上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
1940年代~1950年代の間に作られた、アンスコのカラークリッパーという120フィルムを使うカメラです。
ansco_c_c-01.jpg     ansco_c_c-03.jpg
このカラークリッパーのデザインは20世紀を代表するフランス人デザイナー「レイモンド・ローウィ」によるものです。レイモンド・ローウィ?と言われてもピンッ!とこないですが、知名度の高い例として「コカコーラ、ラッキーストライク、シェル、カナダドライ、ナビスコ」など他にも沢山のあらゆるデザインを手がけた偉大な人物です。


レイモンド・ローウィがデザインしたカメラは3種類だそうで、カラークリッパーはその中の一つです。
ansco_c_c-02.jpg
デザイナーが手掛けただけあって、他に類を見ない個性的なデザインと色彩だと思います。とても60年前の物とは思えないですね。。。因みにシャッターはレンズ部分を引き出して赤い部分を押します。外装はオリーブカラーのレザー張りではなく、ザラザラした模様の塗装が施されています。


ansco_c_c-04.jpg
現在、市場に出回っている数も少なく今と成っては意外と珍しいカメラだそうです。私の手に入れた物は、程度としては並らしいですが、カメラの命とも言えるレンズに若干のカビと無数の塵があり、綺麗に掃除したいと思います。僕はカメラに関して素人です。これから行う作業で、この記事を参考に分解や改造等による全ての結果において責任は取れませんので必ず「自己責任」でお願いします。


ansco_c_c-05.jpg
最初にレンズユニットを外すには、裏蓋を開けフィルム室の4ヶ所の+ビスを外します。


スポンサーサイト
2010.06.03 Thu l クラカメ l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。