カブ型のエンジンは入るオイルの量が少ない為、高温に成り走り方によってはエンジンに非常によろしくないそうです。ましてや、中華エンジンとくればもっと良くないと…。そこで大切なエンジンを高温から守る為、オイルクーラーを付けてみます。
     ATV-Oil_Cooler-00.jpg
オイルクーラーも高い物から安い物まで色々と種類が有ったけど、ぼくが選んだのは、ATVバギーのカスタム等で有名なRedZoneさんで比較的安価な物を選びました。っと云うか、ゴールドカラーで選んだ割合の方が大きいですか…。

商品詳細
■最新型高性能横置きEG用ATV・MINI オイルクーラー
■適応エンジン・・・横置き型のエンジンに適合。50cc・110cc・125cc・140cc
※外国製エンジンやMINIモトのエンジンに向き。
■アルミ合金製


さっそく注文して取り付けてみましょう。。。
ATV-Oil_Cooler-01.jpg
オイルクーラーを車体に取り付ける場所は、自分で色々と考えて市販のステーを加工したり、フレームを加工したりと工夫をしなくてはいけません。。。


ぼくの場合は付属のホースをそのまま利用します。
ATV-Oil_Cooler-02.jpg
ホースの長さの関係上、ハンドルポスト付近に設置しようと思います。


そのままポン付けとはいかないので、ホームセンターでL型ステーとステンレスボルト&ナットなど買ってきました。
ATV-Oil_Cooler-03.jpg
車体とクーラーの取り付け位置を測り、L型ステー合うようにドリルやグラインダーで加工し、錆び止めの為、鉄部用の塗料で仕上げました。。。


2011.02.22 Tue l 中華ATV・原付(バイク)・自転車 l コメント (0) トラックバック (0) l top
以前TVのバラエティ番組で、日本の伝統を受け継ぐ職人さんが作っていた銅製の厚焼き玉子焼き器がとても素晴らしく、この銅製の焼き器を使うと食材に均一に火が通るため玉子がふっくら柔らかく焼け味を変える効果が有ると…これは欲しいなぁ~と思いつつ…

いつも使っているホームセンターなどに売っている「マーブルコーティング」の安い長方形のフライパンで用を足しているので中々買うチャンスを逃していました。。。それにぼくの料理なんて適当で、小さい頃に母親が台所で料理しているのを思い出しながら「感」で作る程度です。なので厚焼き玉子のレシピなんて有るけど、その通りに進めた事なんて無いです。。。
こぉ・れぇ・がぁ・後々大変な事に…。。。


それで偶々、いつもの楽天市場で何気に見ていたら比較的安い銅製の厚焼き玉子焼き器を発見。。。
    
さらに色々検索してみると大きさにもよるけど3千円台~1万円台で真四角の「(江戸)関東型」、長四角の「関西型」、横長四角の「名古屋型」の種類が有りました。


迷ったけどぼくが選んだのはサックスWebShopさんの「関東型」3,864円(税込)にしてみました。しかも3,000円以上は送料無料だったしね。。。

このWAKATECH PRO 銅製玉子焼き器の仕様は
■素 材:銅/取っ手=天然木
■サイズ:185×155mm/柄長=175mm
■原産国:日本 Made in Japan(Produced by WAKABAYASHI)


注文してからとても丁寧な対応と早い配送でストレス無く買う事ができました。。。
egg_pan-01.jpg
じゃぁ~ん。。。厚焼きを作る前にこの焼き器を少し観察して見ますね。


2011.02.19 Sat l 工具・刃物・台所などの生活用品 l コメント (0) トラックバック (0) l top
秋月電子通商さんから販売しているデジタル容量計キット 06001(Cメーター)メーカーは JYETECH.COM製です。マイコンは“ATmega48V”を使用し、測定範囲1pF~500μFまで測れるそうです。
akizu-den_06001-00a.jpg     akizu-den_06001-00b.jpg
デジタル表示は7セグ4桁のLEDを使用し価格が¥1,400¥950(税込)と安いてす。ただマニュアルはA4用紙1枚の片面印刷に英文で回路図と部品表などまとめて小さく載っているだけなので少し見にくいですが、組立は部品表と基板シルクを合せて各部品を挿しハンダ付けするだけなので簡単に出来ます。


早速、注文してみました…。。。
akizu-den_06001-01.jpg     akizu-den_06001-02.jpg
電源は8-16DCで別に用意しなくてはいけません。基板にはDCプラグのメスが付いていますが、ぼくは持ち運びし易いように9Vの角型アルカリ電池(006P)も使えるように基板の裏面から配線します。。。


部品点数が少ないので完成まで30分程度です。特に組み立てに際し注意点は無いのですが、如いて言えば初めて電子工作される方向けに…付いてくる部品の時期によっては製造メーカーやロットで多少の作りに違いが有りますが、ぼくの付属していた物の場合、抵抗の“R9 120Ω |||||”と“R13,R14 10KΩ |||||”は殆ど同じ外形サイズでカラーコードの読む方向の目印も有りませんので見た目が同じ感じでした。なので判らない場合は素直にテスターで調べましょう。。。それと電解コンデンサの極性ですが、基板のシルク印刷には極性の向き表示は有りませんので、秋月電子通商さんの完成サンプル画像→「こちら」を見るかぼくの完成品でも見て下さいね。。。
akizu-den_06001-03.jpg
容量計の精度はカタログ上1%らしいが実際は不明です。まぁ値段が値段なんで少しでも改善されればと思い、多少の効果を期待?して更にノイズ成分を緩和する為、付属のパスコン104(バイパスコンデンサ)を手持ちのセラコン104(積層セラミックコンデンサ)に交換しました。。。


ディスクリート部品のハンダ付けは、品質の良い千住金属工業(株)の“スパークルハンダ 70 Sn60”を使用しました。
akizu-den_06001-04.jpg     akizu-den_06001-05.jpg
立て挿しの各コンデンサのリードにはイラックスチューブ(6mm)を被せ、挿し時に発生する負荷による本体根元へのクラック防止にと…超丁寧。。。また、この容量計には無意味?かも知れないけど、心臓部のクリスタル(水晶振動子)底面にシリコンダンパーを入れて計測時のチョッとした振動緩和に成ればと自己満足で仕上げました。。。


2011.02.15 Tue l 電子工作など l コメント (0) トラックバック (0) l top
※記事についての注意とお断り。
対象物は、個人の所有物で紹介しています。 この記事を読んで起きたトラブルや事故など
全ての事柄に保障や責任は負えませんので、同意した上で自己責任と管理でお願いします。



ぼくの記憶では、数年前からネット通販やオークションで販売されていた“Abercrombie & Fitch”通称アバクロに名称からロゴをはじめ、デザインなど“American Eagle Outfitters”(AEO)も取り入れたような雰囲気のブランド? 謎の“American & Fitch”アメリカン&フィッチ… そのよく似た雰囲気からアバクロと間違えて購入した消費者が結構いるそうです。でも、販売している商品説明の注意事項には「こちらの商品はアバクロではございません.」とハッキリ記載されているので偽物(コピー品)を販売している事には成りませんね。パクリ(バッタ物)かも知れませんが・・・ しかし最近はアメリカン&フィッチの見かける種類も数も少なくなりましたね。。。 ネット検索でも“American & Fitch”についての情報も少なくレビューなんて見つけられなかったし・・・。そりゃこんな物にお金を使うのは勿体ないのですが、物欲が刺激して無くなる?前にと自分に言い聞かせ…一着ゲットしちゃいました。。。
AmericanFitch_00a.jpg
購入はヤフーオークションで開始価格2,990円で即決価格9,800円ですが、2,990円以上で買うつもりはないですよ。当然というか他に入札者も居ないので呆気なく落札しちゃいました。。。取引窓口は日本に在るそうですが、発送元は勿論!中国からです。


AmericanFitch_01.jpg
送料全国一律1500円と落札金額を振り込んでから3日で届きました。


恐る恐る?・・・開封してみると・・・
AmericanFitch_02.jpg
綺麗にたたまれてビニール袋に入っていました。 がっ…ビニールからジャケットを出してみると、鼻につくキツイ科学薬品のような臭いがしました。大丈夫かなぁ。。。


それでは“American & Fitch”を視てみましょう。。。
AmericanFitch_03.jpg     AmericanFitch_04.jpg
ジャケット内側のタグ類ですが、パッと見!えっ!?アバクロ…と間違えるくらい、ロゴやタグ類の配置などよく似ていますね。。。これでは、早とちりでアバクロと間違えて買う人がいてもおかしくないですよ。


2011.02.05 Sat l ミリタリー系 ジャケット l コメント (0) トラックバック (0) l top