冒険”を題材にした挿絵の多い本。。。夢と想像を掻き立ててくれたまさに“いつまでも少年のままで”に相応しい憧れだった冒険アイテムの一つ、双眼鏡や天体望遠鏡、身近な物では黒のクレヨンを紙に塗って太陽光を集光させて燃やした「虫眼鏡」などなど、光学製品を販売・製造している ケンコー 。現在は「株式会社ケンコー・トキナー」と成っていますね。。。そんな馴染み深いケンコーから販売している1万円以下の安価な玩具的デジタルムービーカメラ! “DVS2500HD” しかもハイビジョン撮影が可能。。。勿論、数万円以上のデジタルムービーカメラと比べてはダメですよ。。。位置付けとしては、 EXEMODE(エグゼモード) YASHICA のデジタルムービーカメラ辺りかと・・・。

ケンコー・トキナのHP“DVS2500HD”仕様

     
この安価な玩具的デジタルムービーカメラは、ある一部の方々に密かな?人気が有って、バイクや車に取り付け「車載カメラ」用として撮影を楽しむ。。。路面の振動など過酷な撮影状況で仮に壊れても、1万円以下なら諦められると云う事らしいです。。。安価だけに色々と製品に不満は有りますが、この価格では比較的よく出来ていると思います。むしろ価格以上の楽しみが出来るのではないでしょうか。。。ただどうしても良くない大きな難点が一つ有ります。それは「マイク」です。録音の入力量が大きいのか、マイク性能が悪いのか、野外ではチョッとした風でも再生すると可也の風切り音となり聞けたもんじゃないですね。それに子供の高い声なんか音割れしちゃって酷いものです。。。これが車載と成ると恐ろしい音と成るらしいです。しかし、先人者さまのお陰で、マイクを改造をすれば音の改善が出来るとネット上に沢山の情報が有りました。。。マイク改造の多くは、車載用にとコンデンサ・マイクに抵抗を入れてゲインを下げたり、改造した為、余計なノイズを減らすのにコンデンサーを入れたり、純正のこもった様な音質マイクを高性能な物に交換したりと・・・改造する人によって、使う部品の抵抗やコンデンサーの容量が違っています。。。この辺りは音質の好みでしょう。。。


さて、ぼくの場合はこの玩具的デジタルムービーカメラ“DVS2500HD”の音をそこそこ聞ける「普通」にしたい!車載用ではないけど、車載でも我慢できる程度まで出来たらいいなぁと思って改造してみます。。。実は“改造”がしたいだけだったりして・・・
DVS2500HD-01.jpg     DVS2500HD-02.jpg
物欲が・・・っというか、改造品との比較の為!「ブルーブラック」と「レッド」の2色を買ってしまいました。。。意外と「レッド」が綺麗で気に入ったので、コレを改造しちゃいます。。。


改造するのに手持ち部品の他に必要な部品が有るので 秋月電子通商 さんから、音質に定評のあるパナソニック製の無指向性の高音質 小型コンデンサ・マイク エレクトレットコンデンサーマイクロホン(ECM) WM-61A(2個入)/200円)」と「絶縁型ラジアルリードタイプ積層セラミックコンデンサー1μF25V5mmピッチ(10個入)/100円」を通販で買いました。。。
DVS2500HD-08.jpg


いよいよマイクの改造ですが、改造行為には御約束の↓↓↓

はじめに…この記事についての注意とお断り
○改造行為はメーカーの保障や修理は一切受けられません。
○この記事を読んで起きた故障・破損・事故・怪我など全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己責任と管理でお願いします。


マイクを取り外すには、電池ボックス内のネジ(画像部分)と
DVS2500HD-04.jpg     DVS2500HD-05.jpg
底面部のネジ(画像部分)の2ヵ所を外します。ネジを外したら、マイク部分のカバーを少しずつ前方へ引っ張るとカバーが抜けます。。。


スポンサーサイト
2011.07.15 Fri l トイデジ l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。